2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昔のアニメはいいものばっかだね。

 その代表格が、ニニンがシノブ伝とぼのぼのだっていうのが情けない話かもしれないけどねー。某動画で、ニニンがシノブ伝を見て、祐樹さんは大変気に入りました。特に音速丸が。
 あのアニメ、四年ほど前に放送されていたのですが面白い。今やったら確実に反響あるんじゃないかと。

 音速丸=若本規夫 サスケ=関智一 楓=川澄綾子 ミヤビ=くぎゅう(ぉ シノブ=水樹奈々

 なのはの主題歌で有名な水樹さんがこんな所に。でも、一番の見所はやはり音速丸だろうと。あのキャラがいなければ、このアニメは成り立たん。そして、それを支えるのがサスケであり見た目は同じながらも全員声が違うサスケ軍団。個性もあります。
 しかし、あのアニメは酷い。特に音速丸とか、音速丸とか、音速丸とか。

 このアニメ、一度は見ることをお勧めします。関の素の声が聞ける、珍しいアニメですから。若本節も健在であり、関の素の声を引き出している張本人。やはり、若本は素晴らしい。最近はハヤテのナレーションをしている若本さんですが、やはり普通に物語に絡むと色々とぶっ壊してくれますね! テイルズでは、バルバドスとして恐怖を植えつけてくれました。

 で、次にぼのぼの。祐樹さんが子供の頃、一番気に入っていた番組。一番好きなのはシマリス君。ぼのぼのを知っている人なら共感してくれるはず。あ、嫌いなキャラなんていませんよ? で、何よりもあのアニメを代表するものといえばぼのぼのの妄想の中の人物、シマっちゃうおじさんでしょう。
 ことあるごとにぼのぼのが妄想の中でかの人物にしまわれていくさまは、見る人の心を和ませてくれることでしょう。
 でも、あのアニメはただの和みアニメではない。ぼのぼのは天然キャラながら、考えることが哲学的でもあります。それが子供心に何か引っかかっていたから、好きになったのかも。
 でもま、やっぱり好きなのはぼのぼの、シマリス、アライグマの日常なんですが。

 Web拍手レスコーナー。実は一度日記書いてたけど、間違えて全部きえてしまった。あれは非常に凹んだね。またかと。

>ウェイバーの事を知りたいのならWikipediaを見た方が早いですよ。

 ウィキペディアに頼りすぎるのはイクナイ! でも、既にもうそこで見た祐樹さんがここにいる。

>祐一は最高ですね。天然で女誑しのとこが特に・・・

 あまりそうならないように書いているんだけど、落としているから結局かわらんか。以後自重していこう。多分無理だけど。

>祐一が人の好意に敏感だったら…それは祐一の姿をしたアヴェンジャーだ!気を付けろ!

 その選択肢は な か っ た わ 。中々いい想像力ですね。

>祐一の『空虚の魔眼』はギル様のゲートオブバビロンの天敵3号になるのかな?
>因みに1号は士郎の固有結界。2号は第4次聖杯戦争のバーサーカーの特殊スキル『無窮の武練』
>GOBから打ち出された宝具の空間に干渉して、ギルの方向に転移できるのかな?
>まぁ乖離剣の一撃は空間断裂だから、逆に祐一にとって相性最悪のようなきがする。

 一号、二号については同意。でも、祐一の魔眼に関しては違うかな。GOBの射出速度から考えて、祐一が魔眼の能力を使う前に既に串刺しで死んでいるかと祐樹さんは考えます。
 んで、乖離剣。天地を切り開く、という能力を持つアレの前では人間は生き延びられません。例外は士郎。よく生きてたな。

>キャラクターマテリアルでエルメロイⅡ世の姿を確認してみると
>ウェイバーは渋くて格好良くなっていますよ。後、オルトの姿も載っていてオルトに惚れました。

 キャラマテってFate/stay nightのほう? 実は、祐樹さん資料として友人に貸したらなくされちゃったんだよね。

>祐一が人の好意に敏感だったら?の月姫・Fate編を見て思ったのですがイリヤを忘れているのでは?

 あ、そういやそうだ。でもまー、いいじゃないか!(ぁ

>diary見てTRICK AND TRETにある「過ちの対価」読みました。マジで良い作品ですね。

 そっか。勧めた人も浮かばれますね(死んでない

>web拍手のssにて、ジャムに死期がないなら、それはつま
>りジャムは食べられても尚食べた者の体内で生きているの
>ですか? と突っ込んでみる

 こ、こえー……消化されないとか嫌過ぎる。それ、なんてクリーチャー?

>snow nightでレンが登場したのなら一番自由なシオンがメンバーの代表でくるかもしれませんね。
>またそれを除いても根源が関っているから吸血鬼を治す手段を探す理由の元抜け駆けでくるかもしれませんね。

 あー、それいいなー(ぉぃ もしかしたら実装しちゃうかも。でも、確かに根源が関わっている以上、シオンが出っ張ってくる可能性はあるな。

>web拍手で祐一が銃の弾薬補充や武器の調達と言っていたけど祐一は七ツ夜以外の武器を使うのですか?

 ん、設定上は銃とか使います。というか、七ツ夜は固定武器であり祐一は使えるものはなんでも使う人間です。

>TODDC初日に買ったが酷さに愕然、リオン編は本編と余り変わらずリリス編はサブイベント程度の長さ
>有用なバグ削除()
>有用なバグ削除(PSP版Eみたいに残せばいいのに)、リオン編の空気王の空気具合
>買って損した気分というか、イノセンス買えばよかったというか・・・orz

 そうなんだ。でも、祐樹さんイノセンスは食指が動かなかった。TODDCは、リオンの視点でストーリーが出来るというのが祐樹さん的な魅力だったな。リオンの話は、涙なしには語れない。

>なんかネギま!で強さのランク番付やってたね(ネタバレ)。あれ
>でいけば、ここのランサー(オーディン)の強さってどんだけwww
>戦闘機どころか軍艦数隻分って、強ぇすwww

 基本的にマガジンは自分の店で来た時に読んでいるのでネタバレしてもOK。フェイトがイージス艦二隻分か。しかし、なんでイージス艦なのか。しかも相当強いな。
 そうなると、ランサーって……スクナが8000だから、それと同じぐらい?

>祐一の魔眼はどれぐらいの時間まで開放できるのですか?

 基本的に常時開放できますが、その間ずっと魔力を消耗し続けるので魔力が切れるまでと考えてもらえれば。志貴の直死の魔眼は、脳に極端な負担を与えるのと同じで、祐一の魔眼も本来ならば見ることの出来ないモノを見ていることにより、負担がかかります。
 しかし、その差にはかなり違いがあるので精神崩壊といった事態にはなりません。しかし、常時開放しつづけていればいつかは狂うかも。

>祐一の麻帆良散策日記の17話の祐一と刹那の会話の時にレンがいればもっと説得力があると思いました。
>祐一が平行世界に飛ばされた後、その事について凛に対してレン腹癒せに毎日悪夢を見せそうですねww

 凛「うぅ……こ、これ以上胸が小さくなるのは……っ」<魘されている
 レン「……(祐一の恨み」
 凛「なっ……さ、桜の胸がまた……!?」<実の妹の成長振りに愕然
 レン「……」<自分で見せた悪夢でちょっと凹んだらしい

>snow nightも麻帆良散策日記も最高ですね。これからも頑張ってください。

 ありがとうございます。就職活動が激化する中、スルーして頑張らせてもらいます(マテ

 つい先日、祐樹さんの友人が誕生日を迎えました。あ、H氏じゃないですよ? T氏というんですが、H氏と同じく中学時代からの友人です。見た目はイケメンなんですが、いかんせん中身意はただの変態という人物(ぉ
 でも、いい友人です。RO仲間でもありますし。で、そのT氏が誕生日を迎えたということでH氏が何か贈ろうぜという話を持ちかけてきました。

 ま、それもいいなーと思い何にするかを考えてました。しかし、そこはH氏と祐樹さん。普通のものじゃ面白くないなということで、サプライズを兼ね備えたプレゼントを用意。
 買ったものをダンボールにつめて、ゆうパックで配送。ちなみに、差出人は白石みのるにしときました。

 結局、何を送ったのかといいますと……えろ漫画本七冊と、カシミアのティッシュ箱と、リポビタンD(爆

 実に親切でしょう?(笑顔 ナニかがあったときのために、ティッシュ箱つきでしかも栄養ドリンクまで。これにはT氏も大喜びのはず。H氏と一緒に、友人の反応を楽しみにしながら待っていたら。
 その選択肢はなかったわwwwww もう笑いすぎて腹筋ブレイカーwwww というお答えが。実に気に入ってくれたようで、祐樹さん達は大変嬉しかったです。さて、また機会があれば今度はどんな面白サプライズプレゼントを贈ろうか。

本日の教訓。「やっぱりプレゼントはサプライズが大事」

 さて、最後に一言だけいって終わるのがこの日記の習慣です。でも、今回は久しぶりに小ネタを一つ、投下したいかと。ま、面白いかどうかは関係なくふと待ったりしてるときに浮かんだありがちなIFの話です。
 即ち――――祐一と契約したのが、ランサー(オーディン)ではなく、別のサーヴァントだったら? という感じ。ね、ありがちでしょう?



 ケース1 セイバー

 祐一「あんまり変わらないよな?」
 セイバー「そうですね……シロウとは違い、魔力供給はしっかりとなされていますが」
 祐一「でも、士郎ほど料理はうまくないなぁ」
 セイバー「シロウの料理がやはり一番ですね」

 ケース2 ライダー

 祐一「……」<目を覚ます
 ライダー「……」<覆いかぶさっている
 祐一「ナニヲシテイル」
 ライダー「……いえ、何も?」
 祐一「目をそらすな……って、眼帯してるから目は見えんけど」

 ケース3 ランサー(クー・フーリン)

 祐一「おーい、ランサー」
 ランサー「あー?」<夜空を見上げながら
 祐一「酒でも飲むか?」
 ランサー「お、いいねぇ。つまみはあんのか?」<起き上がる
 祐一「無論。月でも見ながらちびちびやろうぜ」
 ランサー「風流だねぇ」

 ケース4 キャスター

 祐一「想像できん」
 キャスター「同感だわ」

 ケース5 バーサーカー

 祐一「ちょ、動くなバーサーカー!」<動くたびに激痛
 バーサーカー「■■■■■ーーーー!!」
 祐一「ぎゃあああああ!!」

 ケース6 アーチャー

 祐一「うーむ……」
 アーチャー「どうした祐一」
 祐一「いや、次はどうやって遠坂をからかおうかと」
 アーチャー「ふむ……生かさず殺さずが理想的だからな」
 祐一「中々、加減が難しいよなぁ」

 従者ともに性格に難あり

 ケース7 アサシン(小次郎)

 小次郎「ふむ……夜桜というのも中々に風流だな」
 祐一「そうだな。昼の桜も綺麗だけど、夜には夜の良さがある」
 小次郎「然り。自然の様々な姿を愛でることが出来れば、花鳥風月の心を極めることになる」
 祐一「詩人だなぁ。でもま、こういうのも良いな」
 小次郎「うむ、生前はそのような暇などなかったからな」
 祐一「なら、今のうちに色々愛でておかないといけないな」
 小次郎「む……はは、そうだな。この身が現世に漂ううちに、花鳥風月を楽しむとしよう」

 ケース8 ギルガメッシュ

 祐一「おーい、ギル。新都まで遊びに行くけど一緒にいくか?」
 ギル「良かろう、我も共に行ってやる」
 祐一「何するかねぇ」
 ギル「遊戯施設でも買い取るか?」
 祐一「もう遊びとかいうレベルじゃないよな、それ……」
 ギル「何を言う。十分、戯れのレベルではないか」
 祐一「この金持ちが!」


 番外 ランサー(???)

 ??「何をしている、祐一?」
 祐一「あ、ランサー」
 ??「あまりその名で呼ばれるのは慣れんなぁ。普通に真名で呼んでくれ」
 祐一「分かったよ、カシウスさん」
 カシウス「やはり、本名の方がいいな。どうにもその名前は違和感が付きまとう」
 祐一「はは……まぁ、カシウスさんは聖杯戦争の正規のサーヴァントじゃないから仕方ないんじゃないかな」
 カシウス「まったく、何で俺がこんな目にあうんだと女神エイドスを恨みかけたものだ」
 祐一「ご愁傷様としか。さて、そろそろ行くか」
 カシウス「そうだな。早く終わらせて戻らんと、また将軍の小言を聞く羽目になりそうだ」


 はい、最後は英雄伝説から『剣聖』こと、最強の親父カシウス・ブライトに登場していただきました。最後は完全に趣味です。では、こんなところでー。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















神薙 祐樹

  • Author:神薙 祐樹
  • 1987年3月11日生まれ。
    うお座のAB型。
    現在は雇われ店長としてブラックな職場で日々働いて時間を失っています。

    RO現在休止中。Mimir鯖所属、主に影葱。ガンダムオンライン、ガンダムジオラマフロントにはまってます。

    SS書く時間がほしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。