2017 / 04
≪ 2017 / 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 / 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


変わらない日々に感じる違和感。

 東北太平洋地震発生から四日です。自分の住んでいる大阪は震源地から遠く、ほとんど被害は皆無といっていいでしょう。だけど、被災地の人達は今も地震・津波などの被害から立ち直っておらず、食料は水などの供給も行き通っているとは言い難いと思います。
 都内でも計画節電による停電で不自由な暮らしを強いられています。そんな中、祐樹さんはなんら変わることのない日々を過ごし、朝目を覚ましバイトへ、帰ってきてPCの前に座ってROをやったり、ネットサーフィンをしたり。

 そんないつもの日々。だけど、夜勤中に疑問を感じました。自分がこうしている間、被災地はどうなっているのか。今は三月、二月よりも遥かに暖かくなったとはいえ、まだ肌寒い日が続いています。暖かい気候になったと思えば、次の日にはいきなり冷え込んだり。
 被災後、三月の半ばですが二月にも負けず劣らずの寒い日が来ます。地震で家を失い、津波で何もかも流されて避難所で生活をしている方達には、辛い日です。何千人、何万人という避難民の人たち全員を賄えるほどの毛布や暖房器具があるとは思えません。いくら他国からの援助があるとはいえ、全てを賄うことは出来ないでしょう。

 夜勤中、働きながらコンビニにやってくるお客さんの相手をしていて、いつも通りマナーの悪い客にうんざりしながらレジを打ったり商品を並べたりしていて、ここはいつもと変わらないんだなとふと思った。
 そして、あぁそうか、テレビで地震だ津波だ原発だと騒がれているけれども、結局それは他人事。対岸の火事を見ているだけなんだろうなと思ってしまったのです。

 そう考えた瞬間、自分も含めた周囲がとんでもなく冷たい人間なのだと思えてしまい、やるせない気持ちになって憂鬱になってしまいました。決して全員がそんな人だとは思ってはいませんが、日々を変わらず生きる若者、年配の方達を見ていてこの人たちは震災をどう思っているのだろうと考えてしまい。
 自分達が今こうして過ごせているのが、とても幸運なことなのだということに気付いているのだろうかと思い。きっとそんなこと、思ってはいないのだろうなと達観したような気持ちになり。

 自分もきっと、そんな人達と微塵も変わらないんだろうなと嫌になり。それがさらに憂鬱にさせる原因になってしまいました。ネガティブな考え方だとは思います。
 でも、少なからず今自分が言ったことに当てはまる人はいるのだと思います。この日記を書いている今、自分は暖かい格好でタイプをしています。それは当たり前のことであり、

 被災地の方にとっては、その当たり前のことが受けられない。自分が本当にひどい人間だと思えてなりません。

 大阪には被害がない、とは言いました。しかし、まったくというわけではありません。今回の震災で、本来ならば納品される予定だった商品の供給が難しくなり、下手をすれば近いうちに少しずつ、商品が消えていくかもしれません。それはパンだったり、弁当だったり、お菓子だったり。多種多彩に渡ります。
 それは大阪だけではなく、全国がそう。決して無関係ではないのです。目に見えない所で、震災の余波は自分達の身に迫っている。

 そんな中でも、自分にできることはなんなのか。自分が出したのは単純ですが、募金。現在、被災地への募金を自分の働いている店では募っています。
 すずめの涙程度ですが、自分の財布から小銭をあるだけ投入しました。生まれた小銭も入れました。

 きっと、この行為は偽善なのだろうと思います。しかし、やらない偽善よりもやる偽善。どこかで聞いた言葉ですが、その通りではないのか。こうして募金したことにより、自分はきっと自己満足を得ただけなのでしょう。だがそれでも、できるのなら募金できるうちは募金していきたいと思う。
 生活があるので、無限にというわけにはいきませんが……。

 ですが今はただ、被災地の一日も早い復興を。そして、原発に関する問題の早期解決を。人が人として生きられる生活を。それを祈るばかりです。
 天災によって失われた人の命は数知れず。だけど、彼らに罪があったわけでもない。ただ日々を平穏に暮らせたらそれで良かった筈です。
 このやり場のない憤り、どうすればいいのか。ふざけるなと、自分達の命はそう簡単に失われてはいいモノではない筈だ。クソッタレ。


 ※Web拍手への返信は次回とさせてもらいます。ご了承下さい。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

偽善や偽悪がそれになる瞬間は切欠を失くした時だと思います。
例え祐樹さんがそれを偽善だと卑下しても、祐樹さんがその時の想いを持ち続ける限り、それは純粋な「気持ち」のままですよ。

これで少しでも心が和らいで頂ければ幸いです。
この記事へコメントする















神薙 祐樹

  • Author:神薙 祐樹
  • 1987年3月11日生まれ。
    うお座のAB型。
    現在は雇われ店長としてブラックな職場で日々働いて時間を失っています。

    RO現在休止中。Mimir鯖所属、主に影葱。ガンダムオンライン、ガンダムジオラマフロントにはまってます。

    SS書く時間がほしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。