2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近思うことPart2

 さて、約一週間と一日振りのブログです。三月のシフトが決まり、ちょいと鬱になりつつもお金入るから文句は言えない祐樹さん。

 ここ最近は祐樹さん疲れが溜まりすぎているのか全然寝付けません。今日など、半分徹夜で過ごし十二時から五時ぐらいまで意識失ってました。いや、何で寝れないのかな。お蔭で暫く鬱です。あー、本当ゆっくり寝たいよ……。

 さて、このブログの題名は最近思うこと。祐樹さんは人間の存在理由と自我、依存……人に関する色々な事を思います。哲学的と思われるかもしれないですけど、これは多分人として生を受けたなら誰もが一度は疑問に思う事だと思います。特に依存……人間は誰かに依存しすぎると、弱くなってしまう。別に依存が悪いというわけではないのですが、過度の依存心は自身を破滅させる事になると祐樹さんは考えています。
 そうは言っても、祐樹さんもまだ成人を迎えていないので、親に依存しながら日々を過ごしています。子供は親に依存しますが、親は依存していないのでしょうか。多分、それはないのでしょう。
 人が依存する対象は、何も同じ人だけではなく、物や考え方、精神、理想、夢……ありとあらゆる物に依存を抱くのだと祐樹さんは結論づけます。しかし、そういった依存心が過度の物になってしまうと依存の域を超え妄信に変わってしまう。だから祐樹さんは余り依存、という言葉に良いイメージを抱けません。自身も何かに依存しながら生きているというのに、酷い矛盾ですね。

 そして、人間として捨て置けないのが自我。自我の芽生えというのは物心ついた時から生まれる。それまでは、自身が何をしているのかという確固とした感覚があらず、ただ漂っているような感覚。自我がなければ、人という種はきっと醜いモノに成り下がってしまう。祐樹さんは別に対人恐怖症とかではないですが、先程に述べた依存と同じように人間自体もそれほど好きにはなれません。自己中心的な考えで人を殺し、自身の勝手な理想を相手に強要する……人としてのほんの側面。
 しかし、最近ではその側面が多く出てきており、ニュースでは子供の殺害など居た堪れない事件が多数報道されています。それを見るたびに、祐樹さんは自分を含めての人間が嫌になってしまう。猫や犬といった動物の方がよほど好意的に写ります。

 ……なんか詰まらない問答ですね。ちょっと最近の鬱憤が溜まっていたのか、吐き出したかっただけなのです。次回からはきっといつもの祐樹さんに戻っていると思うので、今回はご了承下さい。祐樹さんも人の子なので、悩みもし迷いもしますし、SSのスランプに陥り、鬱になることもあります。日々これ、迷いや悩みの日々ですよ。

 連載の方はちとスランプ気味。ちょっとした設定の改変などをし、文章を長くし奥を深く面白くしようとは思いますが、矛盾が生まれてしまう。本来の改訂は矛盾をなくすことでしたが、その辺りは本当勘弁してくださいorz
 頑張って書きますが、三月中はバイトの方が忙しくなりそうなので、それほど時間が取れないコトになりそう。四月になり、大学が始まるとTA(教職員補助アルバイト)もあるので、かなり慌しい一年となりそうです。あー、首が痛い。

本日の教訓。「人間のレゾンデートルとは計り知れない」
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















神薙 祐樹

  • Author:神薙 祐樹
  • 1987年3月11日生まれ。
    うお座のAB型。
    現在は雇われ店長としてブラックな職場で日々働いて時間を失っています。

    RO現在休止中。Mimir鯖所属、主に影葱。ガンダムオンライン、ガンダムジオラマフロントにはまってます。

    SS書く時間がほしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。