2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぶるふぇすちょー楽しかった。(カッキー風に)

 ただいま。

 ぶるふぇす2010スプリングレイド、行ってきたよ。すんごい楽しかった。ああいうイベント、実は初めて参加したのでちょっとドキドキな祐樹さんでした。うん、でも満足行くイベントだったのは言うまでもありません。
 以下、感想ですが一応ネタバレ回避のために反転してあります。別に気にしない人は読んで、ニコ動にアップされるのを待つ、という人は見なくても大丈夫。アップされるのかは分かりませんが、まぁされるでしょう。ぶるらじだし。
 
パーソナリティは杉田智和、今井麻美、近藤佳奈子。ゲストは磯村智美と小山剛志はあらかじめ情報として乗っていたんですが、当日のゲストはなんとカッキーこと柿原徹也と松浦チエ、そして植田佳奈までもきました。予想外のゲストに会場が沸き立ちました。生憎と中村は来ませんでしたけどね。
 ただ、祐樹さんが参加したのが前半だけなので、もしかすると後半に来たのかもしれません。まぁ、可能性は低そうだけど。

 杉田の登場が、いきなり会場を端から端まで駆け抜けるという所業。この行動に皆笑って歓迎。イマジンが小山さんをスルーしようとして、バング殿が叫びと共に降臨。六割ぐらいコスプレっぽい小山バングが出てきました。なんか首にマフラー巻いてたしw そして当然のように下半身のズボンを弄ってました。それを見てカッキーは笑うし、女性陣は突っ込む。あの人、四十歳でもノリが若すぎるw

 イベントは二時間。最初の一時間はぶるらじの公開録音。こっちはまぁ、ニコ動で流れるでしょうから放置プレイ。残り一時間は、コンサートのようなものでした。イマジンライブ、コンドムライブ、そしてバング殿オンステージ。烈風を熱唱する小山さん、喉大丈夫なんだろうかw なんか収録とかの後、のど飴十個ぐらい食べたとか言ってたし。あれ、なんかの舞台の後だったっけ。まぁ、バング殿のターンで会場は熱気に包まれてました。流石バング殿、熱すぎるでござる。

 それが終わった後は、森Pと石渡バッドガイが出てきて新作の情報やら、宣伝やらしていきました。森P、不慣れだろうにすごい頑張ってたのが健気でした。そして石渡バッドガイはどこの不良ロッカーだというお姿。なんなんだ、アンタ。

 まぁ、一番印象に残ったのは小山さんのコンドムをコンドームと言ったり、最後にオ○ニーとか言い出したことだけどな!w はっきり言いすぎだあの人w


 そんなあっという間の二時間でした。長かったようで、すごい短かったです。あ、移動は新幹線で、宿泊は品川です。どうでもいいよね。

 イベント前に、グッズは購入しました。ぶるらじ仕様Tシャツと、ハクメンのTシャツ、そしてノエルINコンドム台詞のマウスパッド。しめて六千円なり。いい買い物だったね。
 え、Tシャツ? 日常生活で着(て)ますけど何か?


 Web拍手レスコーナー。一件ほど長すぎたのでカットさせて頂きました。見づらくなるからね! 別に長くなるのは祐樹さん的にはいいんだけど、見づらいのがダメなのです。


>戒さん
>士郎がパチュリーに逆チョコを渡す。嫉妬マスクをかぶった青色の髪にリボンをつけた少女が図書館に乱入。

 青色の髪にリボンだと、チルノが浮かぶ。しかし、チルノは嫉妬というより構って的な感じがw


>戒さん2
>幼年祐一が咲夜のためにチョコ作りに没頭。真剣な顔でブカブカの執事服のまま、踏み台の上で作る。気づかないフリをしつつもソワソワする咲夜に、ニヤニヤするパチュリーや小悪魔達。

 そして火傷すると慌てて飛び出して治療の名目でくっつくんですね分かります。


>次の幻想入りはレミリャorフラン、大ちゃんorルーミア、あきゅーだな。もしくは永遠亭の残りの三人(因幡、姫、賢人)で

 さて、どうでしょう。今のところあまり考えてないです。


>スペカを考えてみよう、クラナド編
>朋也…虹符「お前にレインボー」
>渚…歌符「だんご大家族」
>ことみ…壊符「ヴァイオリン」
>杏…投擲「正確無比の辞書投げ」
>椋…占符「トランプ占い ―正反対の結果―」、占符「タロット占い ―占い通りの結果―」
>有紀寧…呪符「成功率100%のおまじない」
>へたれ…王者「キング・オブ・ヘタレ」、「それと便座カバー」

 椋のスペカがちょっと怖い気がする。


>親自慢の続き Sヴィヴィオ「咲夜ままには祐一パパがいるんだよ。しかも祐一パパはカッコいいんだから、お料理もできるし私にとても優しいんだから!」 ヴィヴィオ「う、な、なのはママ……」 それを見ていた親たち。祐一「こっちの世界のヴィヴィオはなんで黙ったんだ?」 咲夜「………同情するわ」 なのは「う、うわぁーん!? どうせ最近じゃフェイトちゃんと百合の関係だって疑われる私が悪いんだ!?」 祐一「地雷踏んだか?」 咲夜「踏んだわね。それも思いっきり地雷原を駆け抜けたわ」

 祐一「そこまでか。でも、あれだろ? 周りにいい男がいないのが悪いんじゃないのか?」
 咲夜「まぁ、それはあるかもしれないわ。ちゃんと相手は選ばないとね」


>ぜるGよって平行世界の祐一と会話することに 祐一(咲夜ルート)以降咲祐一「用、俺」祐一(永琳ルート)以降永祐一「おう、俺」咲祐一「どうしたんだ、何か元気ないけど」永祐一「マリッジブルーかな、俺は永琳さんを幸せにできるのだろうかと思うと」咲祐一「また、無理難題な人を選んだな」永祐一「そういえば、お前は誰をえらんだんだ?」咲祐一「うん、咲夜だけど? ちなみに子供もいる」 永祐一「子供か、今永琳さんの中に俺との子どもがいるんだ」
>以降、永祐一の不安を聞いていく人生の先輩である咲祐一、それを見ている恋人たちの反応は祐樹さんに丸投げします。

 咲夜「……同じだからどっちがどっちなのか判断つかないわ」
 永琳「同感」


>ういんぐさん
>天の声「さ~て、来週の祐一君は?」
>V祐一「V祐一だ、なんで俺が、サ○エさんみたいに予告をしなければいけないんだか…
>次回『士郎、祐一と凛の策略により桜に美味しく頂かれる』『祐一mk2ただいま聖杯(と言う名のフェイト)戦争中』『祐一mk3風見幽香に美味しく頂かれる』以上この3つだ……『そこまでよ!』が入る気がするんだが、気のせいか?」

 そこまでよ!


>lさん
>カノン陣のスペカネタに便乗だっ!!
>舞 獣符「見えないまもの」 想符「麦畑」
>美汐 幸符「ものみの妖狐」
>佐祐理 戒符「一弥」 
>あゆ 翼符「てんしのつばさ」 願符「約束の人形」
>香里 現符「言葉通り」 拳符「鉄拳制裁」
>名雪 眠符「けろぴーはここ」
>北川 迷符「へたれの意地」
>こんな感じでどうでしょう~?

 香里が恐ろしいw


>溢れだすカリスマオーラ≒れみりゃ<溢れでる筋肉様のオーラ=真人ですね
>さらにここから<ネコとなるわけですね

 筋肉様だから仕方ない。そして猫は最強。つまり、レミリア<橙だったんだよ!


>渚の「演劇部に入ってくれないんですか?」とフェイトの「祐一は私と部活するのが嫌なの?」という(上目づかい+ウル目+美声)×2のコンボで祐一と朋也はノックアウトされてしまいました

 祐一「嫌とかそういうんじゃなくて、演劇は俺には似合わないというか。フェイトさん、お願いだからそんな目で俺を見ないでくれ!」
 朋也「ま、待て古河。その目はやめてくれ!」


>戒さん
>雪夜設定で、祐一が舞をみんなに紹介したときの様子。
>祐一「10年前に一緒に遊んで、ずっと会えなかった女の子なんだ」
>名雪「7年前までこっちきてたじゃん」
>祐一「あ゛」
>ざく……っ(剣が何かを刺した音)

 タイガー道場出張編。

 タイガ「もはや指導するまでもない! 彼女のことを忘れてのうのうと過ごしてた報いよ! 女の子は魔法と神秘で出来ていて、かつ繊細。忘れるなんてことしたらそりゃ刺されもします。相沢君、反省!」


>途中でパソコンが強制シャットダウンしたのでもう一度はじめから。
>幽々子「妖夢、そっちの準備は出来てる~?」
>妖夢「はい、言われたとおりに船一杯のご飯と付け合わせを用意しました。」<若干疲れ気味で
>セイバー「ご苦労様です、ヨウム。あとはアーチャーですが……その心配は無さそうですね。」<甲板を見ながら
>アーチャー「ククク……入れ食いだ、カツオ27匹目フィィィィィィィッシュ!!」<生き生きとした表情で

 もうアーチャーはアングラーに改名すればいいよ。


>情報屋さん
>ん、ほう、フランか。陛下の写真か?え、違う?なに、祐樹の存在はどのくらいの価値かだと?そうだな、たとえるなら子の世界が巨大な時計だとする。俺やフランはその時計の歯車にしか過ぎない。まあ、中には重大な役割を持った短針だとか秒針だとかはいるがな。まあ、そんな奴は滅多に居ないしな。その歯車にも重要な役割がある奴や、どうでもいいのがある。俺にとっての祐樹の価値は、どうでもいい役割の、取っても小さな歯車の一つだ。まあ、ネタには事欠かないがな。ん、難しくて良くわからない?そうだな、あれだ。プラスチックの容器についてくる輪ゴム。用途として便利だし、遊ぶ要素も事欠かない。ただし、価値はモほぼなし。うん、まさに祐樹を現してるような物体だ。

 じゃあ価値のない祐樹さんのSSは廃棄処分ですねwwww(ぉ


>フラン「ぶ~。祐樹なんて、所詮はペットボトルの蓋にも劣る存在だ!!え?祐一は?ん~、太陽かな~?」

 ペットボトルの蓋って、結構重要だよね。閉めないと倒れたときに困るし。そして祐樹さんは歯車のひとつですよ。


>情報屋さん2
>ここが噂のバーボンハウスか。マスター、何か、面白い話はないか?ん、いや、いい。そこの結婚していて、母親が甘党で困ってそうなのと、動物に変身出来て、女性と堂々と風呂にはいった事がありそうな奴、少し陛下のために面白い情報を提供してもらおうか。なに、君たちに”俺は”迷惑をかねない。ただし、逃げない場合と攻撃してこない場合に限る。してきた場合は、黄泉路から帰ってきてでも報復をしてやる。さあ、話せ。自分たちの事でなくても言い。他の面白そうでからかいがいがある奴だとなおのこといい。さあ、話せ、素直に暴露しちまいな。あ、マスターこの二人に一番良い飲み物を。

 二人「だが断る」


>ういんぐさん
>祐一「レミリアのカリスマはこの後スタッフが残さずに食べました」
>れみりあ「食べれるわけないでしょうが!返せ!私のカリスマ!」

 祐一「返せって言われても。もともと欠けてるものを返せないだろうに」


>朔さん
>小悪魔のスタンドを考えた結果、「こぁーず」なるものを思いついた。集合体型(個々の意志で動く)で5人くらい。「とにかく全力でこぁこぁする程度の能力」を持つ。とりあえずたぎった。
>たぎりすぎて車のハンドル滑って電柱にぶつかりかけた。避けて無事だったけど色んな意味で死ぬかと思った。
>祐樹さんも気をつけてね♪(はぁと)

 免許は持ってるけど、車持ってないから事故のしようが。誰かつくんねーかな、ぶんつくがまがまこぁこぁこぁ、な動画w


本日の教訓。「頭痛い」

 さて、またちょくちょくSSの執筆に戻るか。気分のらないと書けないのがねぇ。後は、皆がネタ振ってくれるのでそっちに時間かかるのも関係なくはないけどw
 
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















神薙 祐樹

  • Author:神薙 祐樹
  • 1987年3月11日生まれ。
    うお座のAB型。
    現在は雇われ店長としてブラックな職場で日々働いて時間を失っています。

    RO現在休止中。Mimir鯖所属、主に影葱。ガンダムオンライン、ガンダムジオラマフロントにはまってます。

    SS書く時間がほしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。