2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ノートパソコン降臨フラグ

 RO用に、ノートPCを頼みました。ドスパラにてRO推奨モデルがあったので、少しカスタマイズして注文。これでさらにガン畜として一歩を進めてしまった祐樹さんです。お金ないのにね……友人と親が返してくれれば問題ないんですが。
 それと、今週から一週間、ROでは経験値1.5倍がやってきます。あぁ、またやらないとなぁ。アサシンとかプリーストとかあげないと。なんだかんだでそんなにやってないですからねぇ、こういうイベント時に。せっかくノートPCを頼んだんですから、こういう時に効率よくあげないと。

 ただ、プリーストは動きが苦手。人への支援とかあんまりやったことないから、難しいんですよね。マウスもちょい動きにくいので。光学式+無線型とはいえ、なんか流れていくので。これも全て祐樹さんの動かし方が下手なのがいかん。練習するしかないんだけどねぇ。


 成人式、相変わらず中身が伴わない阿呆な奴らが暴れたみたいですね。本当に下らない存在としか言いようが無いなぁ……ほんと、滅びればいいのに。皆でわいわいするのはいいが、少なくとも人様の迷惑にならないよう、自分だけに被害が行くところで騒げと。
 あれが大人なのかと考えると、正直身の毛のよだつ思いです。祐樹さんも決して大人とは言いがたいですが、少なくとも良識ある行動を心がけて……ると思う(ぉ しょっちゅう滅びればいいのにとか、屑がとか呟いてるから自信はない。ただ、自分がそう思うのは人様に迷惑をかけてる相手だけなんですがね。そういう輩は本当に滅びればいいと思う。
 そういう奴らは新成人として認められなければいいのに……。まったく、見ていて反吐がでます。


 Web拍手レスコーナー。


>情報屋さん
>か、隠れ家まで破壊されたorz。こうなれば秘蔵のレミリャの恥ずかしい写真を黒い魔王閣下にお渡しせねば。……前回は伝書鳩で失敗したし、さて、次はメールにしてみるか~。な、お前はレミリャ!?あ、タイム。攻撃やめてw。ええい、私が気絶するとそこの壊したらカリスマブレイクされてドリフみたいな事が起きる呪いのかかったPCから陛下に向けて『レミリャ、フランに胸の大きさを越されてへこんでる写真が自動的送信される手はずになっている。
>それでもいいなら攻撃してみろ。……死んでも送信されるからね。ははは、この壊したらカリスマブレイク以下省略PCは壊せるものなら壊してみるのだなww。

 レミリア「……こうなったら、祐一もろとも滅ぼすわ」<目が据わって
 祐一「わぁい、レミリアちゃんの暴走だー!」<脱兎


>朔さん
>よく考えてみたらあの夢が初夢じゃないか(笑)これはヤンデレ街道を突き進めばいいのか!?
>め「私は気を扱う妖怪です、その気になれば狂気すら操れるんですよ。しかし私はあなたの愛を束縛しません。何故だか解りますか?」
>め「それは、貴男がもう私だからですよ。・・・ふふ、未来永劫を共に生きましょう。もう私達は紅美鈴であると同時に神薙祐樹なんですから」

 祐樹「でもそうなるとイチャイチャできないよ」
 美鈴「あ、それもそうですね。じゃあこの案は却下しましょう」
 祐樹「ヤンデレは萌えないからね。美鈴は普段の美鈴が一番だよ!」


>いやあ、夢を見れるのはいいことですよ、よくわからない内容だって楽しいですしねww

 だよね。でもあんまり夢見れないからなー。あれってレム睡眠時に見るもんでしたっけ。


>今年の初夢はなぜかラーメンを食ってた、起きたらそのままカップラーメン食ったよ
>でもなんでラーメンだったんだろ?無意識に食いたくなったのか、こいしのせいなのか?

 こいし「私のせいにしないでよー」


>ksさん
>ゆかりんが路地裏同盟(吸血鬼組)に興味を持って戦いを挑む→さっちんの固有結界で力が消える→祐一に甘える→えーりんがそれを見る→戦いを(ry→祐一に(ry
>そのときの会話抜粋
>紫「面白いわね、あなたたち。それほどまでに早く親の支配から逃れられるなんて。」
>さっちん「えっと、あなた誰ですか?」シオン「さつき、離れて!それは人間じゃありません!」さっちん「ええ!?」
>紫「あら、それだなんてひどいわね。まあいいわ。私は八雲紫。妖怪よ。あなたたちが面白そうだから少し見てみようと思ってね。」
>シオン「その妖怪が何をしに来たのですか?単なる暇つぶしというわけでもないでしょう。」 by ks
>紫「あら、目的なら言ったでしょう?面白そうだから見に来たと。・・・もっとも、力を見るということもあるのだけど。」
>シオン「力?私たち程度の力はあなたから見れば路傍の石にも等しいでしょうに。」
>途中で送れなくなったからここからはダイジェストで。
>自分の能力なら人の体に戻せるという紫。だがそれをしてほしければ力を使って認められろという。そこで戦いに。紫優勢で進むがさっちんの固有結界発動。一転して不利に(シオンは頑張って耐えてます)なんとかさっちん倒して幻想郷へ戻る紫。力が無いと言ってここぞとばかりに祐一に甘える。それを見たえーりんがうらやましいと路地裏同盟に突撃。私の能力があれば(ryまた最初に戻る
>なんか最後の方gdgdになった。小説(と言っていいのか分かりませんが)を書くのがこんなに難しいとは。作家さんの苦労が少しわかった気がする。とりあえず今回はここら辺で失礼します。

 祐一「無限ループって怖くね? というか、シオンとさっちん乙」
 シオン「当て馬ですか、私達は」
 さつき「お腹すいたよぅ」


>莉里とか普通にヒロインでよかったんじゃなかろうか? 要と桃子ルートではどうやって課題をクリアしたかすっごきになるけど

 ヒロインよりもサブヒロインが可愛いのは罪だと思う。いや、ヒロインもいいんだけどね? ぐーさんはすみれ一択でした。


>静穂ルートでの真は結構かっこいいと思うのだが

 真「俺……ゆっきの為なら、なんでも出来る気がするんだ。それこそ、俺の後ろを捧げたっていい」<頬を染めて
 幸村「気持ち悪いからやめてくれ……」
 美奈都「兄貴は本気なのか冗談なのかわかりにくいからねー」
 真「何をぅ? 俺のゆっきへの愛情は本物だ!」
 幸村「ゆっき言うな真。気持ち悪い」


>祐一「ミシャグジ様よー!首をお返しするー!鎮まりたまえー!」

 諏訪子「もののけ姫違うから」


>鏡音レンの暴走wさん
>♪もしかしてこ~れ~が恋ってやつですか?この変態め!!
>いいえそれは恋ではありません――変です――
>それはきっと恋じゃなくて変です
>でも、同じ症状な俺もいる……

 違う人だけど一緒に。恋じゃなかったのか。ところで、オリーシュの女バージョンの連載はまだかな?


>フランちゃんには笑顔が似合うがお嬢様には泣き顔が似合う…問題1この発言の犯人は誰でしょう?A忠誠心が鼻から出るメイド長。Bお嬢様をからかいがいのある玩具と思っている黒執事。C姉と書いて“あ(ほ)ね”と読む妹。D門番の旦那…さて誰でしょう

 A.全員


>魔理沙が、アリスと手を組んで、パチュリーから士郎を借り出すのに成功したようです。(週3日パチェ、2日魔理沙、2日アリス)

 士郎「……俺は図書館の蔵書じゃないんだけど。貸し出し期限も、貸し出し許可も出してない」


>アーチャー「……過去にも未来にも私の周りには大喰らいしかいないのだな……」<背中から哀愁が漂っている
>妖夢「……何があったかは知りませんけど、心中お察しします……」<深い同情の念
>幽々子「ご飯まだ~?」
>アーチャー「……先ほど食べたビーフストロガノフはどこに消えたのだろうか……」<エプロンをつけながら
>妖夢「全くです……」<二人で台所に向かう

 アーチャー「さて、どうしたものか……彼女の食欲と味覚を満たす為に、何が効率的だろう」
 妖夢「量が多く作れるものとか。カレーとか肉じゃがとかどうでしょう」
 アーチャー「ビーフストロガノフも似たようなものだがな。まぁいい、味は落とさず量を多く作るとしよう。妖夢、ついてこれるかね?」
 妖夢「任せてください」
 

>ガラクタさん
>祐樹さんに質問。アルトネリコシリーズはいい加減15禁にした方がいいと思うんだけど(表現的な意味で)そこら辺について祐樹さんはどう思います?あ、やってなかったら無理して答えなくていいので

 アルトネリコは1だけやりました。確かにあれは表現的な意味でR-15指定が一番かもしれん。明らかにそれを意識してやってるだろ、と突っ込みたくなった場面がいくつかありましたし。
 そしてシュレリア様大好きです。


>銀ユリヤさん
>俺の二つ名、月下戯画(モンタージュ)だった。
>それはともかく、たいへんです!!祐一となのはがマジバトルしてます!!
>どうもフェイトのファーストチッスをどちらが奪うかで喧嘩になった様d・・・(画面が桃色に染まったかと思うと、砂嵐に。  この時丁度なのはBADでした

 なのは「フェイトちゃんの初物(キス)は渡さないのぉぉぉぉぉぉぉ!!」
 祐一「フェイトちゃんの初めて(キス)は俺がもらうぅぅぅぅぅぅぅ!!」
 フェイト「誤解を招く言い方はやめてえええええええ!!」


>しっと団刺客A(砲撃好き)さん
>くくく、距離20KMからの砲撃。しかも、散弾。いくら超人黒い魔王とはいえ回避も出来まい。まずは相沢祐一から血祭りに上げて、他の候補どもも同じ目にあわせてやる。やし、時間だ。町ごと焼き払え。撃てwww。

 ランコ「水島くんバリヤー!」<砲撃に向かって投げる
 水島「ぶふぅっ!?」<着弾
 祐一「うわっ、なんぞ!?」
 水島「……い、いきなり何するんだランコ!?」<走って戻ってくる
 ランコ「いやぁ、だってなんか飛んできたし。水島くん、丈夫だから大丈夫でしょー」
 水島「痛みはあるわぁっ! それと人を盾にするな!」


>はい、それは恋です。

 貴方が好きです。結婚してくだしあ><


>シエル先輩とみさき先輩がカレーの大食い勝負をするようです

 みさき「カレーは大好きだよ」
 シエル「なかなかやりますね。同じカレーの使徒として嬉しいですよ、川名さん」

>ういんぐさん
>なのは「幻想卿は同性婚は可能ですか?」祐一「ちなみに嫁が重婚してもOK?」スキマ「……まぁ、そこは当人同士の愛があればOKって事で」

 祐一「よし、移住決定」
 なのは「二人でフェイトちゃんとラブラブ出来るんだね!」
 フェイト「持たない、絶対私の体力(主に胃)が持たないよ……!?」


>ふーっ、なんとか砲撃を防いだぞ。しかし無能警官バリアーと危険に対する保険その3(へたれ)が残数0だ、どうしよう……

 オーフェン「おいおい、無能警官バリアーは回数無限の優れもんだぜ? たとえ気絶してても、前にだしゃ何かしら防いでくれるしな。障害物にするもよし、壁にするもよし、投げて武器にするもよしのこの万能さ。素晴らしい」
 コギー「私にも人権を!」


>レミリア『祐一、私のものになりなさい。えっと、祐樹はお菓子としてなら置いてあげてもいいわよ』

 祐樹「お手軽スナックみたいな扱いに絶望した!」


>ふと日記の拍手レスを見ていて思った。感想が全くない。というわけで感想を。小説面白いです。無理せず頑張ってください。後これは関係ないけど最近人形劇をやり始めて今チャンピオンリーグ前。あややが素早さ高すぎる。Lv46で157wwしかも一回のレベルアップで3か4上がる。ちなみにライバルは魔理沙。
>途中で切れた。ライバルの魔理沙Lv55がLv45の橙(素早さ120)に先手取られて一撃で逝った。なんという幻想郷最速(笑)。後美鈴がひどい。 Lv36で特殊が両方とも20台。そんなに頭が悪いのか中国。2回くらいレベルアップしてようやく1上がるってどういうことよ。

 美鈴はちょっと頭悪いけど、そこが可愛いんだよ流石俺の嫁。昔やってたときは何があろうとも美鈴はパーティからはずしませんでした。
 SSの感想は、まぁ書くほどのものでもないということなのかなと受け止めたり。自己満足で書くものですからねぇ、SSは。


>????????????????????????????????

 日本語でおk


本日の教訓。「このマウスの流れる感じ、なんなの」

 次の日記は一週間後になりそうだなぁ。RO優先になっちゃうだろうしw
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















神薙 祐樹

  • Author:神薙 祐樹
  • 1987年3月11日生まれ。
    うお座のAB型。
    現在は雇われ店長としてブラックな職場で日々働いて時間を失っています。

    RO現在休止中。Mimir鯖所属、主に影葱。ガンダムオンライン、ガンダムジオラマフロントにはまってます。

    SS書く時間がほしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。