2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


寒い。毛布が恋人。

 寒いですねぇ。毛布が暖かすぎて朝、起きるのが非常に辛いです。

 うちの店で劇場版Fateの前売りチケット+グッズの予約が開始されました。なのはもあったけど、一体どうしたんだサークルK。ついにオタク文化と手を結んだのか?
 いいぞもっとやれ。

 最近はゲームと言えばROぐらいしかしてません。それでも、一時間とか二時間程度ですけど。どうにもやる気がおきてこないんですよね。やりこみゲーとかやりたいけど、大体は途中で飽きてしまいますし。スパロボやっぱやりたいです。自分に動画が作れる技術があるのならば、FFTの回復制限プレイとかやってみてもいいかな、とか思うんですがやっぱり出来る気がしない(動画作成とプレイ的な意味で)。基本へたれですからね。
 にしても、ROの件。今年末ということで色々なイベントがやってるんですが、その中で龍神祭というものがありまして。その中で普段は販売されないアイテム(シルエットはどうみてもレモン)がある、とのことなんですがいつ実装されるのかと。どこに売ってないし……来週にはこのイベント終了のお知らせなんですが。
 買いたい、でも買えない……ちくせう。

 うちのサイトに来てる人(つっても少ないだろうけど)で、ROやってる人、やり始めた人ってどれくらいいるのかしら。自分も結構長いとは思うけど、未だに転生キャラは一人なんだよね。
 今現状で転生に一番近いキャラといったら、アサシン77とブラックスミス81な俺。でも、ちょっとずつしかやらないから弱い弱い。装備と金さえあればブーストしまくるんだけどねぇ。とりあえず、ローグでもあげてお金稼ぎ用にしようかね。何気にシーフ系職業が多すぎる俺。男キャラのうち、3キャラはシーフ系だよ!


 Web拍手レスコーナー。


>妖夢が結婚♪士郎と結婚♪(ガントを)撃っても撃ってもまだ撃ちやまず♪一成喜び町駆け回り♪幽々子は炬燵で蜜柑喰う♪

 二人とも苦労人っぽいから相性はいいかもしれんね。あとゆゆ様は料理うまい人が婿に来てくれたから万々歳でしょう。


>士郎「パチュリーの御蔭で飛行魔術と、回避性能が飛躍的にあがった。さらに、貴重な防具や俺用の魔道書まで創ってくれて、うっかりもないなんて…本当にありがとうパチュリー。君に師事して本当に良かった。」
>パチュリー「最後の歯よくわからないけど、師匠として当然のことをしたまでよ。あなたは筋は悪くないし、努力も」
>ミス  パチュリー「最後の歯よくわからないけど、師匠として当然のことをしたまでよ。あなたは筋は悪くないし、目的の為なら努力も惜しまない。ネックだった魔力量の問題もラインと魔道書の力で何とかできたし、私個人としても、固有結界は興味深かったしね。」
>士郎「俺だけがしてもらってばかりで申し訳ないな。パチュリー、もしおれにできる事があったら、遠慮無く言ってくれ。出来る限り精一杯頑張るから。」
>ぱちゅりー「(かー)もし、そう思ってくれてるなら、後、20年くらい修行してみない?私も出来るだけサポートするし、…何なら夜のお世話も…」

 士郎「? 最後の方なんて言った?」
 パチュリー「いえ、何も言ってないわ」
 士郎「そうか? しかし二十年か……長いな」


>①1人の聖女が命を賭して2人の魔王を封印したと後世には伝えられたが実際は……
>②黒い魔王(以下黒)「なのは…俺は思うんだが」白い魔王(以下白)「なにかな祐一さんフェイトちゃんはどっちの嫁戦争をやってもう3日たつけどもう降参かな?」黒「んなわけあるか!いいか良く聞け!こうやって俺達が戦っていくと俺達が勝手に潰れてフェイトは、はやての魔の手に堕ちるんじゃないか?」白「……はっ!」黒「そこで俺達2人は共闘してフェイトに襲い掛かる魔の手からフェイトを守ろうというアイデアが浮かんだんだが…乗るか?」白「乗ります!」黒「よし!フェイトは」黒・白「俺(私)たちの嫁」白「フェイトちゃんの(18禁)や(18禁)や(18禁)な事をしていいのは!」黒白「俺(私) たちだけ!」黒・白以外の人達「(あんた等が既に魔の手です)」

 はやて「いや、なんで私なんよ? いくら私がおっぱい魔人でもそこまで染まっとらんし。ちゃんと男の人が好きやで?」
 フェイト「というかふたりとも本当に自重してよ……」


>輝夜にあったらまず、悪戯してきて祐一が仕返して輝夜が真っ赤になってしまうのを想像した。 
>それから輝夜に祐一御執心フラグが立つ(

 まぁ、どうなるかですねぇ。本編では。


>魔理沙「しくしくしくしく…アリスとパチュリーに汚された」

 そのお二方はベッドの上ですぱすぱしてらっしゃるんですね。


>アカイアクマ「なんで一発も当たらないのよ(少女連射中)」
>金色悪魔「そうですわ、シェロ。(少女掃射中)」
>士郎「この程度の密度なら、俺程度でもグレイズ出来る。師匠(兼恋人)のパチュリーの名に掛けて当たるわけにはいかない」
>クロ桜「うふふ、せんぱーい。パチュリーさんってどこのだれですか?」

 士郎「な、なんかゾクっと来た……早めに逃げた方がいいかな」<逃げ腰


>テーレッテレー:ユウキはレベルアップした。ミレイへの愛が5アップした。体力が15上がった。素早さが40下がった。世間体が10下がった。体重が20kg太った(幸せ太り)。←これがしたかっただけ本当にすみません。

 祐樹さんがこれ以上太ったら三桁突入しますよ? 元々ふくよか(超緩和表現)な体型なので。難しいよね、体重管理って。ストレスたまるから食べたり寝たりで消化してるし。カラオケしてぇ。
あと、ミレイ言うな。美鈴は俺の嫁。


>気持ちのいいけーねって、何が気持ちいいの?おしえて、妹紅。

 妹紅「気前じゃないの?」


>祐一と咲夜さんの結婚式は仲人がパチュリーで日頃のイチャイチャぶりのことを語っていました。ブーケは小悪魔がとったもようです

 小悪魔「こ、これは……私とあの人が結ばれるフラグ!?」
 V祐一「……?」


>茜の案内により蜂蜜練乳ワッフルを食べたリンディさん。同刻、甘味禁止令を出したクロノはというと……

 クロノ「エイミィっ、艦長は!?」
 エイミィ「艦内にはいないみたい。海鳴のなのはちゃん達にも連絡したけど、来てないって」
 クロノ「くそっ、一体どこに……! 早く探し出すんだ、じゃないとまた母さんが甘いものを食べる!」
 エイミィ(だから逃げたんじゃないのかなぁ。でも、クロノ君の心配も尤もなんだよねぇ)


>祐一は『エリクサー』を飲んだ!
>祐一「ぐっ、がぁっ!」
>HP、MPに9999のダメージ!祐一は死んでしまった!

 きっとシャマルか永琳のどちらかの製作だったんでしょう。


>よさ気な雰囲気で、部屋に入る咲夜と祐一。
>「えぇと。あの、や、優しくしてね?」
>「さぁ? 咲夜が可愛すぎて歯止めが利かなくなるかもな」
>なんて、会話をして事を始めようとした瞬間
>ドアが勢いよく開けられ、そこに居たのは東風谷の早苗さん。
>「常識にとらわれてはいけないのです。と、言うわけで祐一君、私もご一緒させてもらいますよ」
>さて、2人の反応は如何に?

 咲夜「ちょ、ちょっと何をっ!?」
 祐一「むぅ……俺としては大歓迎だぜ。皆まとめて相手してやんよ!」

 そして皆でスマブラ(ぉ


>この間近くの店に行ったら新商品でレトルトのマーボーカレーを売っていた。ついに商品化したか

 うちの店でも昔あったな、マーボーカレー。何度か買って食べたよ。味は普通だった。定番にするには難しい商品だっただろうから、消えたのは当然。つか、合作商品だったみたいだし。
 んで、先日店の商品見てたらあったよマーボーカレーw


>魔理沙は大変なものを盗んでいきました…秋子さんのジャムです

 秋子「あら、ジャムが……?」
 祐一(誰だから知らないが、ありがとう……!)


>冬なのに雪が降らないので冬の妖怪大困り

 レティ「これも温暖化が原因なのかしら……」


>秋葉「誰がナイチチ鬼妹ですって…?」

 ネコアルク「YOU以外にいないぜガール」
 秋葉「殺します」
 ネコアルク「ハッハァッ、捕まえられるものなら捕まえてごらんなさぁ~い」


>コタツにみかんでバカップルぶりを繰り広げる祐樹さんと美鈴。悲劇は突然訪れた!足を絡ませふざけるスケベ祐樹さんに美鈴の蹴りが股間に炸裂!…二桁を超えるころには祐樹さんの男性自身は酷いことに…

 祐樹「う、うぐぅ……っ」
 美鈴「もうっ、いきなり変なことするからですよ」
 祐樹「美鈴可愛すぎるからいけないんだよ!」


>頑張って書いたのに、全カットされた夢を見た……BY,ヤンデレ

 rkさんかな、これ。もうあの人=ヤンデレみたいな公式が自分の頭に出来てるので、違ったらめんご☆ ヤンデレに洗脳されそうになったけど俺はヤンデレは好きじゃないです、そして美鈴は俺の嫁です。


>祐一「大ちゃんを食べたい」
>さるの「何を口走っとるかぁぁあああ!?」

 祐一「どうしたさるの」
 チルノ「さるのじゃない!」
 大妖精「え、でも、そんな……っ」


>映姫さんが祐一の罪を調べた結果…映姫さんの恋人になるという罰が下りました…以下1(映姫)対多数の弾幕ごっこが開催

 そしてそれをごろ寝しながら観戦する祐一。

 祐一「あー、ポテチなかったかな……」


>あれ?送ったはずの士郎×パチェのネタコメがない。何がいけなかったんだろうか?

 ただ単に長くなりすぎるのが困るので、色々分割してるだけなんだぜ!


>れみりゃ「毎日高級料理ばっかだと、たまにチープな味が恋しくならない?ねぇユーキ(流し目)」

 祐樹「僕の血は大量生産されてるお菓子と同じ!? ちょっと、それはひどい言い草だと思うんだけどうー☆ せめてじゃがりこぐらいは保障希望!」


>ねぇ、答えを聴かせてよ。彼方が出した、彼方だけの、彼方の為の美玲を愛する言葉を…

 むやみに飾る言葉なんていらないです。ただ美鈴が好きだ、その一言だけ伝えたい。


>Sヴィヴィオ日記なら別に構いませんよ。そしてその二は咲夜さんが出産なのですが名前はどうすればいいのだろう?

 考えにくいのなら、ある程度言葉を濁す表現などで表記するとか。それはそれで難しいでしょうけどw ヴィヴィオ日記、色々と読みやすいように分割して時間が空いた時にうpさせていただきまする。


>Sヴィヴィオの持つロケットの中身を偶然覗いてしまうなのはとフェイト・・・・・・そこに写っているのは彼女たちの初恋の人であるV祐一だった。

 なのは「あ、あれ? あの時の吸血鬼さん?」
 フェイト「ほ、本当だ」
 Sヴィヴィオ「え? 二人とも、お兄ちゃんのこと知ってるの?」
 二人「お兄ちゃん……?!」


>寺子屋の生徒「なんだあれ?」「なんか浮いてるー」
>「「……一応俺は分かるので説明するとしよう。目の前に漂っているのはアスペルギルス・オリゼーと言って主にコウジカビと呼ばれるものだ。その呼び名の通り酒や味噌、醤油等に使われる麹を作るのに必要な菌で、我々の日常生活の中でも特に役に立っている菌である。何で見えるのかは、知らん。」
>A.オリゼー「かもすぞー」
>「……本当になぜ見えるのか教えてくださいよ、慧音先生。」<以上、寺子屋より。

 慧音「い、いや、私にもわからん。普通なら細菌が目に見えるはずないんだが……疲れてるんだろうか」


本日の教訓。「年始カウントダウン近し」

 毛布とイチャイチャしてたい。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















神薙 祐樹

  • Author:神薙 祐樹
  • 1987年3月11日生まれ。
    うお座のAB型。
    現在は雇われ店長としてブラックな職場で日々働いて時間を失っています。

    RO現在休止中。Mimir鯖所属、主に影葱。ガンダムオンライン、ガンダムジオラマフロントにはまってます。

    SS書く時間がほしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。