2017 / 08
≪ 2017 / 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 / 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


民主党圧勝すぎる

 Gジェネと非想天則やりまくってるせいで執筆なんて投げ捨てるものとかしている祐樹さんが通りますよごめんなさい(土下座
 ああいうやりこみゲーってやり始めるととまらないよね。FFTなんかがいい例だよ。ただ、あれはネット対戦できる相手がいればさらにやり込めるけど。近くにいないのが残念すぎる。
 非想天則は美鈴メイン、というか美鈴しか使ってない。カードは全部集めましたよ。四枚ずつではないけれども。
 火力がちょっと心もとないから、制御棒しこむか迷ってます。ただ、攻撃力あがるのはいいけど防御力さがるから諸刃すぎる。動き自体は早いから相性が悪い相手じゃなければいい感じなんだけど。
 交流会では咲夜さんとかチルノとかゆかりんとかにぼこぼこでしたが。

 SS、最初に言ったとおり無双乱舞放置プレイ。書く気力がわいてくればいいんだが……ただ、日記に載せてる分はちょくちょく書いてます。掲載順は多分、騒乱伝→雪花縁って感じ。雪夜? なにそれおいしいの?
 Web拍手もそろそろ変えないとなぁ。もらったネタをさっそく考慮しつつ書いてみるんだぜ。

 あ、あとプラグイン導入の実験でテンプレート変えてみました。文字が見づらくなってるように感じるけど、もし前のほうがいいというのなら戻します。もしくは、プラグインに対応してるもう少し見やすい奴を探してきます。


 Web拍手レスコーナー。


>あっ、マジで手に入れたの抱き枕。……あー、なんかいろいろとゴメン。ちょっとした冗談だったんだよ(汗 俺の一言で祐樹さんが親にそんな目で見られて…… by、rk

 あれrkさんだったのか。まぁ、別に気にしてないしまだ使ってないよ。それと、うちのバイト先のマネージャーは似たようなコンセプトのシーツを使って親から冷たい目で見られてたらしいけどね。
 でも諦めが混じってたとか。つか、祐樹さんはニートだから親からそういう目で見られるも何もry


>通学路通ってたらさー、こんなん見つけたんだよねー↓
>ミマ スポーツ
>その隣に
>美容室 スパーク
>師弟何やってんの

 魅魔「幽霊も働かないとねぇ」
 魔理沙「どんな髪でもマスタースパークで焼き払うぜ」
 

>pixivでのタグ検索『相沢祐一』のヒット数が少なすぎる件について

 まぁ、ふるい作品だからねぇ。仕方ない。


>祐一「恭介……理樹は俺が幸せにするからな」←めっちゃいい笑顔で乙女な理樹を抱き締めながら

 恭介「ま、待てっ。理樹引き返せ!」
 理樹「というか助けて恭介! 僕はそんなつもりないんだよ!」


>祐一「バーカ。俺は一生、神には祈らねェ」
守矢一家の反応

 神奈子「その神様を前に良く言えたもんだねぇ」
 諏訪子「でも、何で?」
 早苗「そんな事言われると、ちょっと悲しいよ」
 祐一「神頼み、っていうのがあんまり好きになれないんだよ。確かに、あの時は奇跡を願ったけど……な。俺は自分自身の手でどうにかするのがしょうにあってるんだよ」


>サラバー蛙よー、凍らーすバカはー
>マルキュウー、妖精、ちーるーのー
>湖のほとり、蛙凍らす、いたずら妖精、⑨チルノー
>おてんーば妖精、ちいちゃーいゆうなー
>ばかにーするーなー、まとめーてアイシクルフォール(Easy×7)
>みーこに、白黒、メイドにスイーツ、みんなー敵ーじゃない、あたーいちいきょうチールーノー
>以上、⑨妖精チルノでした。    痛いぃー石を投げないデー

 意外とごろがあってる件。これは頑張れば歌えるレベルw


>シンジ「アッキアッキにしてやんよー、さーりげない、のろけーからでも…」
>アキ「シンジさん、恥ずかしいです。(真っ赤)」

 シンジ「おいカナミ、おきろ」
 カナミ「……あれ、お兄ちゃん。アキちゃんとくんずほぐれつしてたんじゃないの?」
 シンジ「朝っぱらから飛ばしてますね」


>紅魔館を乗っ取り、カリスマブレイクをしながらレミリアを追い出した祐一。ルビーの力を借りて、キャッスルドランならぬ、キャッスルルビー城へとマ改造、もしくはファイナルフォームライドした紅魔館。果たして、レミリアはマ改造された紅魔館を取り戻すことはできるのだろうか?

 風雲紅魔城的な。隠しボスが祐一で、ノーマルボスがルビーだな。果たしてレミリアはEXをクリアすることができるのでしょうか。


>PS2は残すべし。3で作動しない奴があるから。現に、PS1の一部のが、PS2では出来なった実話があるから

 そーなのかー。とりあえずPS3はうっぱらったので、新型買うぜ。ガンダム戦記も買う予定だから買うやつはネット対戦とかできたらいいね!


>琥珀「う~ん、何処なんでしょうか、此処は? まあ、良いです!! 折角ですし、この世界を(私にとって)面白く変えてしまいましょう!!」<メカ翡翠の大軍を引き連れている
>ホウキ少女マジカルアンバー軍、幻想郷に襲来。一体誰が迎え撃つのか?

 立ち上がるのは河童の少女と見た。にっとりにっとり。


>ジージェネの我が主力はエクシアリペア(え?
>ENと攻撃力のみを2:8の割合で強化させてったら戦艦を一撃で倒せる強さに

 祐樹さんは基本、バランスになっちゃうんですよね。でも、何故リペア……トランザムあるエクシアの方がいいような。
 ちなみに自分の主力は、Hiνとサザビー、ダブルオーライザー、ガンダムDXとかです。他にも、Wゼロとか、Sフリーダムとかね。ダブルオーライザーはチートすぎて笑えた。サイズでかい奴はマスターじゃないと使えないよねほんと。


>コミケ終わりましたね。冬コミは行く予定ですか?

 無論、行きます。と、言いたいところだけど正直なところお金が用意できるかで変わってくる。一応、ほぼ行くつもりではいますけどね。
 あと、その時はもしかするとサークル入場になる、やも。受かっていればですが。


>コミケが終わった後、行きたかったサークルが残ってることに気づいた……

 そんなのいつものこと。祐樹さんだってこーぽさんところいきたかった。全部回りきるのって難しいですからね。


>コミケから帰ってきた祐一。戦利品を読んでしまった紅魔館の反応は

 祐一「うむ、グッドエロス」
 パチュリー「……何読んでるの?」<おいてある本を無造作に
 祐一「あ」
 レミリア「な、何これ。服の乱れた女の絵ばっか……」
 咲夜「何読んでるのよ貴方……っ」
 フラン「ねぇ美鈴、これなに?」
 美鈴「い、妹様にはまだ早いですって」
 パチュリー「む、むきゅぅ」<ふらつく
 小悪魔「こういうのに興味があるのは仕方ないですよねぇ、男の人ですし」<生暖かい目


>夏休みの宿題何もやってねーーーーーーーーーーーーーーーー

 配られたその日にほとんど終わらせるのが一番理想的。あとであとでにするとまったくやらないからww


>メルブラAAを買ったのですが、オシリスの砂が倒せません。助けて祐樹さん(涙

 祐樹さんはスランプというラスボスが倒せません。助けて。


>祐一は逃げ出した。しかし、回り込まれてしまった。祐一は逃げられない。

 祐一「大魔王からは逃げられないのか……!」
 なのは「誰が大魔王なのかなっ?」


><背中に隙が!   馬鹿め、それは余裕というもんだ。

 そして傲慢へと繋がるわけですね。


>TENKO「あたたたたたたたた、あたぁ、このくらいで許されると思ったら大間違いd・・・痛いから、とっても痛いから、それ。」

 衣玖「総領娘様、お仕置きだというのに何を口答えを」<羽衣で包み込んで締め付け中
 天子「いや、痛いからっ。かなり痛いからねそれ!?」
 衣玖「痛くしているのだから当然です。しかし、なんでしょう……こうしていると、背筋がゾクゾクしてきます」
 祐一「うむ、見事なSだ」


>シンジ「アキ、愛してるよ。」

 カナミ「とか、お兄ちゃんに言われたらどうする?」
 アキ「どうもしねーよ」


>祐一と衣玖と天子の三人はいいトリオになれると思う
>祐一が無論ボケ、衣玖が空気を読んでボケツッコミ両刃、ほんで天子はツッコミ(ツンデレ)

 天子「なんで私がこの二人の突っ込み役をしなきゃいけないのよ」
 祐一「そんな事言って、本当は嬉しいくせにこのツンデレ娘め」<にやにやと
 天子「誰が!?」
 衣玖「総領娘様も、もう少し素直になられたらよろしいのに。突っ込み役と認めてしまえば後は楽しくなるだけですよ?」
 天子「私は本当に嫌なんだってば!」


>1、2、3、ぶるああああああああああ!!!!

 一瞬、祐樹さんの知人を思い浮かべました。いや、よくメッセでもぶるぁぶるぁ言ってましたんで。


>非想天則。白レンが美鈴の夢に皆を巻き込んじまったー!!

 祐一「……何故、ナマズ」
 美鈴「姿はナマズでもあれは恐ろしい太歳星君です! 倒さなければ幻想郷が危険なのよ!」
 咲夜「とりあえず、さっさとこの子の目を覚まして戻らないとね。でも、まずはこのナマズを料理しましょうか」


>橙にお燐・レン×2・ピロシキ、ついでにネコアルク。その他諸々の猫キャラよ
>ここの月村家の猫の力を見てどう思う? Marshi Blue Universe

 橙「ね、猫……?」
 お燐「猫というより、なんか極道の人が猫の気ぐるみかぶってるようにしか見えないねー」
 レン「……」<ぷるぷる
 白レン「明らかに猫じゃないわよ。猫が竜に敵うはずないでしょうに」
 ぴろ「にゃー?」<言葉が通じてない
 ネコアルク「すばらしい。でも、グレートキャッツビレッジにきゃつらのようなむさ苦しい猫達はいらんにゃ。打ち首獄門に処するにゃ」


本日の教訓。「さてGジェネ……あれ、俺いつの間に十勇士陰謀編いれてた?」

 宝くじあたらねーかなー(ぉ
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















神薙 祐樹

  • Author:神薙 祐樹
  • 1987年3月11日生まれ。
    うお座のAB型。
    現在は雇われ店長としてブラックな職場で日々働いて時間を失っています。

    RO現在休止中。Mimir鯖所属、主に影葱。ガンダムオンライン、ガンダムジオラマフロントにはまってます。

    SS書く時間がほしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。