2017 / 08
≪ 2017 / 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 / 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スパロボKやってますよ。

 もう更新が途絶えてるのはどう考えてもスパロボKプレイしてるからです、本当にありがとうございます。スパロボZ発売したときもこんな調子だったよね。
 プレイしてみた感想はスパロボWと同じで、音楽の質が高くてよく動く。あと、演出は明らかにDSの方がレベル高いよなぁ。家庭用機でもこれぐらいの奴出せるようになれば、もうそこがピークなのかもしれない。
 クリアまでまだ先ですが、楽しんでやってます。バンプレはこの次にOG3を出すべきだと思うんだが、スパロボユーザーの人はどう思う?


 それとこの度、祐樹さんは学校を卒業することになりました。特になんの単位も落とすことなく、成績も割りと良い結果で終わったのではないでしょうか。成績評価のほとんどが優だったのは驚きだぜ。

 ただ、これから先は祐樹さんはただのにーt、もといフリーター生活へ突入という人生真っ暗闇の目前ぐらいに。どうなるかは分かりませんが、更新が不意に途絶えるということは恐らくないです。今まで通り、適度に更新してると思います。
 ただ、不意に一ヶ月ぐらい止まったらそれはもうオワタと思ってもらって結構かとwww んなことにならんよう頑張りますよ。


 執筆状況はいわずもがな。スパロボKやってるから一向に進んでない\(^o^)/ こういう時、体が二つあったり分割思考あったらいいなって思うよね。


 Web拍手レスコーナー。もはやレスコーナー、というよりリクエスト板な気がするけどな!


>祐一にツンデレメイドができました。アリサ・シャナ・三千院ナギ・逢坂大河・ルイズ・ネーナ-トリニティ・片桐優姫で日替わりです

 とりあえず全部くぎゅうなのは予想できる。知らないキャラが半分ぐらいいるけどw


>一日ずれたけど。
>茶々丸「……」←祐一からのホワイトデイのお返しを嬉しそうに眺める
>エヴァ「むっ…」
>茶々丸「…マスター?」←エヴァにゃんの視線に気付く

 エヴァ「な、なんだ茶々丸」
 茶々丸「いえ、何か見られているような気がしたのですが」
 エヴァ「気のせいだろ。私は坊やの特訓をやってくる、お前も後でこい」
 茶々丸「はい」
 エヴァ「……坊やには悪いが、少し八つ当たりさせてもらうか」

 返信は一日どころじゃない罠。


>攻撃/攻撃/攻撃/の猪突猛進のメンバー。意外といけますよ(笑)

 大火力で一気に片付けるのも一つの手。ただ、一旦崩れると終わりなんですよねアレ。


>ツンデレ、クーデレ、ヤンデレ……この他にありました?

 ツンギレ、ヤンギレ、ツンツン、デレデレなどあるのではなかろうか。


>浩平「不可能を可能にする男、それが折原浩」留美「なら空を飛びなさい!」<投げる
>なのは「そしてバインド×5!」<そして上空1000mの世界へ
>なのは・留美『ブラスタァァァァァスリィィィィィ!!』<カートリッジロード×6

 浩平「見てるか七瀬、俺は今空を飛んでいるぞ! ふはははは、やはり折原浩平には不可能などないのだ!」
 留美「今からさらに空のお星様にしてあげるわ!」
 なのは「ちょっとだけ可哀想だけど、お仕置きだよ」
 浩平「だが断る」<空中で芋虫のように動いて逃げる
 留美「気持ち悪い動きすんな!」


>メダロット2のボスはチートだ(苦笑) 普通にやったら勝てない!!

 祐樹さんは反射で全部片付けました。JGJさんとも話してたけど、メダロットの中で最強の行動は反射。異論は認めない。でも、最近動画を見てて思ったけど射撃トラップが有効なんだから、メダルがそこそこ成長してるトラップ型メダロットいれとけば、かなり削れるんじゃない?
 メダフォース制御すればなおさら。後は、防御メダロットをいれとけば自爆。


>浩平「ランサーのサーヴァント…まさかお前がマスターだったとはな祐一」
>祐一「ということはお前もか浩平…」
>浩平「ああ、俺は最強のサーヴァントを得た。いけ、バーサーカー留美!!漢乙の力を見せ付けろ!!」

 留美「誰がバーサーカーだ!」
 浩平「ちにゃっ!?」
 祐一「……あってると思うがなぁ」


>思い切って、ゴスロリを纏って祐一の家に逝ってみたなのは。そこで見たものは、……メイド服を着て身のまわりの御世話をする親友とベルカの騎士達の姿だった。

 なのは「ふぇ、フェイトちゃん?」
 フェイト「なのはも参戦……しかもゴスロリ……?」
 シグナム「しかし、負けるわけにはいかん」
 ヴィータ「ベルカの騎士に負けはねぇ」
 シャマル「ご主人様は渡しません」
 ザフィーラ「俺がいる意味はあるのか?」<執事服
 祐一「主に俺の精神の安定を維持する為に」<真剣


>祐一、聞きたいんだが地下王国って琥珀さんが建設したんだよな?……………そんなお金は何処に?…はっ、こないだのオークションの翡翠や秋葉さんたちの下着写真の出展者ってまさか?!!!!?

 琥珀「秋葉様のならともかく、翡翠ちゃんのそんな写真なんて誰に見せませんっ! というか、そんな写真撮ってる人がいたんですか。ちょっと探し出してお仕置きしないといけませんねぇ」
 秋葉「それよりも先に琥珀の言い分に関してお仕置きしないとね」
 琥珀「や、やだなぁ冗談じゃないですかー。秋葉様も大事ですよ?」
 秋葉「ふふ、ゆっくりお話しましょう、琥珀?」


>紅一点って、……寧ろ、その座を狙ってかなりの戦闘がありそうな……。

 皆が想像するのはそこに納まる為に骨肉の争いを繰り広げる咲夜と早苗さんの戦いなんでしょうね。


>最近もふられて無い椛。みょんをもふってる祐一を発見。とりあえず、祐一の背中に飛びつく事に…。

 椛「べ、別に構ってほしくて抱きついたわけじゃないですからね!?」<抱きつきながら
 祐一「ツンデレか」
 妖夢「それよりもいい加減に離してください!」


>AUO無駄だよ、おいらにゃあんたが妻を娶るまで死ねない呪いがかかってる。……ま、マーボーはかんb……

 ギル「そんなもの、我とてごめん被る。雑種、我の代わりに言峰の劇物を処分する役目を与えよう。光栄に思うがいい」


>鈴「いい加減起きろボケー!」<蹴る
>名雪「痛いおー」真人「まだ寝てるぜ…」鈴「起きろー」<蹴る
>名雪「砂糖より甘いおー」<避ける
>理樹「避けた!?」名雪「セイントに同じ攻撃は効かないおー」

 恭介「セイントセイヤかよ」
 名雪「ゴールドだおー」
 理樹「わかんないよ!」


>あんどりゅうさん復活してたんですね。知りませんでした。ところで祐樹さん、騒乱伝で結局飯食って無いのでは……ま、面白いからいっかw

 あんどりゅうさん、生きてたみたいで安心です。騒乱伝は大丈夫、次の話でちゃんと御飯食べられるから。


>女性陣「……」<琥珀の協力により盗聴中
>祐一「なあ、誰が(ザザー)だ?」 士郎「ああ、(ザザザー)俺は(ザー)が好きなんだ。」 志貴「そうなのか。俺は(ザザー)が好きだな。」 祐一「俺はやっぱり(ザザザー)が好きだけどな。」
>琥珀「う~ん、どうも調子が悪いですね~。あれ、皆さん?」<気が付くと周りに誰も居ない
>(実際の会話) 祐一「なあ、誰がこのお茶淹れたんだ?」 士郎「ああ、それは俺が淹れたハーブティーだ。俺はハーブティーはミントティーが好きなんだ。」 志貴「そうなのか。俺はハーブティーならタイムティーが好きだな。」 祐一「俺はやっぱりハーブティーよりも緑茶が好きだけどな。」

 二人「確かに」
 祐一「緑茶を飲んでる時が、一番落ち着く」


>以前、早苗さんが祐一の同級生だとkanonかFateの制服を着ているのかと書いたものですが、まさかこんなことになるとはいいぞもっともっと新しい早苗さんを!? ふと思ったんだけど、kanonの学校って確かブルマだったよね? 体育の授業で男子を見学している(祐一を見つめている早苗さんを幻視した)

 なんという振り。しかし、そうそう描いてくれる人はいないと思うよ! 


>成長したフラン………、きっとスタイルは良くなるんじゃないのかな? でもやはり純粋なフランが
スタイルが良くなった体のことも意識せず祐一に抱きつくわけですね。 祐一のケダモノ

 祐一「誰がケダモノか」
 フラン「ねー、早く遊ぼうよ」
 祐一「その前にフランは離れてくれ。微妙に困る」


>にとりのせいでレイジングハートがスクラップになっていたよね、代用品は、はいこれ<カレイドルビー

 バッカヤロウ、そんなものなのはさんに渡したらミッドチルダ終了のおしらry


>やはり、早苗さんは祐君と祐一のことを呼ぶべきだと思う。

 しかしそれだと、脳内大妖精と被る罠。


>言峰「ふむ、マーボーを食わないとそこまで言うのなら令呪を使用して毎朝食べさしてもいいんだぞ。もちろんランサーも一緒だが?」ギル「貴様!戦争を始める前に仲間を戦闘不能に追い込むとは何事だ!」ラ「(アレ?こいつ(ギル)と全然関係ないのに、いつのまにか俺までマーボーを食べる事が決定してる)」

 ランサー「って、なんで俺まで食うことになってんだ。俺はごめんだぜ、どっかで食ってくる」
 ギル「おい待てランサー、行くのなら我も連れてゆけ。言峰の麻婆など食べられたものではない」
 ランサー「あー……別にいいぜ?」
 ギル「というわけだ言峰、我らの分の麻婆も食べてよいぞ」
 言峰「ふむ……ならばもらうとしよう。食を疎かにはできん」


>あまり関係ないけどmugenにバルバトス風小町っているよね

 あれはなんで小町にしたんでしょうね。関連性がまったく見当たらんw


>今だにギルに会わない代りに咲夜さんや魔理砂・紫様に良く会うのは運が良いんでしょうね♪(これも愛ゆえかw

 とか言ってるとギルに貫かれますよ。


>有彦「ったく、あいつ連絡事項がある日に限って休みやがって。……相変わらずでかい家だな。さてとインターホンは確か(トスッ)あ?<その場に倒れる
>琥珀「あはー、永琳さん、被検体確保しました!!彼なら身に染み付いたギャグキャラ補正で何度でも生き返るはずです!!」<自信たっぷりに
>永琳「了解。さて、どの薬から試そうかしら?」<永琳&琥珀作の新薬数十種類を見定めて

 志貴「や、やめてくれ二人とも! いくら有彦と言えどもそこまで不条理な行いには耐え切れない!」
 琥珀「えー」
 永琳「大丈夫よ。きっと
 志貴「ダメだから!」
 有彦(あれ、なんか俺ピンチ?)


>久しぶりに月姫をプレイ…琥珀さんは今も向日葵畑にいるんだ!遠野邸の割烹着の悪魔はきっとヤンデレあややみたいな何かのバグに違いない!!

 琥珀「あはー、現実は受け入れないといけませんよー? 私は私ですし」


>なのはsts最終戦に祐一の頼みで幻想郷から援軍が来たようです。
>メンバー・スカーレット姉妹・咲夜さん・早苗さん(これ以上祐樹さんが駄目だししそうなんでまた今度w

 レミリア「まったく、情けないわね」
 フラン「なんか面白そうだね、早く遊びたいなっ」
 咲夜「本当なら関係ないのだけれど、お嬢様が行く以上私もね」
 早苗「風祝の力、お見せします!」

 スカリエッティ陣営やばいだろ。フランドールがいる時点でw


>雷画「うるせぇぞ大河!」イリヤ「タイガうるさい」セイバー「近所迷惑ですよ」士郎「藤ねぇ騒ぎすぎ」凛「静かにしてください」桜「全くです」藤ねぇ「これが騒がずにいられますか!!」<祐一、フェイトの結婚報告はがき(写真付)を見せる
>全員『…………は?』<目を擦るも結果は変わらず

 雷画「はっはっは! こりゃいいや、中々のべっぴんさんを嫁にもらってるじゃねぇか!」<大笑い
 士郎「いや、そうだけどっ。け、結婚って」
 セイバー「暫く見ない間に伴侶を見つけたのですか」
 凛「相沢君、これももしかして私達をからかう為に送ってきたんじゃ」
 桜「い、いくら祐一先輩でもそれは……」
 イリヤ「ユウイチは私のなのー!」


>早苗さんの祐一に対する呼びかけは 子供時代が祐ちゃん 成長すると祐くん 結婚して祐一さんまたはあなた になりそう

 子供時代

 早苗「祐ちゃん、祐ちゃん!」
 祐一「何、早苗?」
 早苗「かなこ様とすわこ様に髪飾りもらったの!」
 祐一「へー、良かったな」
 早苗「うん!」

 成長後

 早苗「祐くん、神奈子様が呼んでたよ」
 祐一「分かった、行ってくる」
 早苗「いってらっしゃい」

 結婚後

 早苗「あ、あなた……」<真っ赤に
 祐一「恥ずかしがるんなら今まで通りでいいだろ……」


>なのはさん祐一からプレゼントです。(指輪

 なのは「……えっと、これはどういう意味でなのかな」<頬を紅くして


>もう恋愛でカノンヒロインは適わないですね♪w(東方・なのは・月姫。

 何を言うか、佐祐理さんはある意味最強のヒロインでしょうに。


>久しぶりにメダロット2やったらかなりはまりました(笑) 無印もしたいけどさすがに売ってない……

 ゴッドエンペラーまで頑張ってください。無印は大会が難しいんだよな。


>世界の中心でなんでさと叫ぶ。

 士郎「なんでさぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

 日々落ちていく衛宮家での自分の地位を儚んで。


>絵を見て・・・早苗さんと祐一が一緒に学校に行ってる姿想像出来る♪
>2その後ろで名雪や栞が悔しそうにしてるのが目に浮ぶ♪w(そうか咲夜さんも遠くで悔しそうにしてるのは良いかww

 想像力ってすごいよね。


>いやぁ、咲夜と祐一のSS良いですよ♪・・きっと恥しい話がいっぱいあるんでしょうねぇ・・・で恥しがってる咲夜さんを幻想できます♪

 しかし続きはないという。


>琥珀さんの地下王国に最大の危機が!
どういった理由か、言峰ジョージーとバルバドス若本がタッグを組んで攻め込んで来た!
果たして、この大物コンビになすすべは在るのか!?

 琥珀「渋声のおじ様は世界の宝ですよ?」


>レミリアが祐一首からの血を飲んでたら発情したようです。
>さてと一年後が楽しみですね

 レミリア「んっ……ふぅ」
 祐一「飲むのなら零すなとあれほど……」
 レミリア「……は、ぁ」
 祐一「レミリア?」
 レミリア「体が熱いわ……祐一、付き合いなさい」
 祐一「いや、付き合えって何が……って、そういう付き合いか!? いや、まて、早まるなレミ」

~~~~~~パッチェさんの検閲が入りました~~~~~~

 祐一「今じゃ懐かしい出来事だよ」<遠い目
 レミリア「何よ……別にいいじゃないの」<拗ね
 

>na,
>na,
>な、英雄王!?ええい、当たらなければどうということはない。はは、私にも敵が見えるぞ。逃げ回れば死にはしない!!(王の財宝を回避中)

 今、死亡フラグ立ったね。


>数々の損害を受けてきた地下王国、しかしただの一度も破壊されなかった区画が存在した!? その場所の名は「祐一記念館(別名:琥珀の愛の記録)」

 琥珀「ここだけは何があろうとも壊させはしませんよ。私と祐一さんのらぶらぶデートから、温泉旅館でしっぽり(予定)まで飾るんですから!」


>今日は英雄王に献上品を持ってまいりました。現代の宝具、謎ジャムとネオレインボーパンです。

 ギル「いらぬわっ」


>相沢祐一と緑葉樹と杉並と棗恭介が手を組んだようです。
>ターゲットは、何も知らずに4人に呼び出された衛宮士郎、朝倉純一、土見稟、遠野志貴。

 ダメだ、うかばねぇ。しかし、樹とか懐かしいなシャッホーw それを言うならD.Cも懐かしいけど。しかし、一番古いのはKanonなんだよね。
 とりあえず、樹だけは色々と頭の中身が違う気がする。


>七夜はいつも『あの世で閻魔によろしく言っておいてくれ』なんて言ってるけど、幻想郷で実際に閻魔(四季映姫)ひ会ったらどんな反応するかな?

 七夜「……へぇ、これは驚いた。閻魔がこんな可愛らしいお嬢さんだったとは」
 映姫「人を見かけで判断するのは罪ですよ」
 七夜「確かに、見かけだけでは何も分からない。いやしかし、俺のイメージだとごつい親父のようなものを想像していたんだが」


>椛「もふもふしてくれない祐一さんなんて唯の祐一さんです!!!!!」
>祐一「ん~、椛が嫌がってるって妖夢から聴いてな。私ならもふられても文句言いませんからと言われてな。」
>椛「全然、いやじゃないです。…妖夢と一緒でもいいからもふもふ(愛)してください。」

 祐一「それは構わんが、なんだ唯の祐一って。何か、俺の存在理由はもふもふだけか。それとも、俺が知らないだけでいろんな祐一がいるのか」
 椛「別に深い意味はないです」


>なんなんだあの星蓮船二面ボスは!今まで東方の傘持ちキャラゆうかりん、ゆかりんとベクトルが違うではないか! …いえお二方に良さ(黒さとどS)は多々存じておりますので元祖マスタースパークやスキマツアーはどMな管理人様にお譲りします

 だが断る。俺は弄られるのは非常に嫌いなので、どうぞ思う存分ゆかりんとゆうかりんに嬲られてらっしゃい。


>焼肉パーティー仕切り直し
>いろいろ信用出来ないので結局自分で調達しに行くことにした祐一。
>結構奮発して上物を用意したが、幽々子さんがまだ諦めていないご様子。

 祐一「いや、諦めてくださいよ幽々子さん。みすちーが可哀想なんですが」
 幽々子「だって美味しいじゃない~」
 祐一「食べたことないから分かりませんよ……」


本日の教訓。「スパロボKプレイ中の為、更新途絶え気味ゴメス」

 まぁ、あんまりやりすぎるのもあれだからSSも適度に書くよ。それじゃ、またにー。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















神薙 祐樹

  • Author:神薙 祐樹
  • 1987年3月11日生まれ。
    うお座のAB型。
    現在は雇われ店長としてブラックな職場で日々働いて時間を失っています。

    RO現在休止中。Mimir鯖所属、主に影葱。ガンダムオンライン、ガンダムジオラマフロントにはまってます。

    SS書く時間がほしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。