2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あへー

 ま、東方オリキャラモノの影響受けたのはある程度予想はしてるでしょうが、久遠天鈴で掲載されているオリキャラSSを見たからなんですけどねー! しかしオリキャラ書いてみると案外楽しかったりするね。普段まったく書かないような方法と、キャラだからかもしれんけど。
 とりあえず、ゆるーくだるーくフリーダムに行動させます。彼の辞書に自重などという言葉はないはず。


 Web拍手レスコーナー。久しぶりに途中で切ったよ!


>東方雪花奇談:雪夜IN幻想郷にどーすかね?
>あと、もう一個のほうは
>東方裕夢想とか(笑)   だめっすかね

 初っ端からいきなりレベルの高い名前が。二番目はアレですが、最初のは中々いい感じ。


>はやてもやっとレベルアップした。魔力量が増えた。守護騎士のデータをいじれるようになった。セクハラ時間が増えた。女性を骨抜きに出来るようになった。六課で距離をとられるようになった。

 はやて「……あかん、禁断症状が」


>ヴィータは苦労の末やっとレベルがあがった。魔力が増えた。突破力があがった。飛ばせる鉄球の数が2個増えた。身長が1cm伸びた(前回とあわせて2mm伸びた)。祐一に抱きつけるようになった。喜びで祐一を押し倒してしまった。

 ヴィータ「よっしゃー!」
 祐一「うぉっ!?」
 ヴィータ「あー……わり、大丈夫か?」
 祐一「あぁ、それより早くどいてくれ」


>ゆかりんの能力で祐一の理性をぷっつんしたら幻想郷中の女性に子供ができるかも

 祐一「俺は一体なんだ」


>名無しの女の子……。は、まさか紅魔郷に設定だけ存在しているあの子か?

 イージーしかまともにクリアしてない祐樹さんには分からないお話。気がつけば人気者。


>雪夜in幻想郷のタイトル案 東方雪華伝 とかとか?
>もしくは 幻想雪華伝 とか?

 一番目の方がらしい気はしますね。


>何とか目覚まし全てを止めたメンバー。が、名雪は爆睡中
>名雪「祐一~、イチゴサンデー奢るんだお~」<寝言

 理樹「まだ寝てる……」
 謙吾「あれだけの騒音の中で、だと?」
 真人「絶対おかしいぜコイツ」
 鈴「今回だけは真人に同意だ」
 恭介「こりゃ、とんだミッションだぜ」


>Web拍手SSネタギレ?ならば!祐一・咲夜の結婚ハガキをKanonメンバーに見せたSSを是非! by 前に似たようなのを注文した人

 候補の一つにいれておこう。


>遠野家地下王国をあと一歩で攻略するチルノだが、お約束に引っ掛かる

 チルノ「ふふふ、やっぱりあたいの手にかかればこんな迷路すぐだったわね!」
 琥珀「という割には、レベル2の罠ほぼ全てに引っかかってますけどねぇ」<苦笑
 チルノ「さーて、後は出るだけー」
 琥珀「……あら?」
 チルノ「ふんふんふんー」
 琥珀「上に行かずに下に行っちゃった……そっちに行くと最初の所に戻るのに」


>最近あややから新聞を貰わない(ヤンデレあやや→新聞コンボ)
>新聞GET。流石幻想郷最速

 文「文々。新聞は暖かい情報をすぐにがモットーです」


>ことり「みっくん。ともちゃん。祐一さんと何してるすか!」
>みっくん「なにって・・・・・・」
>ともちゃん「祐一さんと食べあいっこだけど?」
>ことり「こまるっすよ、そういうのは本妻の私もまぜてくれなきゃ。」
>眞子「だから祐一の彼女は、あたし!!!!!!」

 眞子「アンタも少しは抵抗しろ!」
 祐一「何を言うか、女の子が食べさしてくれるというのなら断らないのが男だ」
 みっくん「だよねー」
 ともちゃん「はい、あーん」
 ことり「私もするっす!」


>※この文章はスキマ送りにされました※ BY,rk

 ゆかりんの検閲が入った模様です(ぉ


>雪夜IN幻想郷→東方雪運録

 皆よくそんなに出てくるね。


>そんな事言うとたくさんコメントとネタおくっちゃうぞー(ニヤリ)

 書ける限りは書きますよ?


>ネタが尽きてきたのでネタを募集ですとな、祐一×有紀寧を続ければいいじゃないかw

 続きなんてないのさ!


>琥珀「あはー、今日は祐一さんとデートですよー!」

 祐一「二人きり、ていう意味なら確かにデートだけど」
 琥珀「買うものは翡翠ちゃんへのプレゼントですしね」
 祐一「ま、出来る限りエスコートさせてもらいましょう」
 琥珀「うふふ、お姫様気分です」


>智代「私は祐一が好きなんだ!もうこの手を離したくない!」

 祐一「……なぁ、坂上」
 智代「む、なんだ祐一。私のことは智代と呼べと」
 祐一「いや、劇の練習に熱心なのはいいことだが、何で実名なんだ」<演劇部練習中
 智代「いいじゃないか、その方が臨場感がある」
 祐一「本番じゃ役名でやるだろうに……」


>雪夜IN幻想郷のタイトル案です。。 ⇒「東方異夜録」

 なんとなく、某あややを召還する士郎さんとこの作品を思い出す。


>あれだよ誰にも嫌われない程度の能力だよ!

 それはそれでありだな。大して役に立たなさそうwww


>ふと思った。KANONキャラのデフォ絵は昔の絵。それとも最新版?・・・どっち!

 京アニ版とその前のってことでおk? そうなら無論、京アニ版だろうと。


>2回連続監禁されたと思ったら、部屋の隅に教・・・・授・・・・

 ネロ「お前が鴉天狗の娘だと思っていたのは、私の眷属だ。ではその身、骨も残さず喰らい尽くしてやろう」


>久しぶりヤンデレあやや(およそ一月)

 あーあ、出会っちまったか。


>祐一と東方かやらのバレンタイン物とかどうですか?

 ふむ、それも候補の一つに。面白ければ実際に更新された時にあるはず。


>能力決めてないとの事なので少ない文章から読み取ってみた。「状況と言動を無視できる程度の能力」
>ただし無視できるだけで影響は受けるので全く意味はないw
>要約すれば「空気読めないあほの子」と言うのを能力に置き換えただけであったりするわけだが、ただの外来人に能力が付与されるはずもないのでw

 ある意味らしいっちゃらしい。でも主人公は空気を読めるけど読まない人間。川が流れていればその流れに反逆し、バスケットがはやればサッカーをするようなものです(ぇ


>ネタっぽい物投稿 東方オリキャラモノの能力は「相手を腹ペコ大王にする程度の能力」なんて如何でしょうか?
>または、「金盥(かなだらい)を落とす程度の能力」(大きさランダム、落とすだけ)なんて面白そうですが。

 寧ろ突っ込まれるのは主人公のほうだという。そして、最初の能力だと確実に破産乙。


>祐一「そういえば士郎は旅行中か。ん?これは士郎の日記か?…フッフッフ、迂闊だなあいつ。どれどれ、何が書いてあるのかな?」

>「○月×日学校帰りにセイバーを見つけた。せっかくだから二人で商店街を周ることにした。セイバーが喜んでくれたから良かったと思う。」

>「○月□日:今日は遠坂に映画に誘われた。予定も無かったし、前から少し見たいと思っていた奴だったから見に行った。途中一緒に入った喫茶店で視線を感じたけど何だったんだろう?」

>「○月△日:何を思ったのかイリヤがライダーの服を探しに行くと言い出したので二人と一緒に買い物をした。最終的に俺が二人の服を選ぶことになったけど二人とも満足してくれてよかったと思う。…終始誰かに見られていた気がするけど誰だったんだろう?

>「○月▽日:慎二と遊びに行った時に慎二がナンパして知り合った女の子の一人から手紙が来た。どうやって住所を調べたのか分からないけど、返事を待ってるって書いてあったので返事を書いて出した。皆に見つからなくて本当に良かったと思う。」

>「○月&日:家に帰ったら部屋の机の上に日記が置いてあった。ちゃんと仕舞ったはずだったけど、勘違いしてたみたいだ。…最近寒気がする。風邪には気をつけようと思う。」

>「○月$日:聞いてしまった。桜が慎二をどうにかしようとしているのを。一刻も早く慎二に知らせようと思う。此処に置いておけば祐一あたりが読むと思う。何かあったら助けてくれるだろう。」

>祐一「…これ…士郎が慎二と旅行に行く前日で止まってるな…さっき書いてあった女の子からの手紙はほとんど恋文だったし…もしかしたら…は、はは、まさか、な。」

>黒桜「くすくす、先輩ったら、こんな小細工考えてたんだ。ねえ、相沢先輩。先輩は今兄さんと旅行に行っているんです。相沢先輩もどうですか?先輩のところまで送ってあげますよ?因みに強制なんでどうぞごゆっくり。」(影を伸ばす)

 祐一「……いいのかな?」
 黒桜「何がですか?」
 祐一「いや何、俺がこのままやられるような相手だった思ってるのかなと」<ニヒルに笑う
 黒桜「っ……」<冷や汗
 祐一「何か嫌な予感はしてたんでな、予め打てる策は打っておいたんだ」
 黒桜「なんですって……?」
 祐一「俺に何かあれば、桜ちゃん……君の極めて重要な個人情報が世間にばらまかれることになる。無論、遠坂にもだ」
 黒桜「なっ……ひ、卑怯な!」
 祐一「なんとでも言うがいい、過程や手段などどうでもよいのだー!」


>はやてはレベルがあがった。魔力が増えた。攻撃範囲が広がった。料理技術が上がった。セクハラ技術が上がった。セクハラ対象が増えた。狸度が上がった。六課の女性メンバーの警戒度が上がった。

 はやて「くぁぁ……も、揉みたい、私に胸を揉ませろー!」
 祐一「なんという執念。これはひどい」


>祐一がジンバブエドルを使って、博麗神社のお賽銭箱に飽和攻撃を仕掛けるそうです

 祐一「よぉ、霊夢」
 霊夢「あら、いらっしゃい。素敵なお賽銭箱はそこよ?」
 祐一「分かってる。外の金だけど、今日はすごいのを持ってきたしな」
 霊夢「使えないのもらってもねぇ」
 祐一「ジンバブエドル。しかも二千億ジンバブエドルだ」
 霊夢「……」<桁の違いに放心状態
 祐一(まぁ、ジンバブエドルってほとんど紙幣価値はないんだが)


>祐一となのは・フェイトの恋愛物(修羅場でも面白そうだがw)とか・・バレタインが近いからチョコ物とかどうでしょう。

 そしてはやても参戦するんですね分かります。とりあえず候補の一つにー。


>祐一はチョコいっぱい貰えて良いなぁ。(なのは達やレン達・・東方の方達か。

 祐一「ビターならな。普通のは俺にとっては甘い」


>魔法少女リリカルれーせんvsカレイドルビー。ゼル爺とゆかりんの力で今、実現!(見学者(祐一、ゆかりん、ゼル爺、兎詐欺、黒桜)は安全圏(スキマ)で見学)

 カレイドルビー「今日も元気にジェノサイド♪ さー、今日もはりきって世の中をカオスにするわよー」
 れーせん「させません! 幻想郷の平和はこのれーせんが守ります!」

 祐一「うはwっをkwwwww」
 ゆかりん「ふふふ、二人が我に返ったら面白そうね」
 ゼル爺「ふむ、録画しておくか。ネタになりそうだ」
 兎詐欺「っ……っ……」<笑いすぎて腹筋崩壊気味
 黒桜「あぁ、姉さんいいですよ……可愛すぎです」


>そういえば、食われる前に一つ聞きたいんだけどさ、ネロ教授。ゆかりんと随分仲がいいけど、何時、何処で知り合ったんだ?俺はゆかりんに会うたび大体此処に来てるんだけどさ。

 ネロ「何、私がここに来た時に知り合っただけだ。八雲が私に餌となるものを提供するというのでな、それに応じたまでだ。さて、では喰らわせてもらおう」


>初めまして?自称命名師のルシフです。今回は祐樹さんの悩みについて答えたいと思います。
>雪夜IN幻想卿のタイトル案を幾つか提案。その一snow/night IN PHANTAJY ZONE(英文風 誤字が無いことを祈ります
>その二祐一の幻想卿旅日記 その三幻想の卿で出逢いし者達 その四ゆういちのはっちゃけ冒険誌
>こんな感じでどうでしょうか?さて次にいきましょう。次は幻想卿に移住した祐樹さんの能力をば
>個人情報を覗き見る程度の能力これしかないでしょうもちろん制約はあります。大事な情報は心を許していないと見ることは出来ません
>んでタイトルは東方祐樹交遊録なんてどうでしょう?最後に寺子屋の女の子の名前候補~
>①妃女(ひめ)②沙姫(さき)③由美(ゆみ)④葉菜(はな)⑤朱音(あかね)⑥智奈(ちな)⑦夏々(なな)⑧亜紀(あき)⑨智留野etcetcこんなかんじで
>まぁ使っても使わなくてもどっちでもいいので、あまり気にしないで下さい。最後に一言
>誰か私の創ったキャラを使ってくれぇぇぇぇーーーーーーー! 魂の叫びもそこそこに退散しましょう それでは祐樹さん頑張って下さい

 なんという長文。そして祐樹さんはルシフさんにこう言おう。

 祐樹「世の中には、書いたもの勝ちという言葉があってな?」

 つまり書いてしまえばいいんだよ! と。しかし、何で無名の女の子があそこまで人気出てるのかが謎で仕方ない。意識した覚えはないんだけど。寧ろその設定を使って自分で書いてしまえばいいと思うよ! と突っ込みを入れてみる。


>うー☆って、声に出すとどう呼ぶんだ?

 そこはかとなく、語尾をあげる感じでうー☆


>祐樹さん2月14日は何の日かしってます?

 全国で一斉に蹴鞠大会が開かれる日ですか?


>MG42だめですかではMG34でそれもだめならPTRS-41(対戦車ライフル)で

 何故そこまで重火器にこだわるのかw


>衣玖さんのことかーっ!! <フィーバーさん

 そうです、彼女がフィーバーさんです。


>やはり呼び名は中国なのか・・・哀れ中国

 中国はまだマシな部類かと思われます。慧音に至ってはきもけーねさんですし、レミリアはうー☆、パチュリーなんか紫もやしですよ。小悪魔はパシリだし。


>フェイトはお弁当を作ってみた。祐一に俺の嫁に合格と言われた。フェイトは背後からの嫉妬に気がつかなかった。・・・・・・…数日後、祐一に看病され、幸せそうなフェイトが2年ほど見られたらしい。

 フェイト「えへへ……」
 祐一「何笑ってるんだ?」
 フェイト「なんでもない」
 祐一「……?」


>椛と祐一が将棋をやっていたら祐一が負け続けたので腹いせにムツゴロウの真似をして、からかった

 椛「また私の勝ちですね」<得意げ
 祐一「むぅ……」
 椛「ふふ、またやりますか?」
 祐一「ええい、椛の分際で生意気な! ほーれほれ、あーしあーし!」<ムツゴロウごっこ
 椛「な、ちょ、やめて下さい! くすぐったいです!」
 祐一「よーしよし、良い子だなー椛ちゃんはー」
 椛「……わふ」


本日の教訓。「なげぇ」

 続きのコメントは次回にて。雪夜IN幻想郷の題名どうするかなー。それと、そろそろ更新しなきゃいけないんだろうけど、まだ紅魔館前だよ!
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















神薙 祐樹

  • Author:神薙 祐樹
  • 1987年3月11日生まれ。
    うお座のAB型。
    現在は雇われ店長としてブラックな職場で日々働いて時間を失っています。

    RO現在休止中。Mimir鯖所属、主に影葱。ガンダムオンライン、ガンダムジオラマフロントにはまってます。

    SS書く時間がほしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。