2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


軽く死亡フラグ

 卒論の提出日が迫ってるわけですが、まだ進行状況にして20%ぐらいの祐樹さんですよっと。果たして完成するのか。しかも提出期限が緋想天交流会の日とかどういうこと。下手すると出れないぞマジでwwwww

 最悪大学への泊りがけも覚悟ずみ。なんとかなってほしいとこだ。祐樹さんはワードで文章を書く係で、それっぽく書けと言われてるけどさー。どうしたものか。意外と難しいよね、こういうの。

 現在の執筆状況    雪夜 最新話  0%

               散策 最新話  50%

               雪夜IN幻想郷   50%

 とりあえず散策優先で書いてます。雪夜はある程度、ストーリーを書いてる部分があるので細かい調整をしていくくらいかなぁ。進行状況は0%だが。あ、一応次回は戦闘しかないです。そして皆忘れてるだろうけど、雪夜には選択肢が実装されてます。ほとんど使われてないけど。
 で、今回の選択肢の鍵を握るのは士郎。間違える選択肢はまずないだろうけど、一応BADも作ってます。当然その場合、死ぬよ!


 雪夜IN幻想郷はちょくちょくと。まだレミリア、咲夜しか出てない始末。バカルテット+大ちゃんもまだ出てない。この調子だと、紅魔メンバー全員出せるのか不安に。最悪三話に持ち越しだぜヒャッハー。


 散策は木乃香奪還中まで執筆。一応目処としては、ネギの唇争奪戦までは書く予定。そして祐一は争奪戦で主催者側に回る考え。あ、一応賞品相手としても登録ですよ? 面白ければなんでもおーけーby祐一

 やりたい放題やって、人になすりつけるの大好きさんです。まさに外道。しかしそれは褒め言葉。


 Web拍手レスコーナー。


>真・恋姫か・・テスト前にインストールして二日間プレイしっぱなしでそのままテストに突入したなぁ

 プレイしようと思ったことすらないです。


>秋子「あらあら、割と身近にありますよ? 捕まえるのは苦労しますけど、調理自体は簡単ですし」という話を聞いて祐一は駄目もとで秋子を尾行した。そしたら秋子さんのジャムの材料の一つが台所で黒光りするものだと判明してしまって大騒ぎに・・・

 黒豆ですね分かります。もしあの名前を出そうものなら、祐樹さんの寿命がストレスでマッハなのでやめるように。


>なのはクロスもブログのSSインデックスへ入れてほしいです~~~~(激希望

 完結したらJGJさんとこあたりに投稿する可能性があるかもしれないので、リンクはしてないです。どうなるかはわからないけど。


>humu,
>お見合いかぁ・・白レンとやって見てはいかが♪

 白レン「なんで私が……」
 祐一「だよなぁ、白レンは七夜がすきなんだもんな」
 白レン「ち、ちがっ!? なんでそうなるのよ!?」
 祐一「ツンデレ乙」


>あややは結構好きだからこんなにヤンデレが出るのか?

 予備軍にも容赦ないあやや。きっと出る確率は本当に運だけw


>なんか最近拍手がエ〇的表現なのが多くなってるのは気のせいですかね?(苦笑)

 うちのサイトは非18禁だというに。その表現でコメントされても、祐樹さんはのらりくらりとかわすよ!


>リトルバスターズにミッションを与える。寝ている名雪を起こせ!
>秋子「どうしても起きなかったらこれを使ってください」<黒ジャムを渡す

 理樹「そんなに寝起き悪いのかな、この名雪って人」<名雪の写真を見て
 恭介「だろうな。起こせ、っていうぐらいだ相当なもんだろ」<楽しそう
 真人「相手は女かよ……筋肉様が使いづらいじゃねーか」
 謙吾「ふむ、よほど低血圧なのだろう。俺は寝起きはいいから気持ちはわからんが」
 鈴「朝は眠い。でもこいつは寝すぎだ!」<名雪の睡眠時間を見て
 
 理樹「にしても、この黒いジャム……なんなんだろう」


>もちろん相撲の夜では聖杯が願いをかなえるんじゃなくて、GYOUJIが願いをかなえるんですね しかし、聖杯戦争以上にマスターが戦いに参加できないww

 GYOUJIに逆らった瞬間その時点で人生終了のお知らせ。相手は物理法則すら捻じ曲げる最強の審判。


>祐一が椛に毛皮のコートをプレゼントしたらそれは 椛の尻尾を少しづつとってつくったものだった

 椛「その、最近寒いですからこれどうぞ」<椛毛のコート
 祐一「……毛皮のコート?」
 椛「はい。寒いのが苦手、と聞いたので」
 祐一「うわ、助かる。おー、こりゃ暖かい」<ぬくぬく
 椛「良かった」
 祐一「にしても、なんの毛皮なんだこれ?」
 椛「……えっと、私の尻尾の毛です」<恥ずかしそうに
 祐一「なぬ?」


>あややの背中に祐一がしがみついていたら胸に手がいってしまった

 文「何?」
 祐一「いや、寒いから湯たんぽ代わりにでもと」
 文「恥ずかしいじゃない……って、ちょ、どこ触ってるの!」
 祐一「すまん、わざとじゃない。マジで」
 文「もうっ」


>鈴仙と祐一のストライキに続いてこーりんが祐一に協力してもらって霊夢達に今までの代金を支払うようにストライキを始めた

 祐一「香霖堂のツケを払えー!」
 霖之助「滞納しすぎだー!」
 祐一「これが支払われない場合、魔理沙の八卦路の調整や、霊夢の道具の生成はしないという処遇をとる!」

 霊夢「ちょ、なんて汚いのあの二人……っ!」
 魔理沙「人質(?)を取るとは外道にもほどがあるぜ」


>幻想郷でフラン達と弾幕ごっこで遊ぶ祐一だけどかなり身体能力上がってるんじゃ……
>そこで地上界の弾幕といえばシエルさんとの模擬戦やったら飛んでくる黒剣を素手で掴みそうだ

 祐一「無茶言うな。弾幕を手で掴む、なんて芸当できるはずもないし、高速で向かってくる物体を掴むのも無理だって……」


>祐一「フェイト、愛してるよ。」
>フェイト「いっいきなり何を言い出すんですか!」
>祐一「いや、前から言いたくてな。迷惑か?」

 フェイト「め、迷惑ってわけじゃないけど、その、そんないきなり言われると照れるというか。いや、嬉しいことは嬉しいよ? でも、やっぱり恥ずかしい……」


>本日も特急ネロ・カオス号幻想郷行に乗って幻想郷に入る俺

 お題は貴方の命です。


>フェイト(As)がカレイトステッキを持った。どうするルビー、相手は魔法少女だぞ?

 ルビー「あはー、そんなの関係ねーです。魔法少女だろうとなんだろうと、思う存分蹂躙してやりますよー!」
 フェイト「いやー!」


>ROで祐一・輝夜夫婦が北川と出会った

 北川「あら、相沢?」
 祐一「よぅ、北川」
 輝夜「知り合い?」
 祐一「親友」
 輝夜「ふーん。どうも、うちの祐一がお世話になってます」
 北川「なんだ相沢、お前結婚したのかよ?」
 祐一「あぁ。わりぃ、連絡するの忘れてたよ」
 北川「ひでー」


>sssの給湯室のギャラリーにあるおいでませ永琳診療所!はてゐが良い子で成長した姿がカッコよく魔理沙達が二回ほど野球したりする面白い漫画です。

 こんなの、こんなのてゐじゃない!w


>あしたしこたまというサイトの倉庫にあるなのは小説の紐糸のオリキャラが面白いです。

 これは良いカオス。名前があるのに名前で呼ばれない主人公っていうのも珍しい。そしてヴォルケンズ、蒐集はどうしたwwww


>永琳よ、理性の切れた祐一対策にこれを使え<水瀬秋子作「レインボージャム」を渡す

 永琳「こんなので本当に大丈夫なのかしら……あら?」
 祐一「ゴメンナサイモウシマセンカラユルシテ」
 永琳「……まだ何もしてないのに」


>ただいま祐一お見合い裁判中
>映姫「ところで相沢祐一に1番好意を持ってるのは誰ですか?」咲夜・早苗(当然私よ)<誰にも負けない自信あり
>小町「えーっとですね…貰った資料だと寺子屋の女の子(お見舞いに行った子)ですね」全員『!?』
>寺子屋の女の子はダークホースだと思ってる

 女の子「お兄ちゃん何してるのかなぁ。遊びにこないかなぁ」


>ちょw枚方ってうちの地元w

 よくあること。もしかしたら自転車で必死で疾走してる祐樹さんが見れるかもしれない。某所で。黒いガウンジャケットにジーパン姿のママチャリの不審者が祐樹さん。きっと必死。


>よく見たら行司って書いてありましたねすみません きっと未遠川に棲むといわれる竜と戦うんですね たしか、柳洞寺の柔は竜を捕らえるために創始されたそうですから

 龍を捕らえるとか、どんだけ。きっとそんな事が出来るのは格闘ゲームの中の人ぐらい。ギースとかゲーニッツとか豪鬼とか。


>レン「・・・・・・(スイッ)」
>祐一「何だ。俺にくれるのか?」
>レン「・・・・・・(コクコク)」
>祐一「ああサンキュウ。恋愛物の映画か、・・・・・・・レン一緒に行くか?」
>レン「・・・・・・(コクコク)」

 祐一「しかし恋愛物か。俺、この手の映画は途中で寝るんだよなぁ」
 レン「……?」
 祐一「やっぱ男は、アクション系とかが好きなんだよな」


>W七夜が白黒レンを守るため暴走名雪と戦っている

 名雪「ね、猫……猫さん」
 七夜1「ち、本当に人間か。猫如きでここまで暴走するとは」
 七夜2「名雪にとって猫は大好きなものだからな。行き過ぎた愛情だ」
 七夜1「ふん、度が過ぎる愛情はただ疎ましいだけだというに」


>(*゚∀゚)o彡゜ジャム(*゚∀゚)o彡゜レインボー(*゚∀゚)o彡゜ジャム(*゚∀゚)o彡゜レインボー(*゚∀゚)o彡゜ジャム(*゚∀゚)o彡゜レインボー(*゚∀゚)o彡゜ジャム(*゚∀゚)o彡゜レインボー

 秋子「あらあら、ジャムがほしいのなら言ってくだされば良かったのに。ふふ、名雪や祐一さんは食べてくれないから嬉しいわぁ」


>もし聖杯戦争の管理人が言峰ではなく、KOFのゲーニッツだったら?

 ゲーニッツ「わかりました。それではこれより、聖杯戦争の幕開けです。各々、生き残るために全力を尽くしなさい。神はいつも、あなた方を見守られております」
 祐一「その神って?」
 ゲーニッツ「無論、オロチです」
 祐一「ダメだろ……」
 ゲーニッツ「神を愚弄する愚か者には裁きを! お別れです!」
 祐一「ぎゃあああああああああああああ!?」

 そして一人がちですね分かります。


>翡翠が朝志貴を起こしに行くと志貴の寝顔をカメラに収めている祐一がいた。祐樹さんに問題です①祐一を叱る②祐一に写真の焼き増しを頼む。さあ翡翠が取る行動はどっち?

 翡翠「志貴様、おはようござ」
 祐一「あ、翡翠さん」<写真撮影中
 志貴「すー」
 翡翠「何をしてらっしゃるのですか」
 祐一「志貴の寝顔撮影。さっちんでも売ろうかと」
 翡翠「おやめください。姉さんが真似をしますし、秋葉様に知られますと厄介です」
 祐一「その心は?」
 翡翠「私に負担がかかります」


>いつだったか忘れたがMGS4の小説を本屋で見たことがある

 プロですから。祐樹さんはアマチュアですらない。


>てんこーーー!好きだーーーーーー!

 天子「だからてんこって言うな!」


>なのは様はレベルがあがった。魔力が増えた。防御力が上がった。漢度が上がった。女らしさが下がった。結婚への道のりが遠ざかった。

 なのは「うぅ、皆あんまりだよ。私だってちゃんと女なのに」


>クロスゲートパラダイムシステム。 ……えーとですね、スパロボZネタがありならこれもありだと思いたいんです、自分は。
>それで、これもしくはXNディメンジョンを琥珀さんが“なぜか”手に入れて、そしていろいろやってるうちに遠野家スキマ王国の完成……というのはどうでしょうか。いや、クロスゲート(略)って、あの境界の能力と同じ領域にありそうだなーと思ってますんで。 ……駄目かなー。

 なんというスパロボ祭り。しかし前者の名前は久しぶりに聞いたな。ユーゼスが作ったアレでしたよね。あの時はαシリーズがあそこまで続くとは思わなかった。すごい長かったですもんね。第二次と第三次の出来事が、数ヵ月後の出来事というのがまたひどい。地球圏終了のお知らせだろあれ。
 しかし、琥珀さんでもあれを解析するのは難しいんじゃないかなぁw でも、確かにカオスな王国が出来上がる気がする。書けないけどね、難しすぎるからwwww


本日の教訓。「卒論おわらねぇ」

 果たして今年一年、祐樹さんは生き残れるんだろうか!
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















神薙 祐樹

  • Author:神薙 祐樹
  • 1987年3月11日生まれ。
    うお座のAB型。
    現在は雇われ店長としてブラックな職場で日々働いて時間を失っています。

    RO現在休止中。Mimir鯖所属、主に影葱。ガンダムオンライン、ガンダムジオラマフロントにはまってます。

    SS書く時間がほしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。