2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


体調悪かったんよ。にもかかわらず神速更新。

 やっぱり早朝メインで入ってて、深夜に入るとよく体調崩すなぁと思う祐樹さんです。バイト中、頭痛と吐き気と寒気に襲われながらも仕事をこなし、次の人がこずに早朝の途中まで残って死にそうになってました。昼ぐらいから寝始めて、起きたのが夜の六時だったよ。
 そん時は多少マシになったけど、大事をとって次の早朝バイトはお休み。一日、安静にしてたらほとんど回復です。まだ身体はだるいけど。

 にもかかわらず、稀に見る速度で日記更新。特に何も話題ないから、Web拍手のレスだけだがな!


 Web拍手レスコーナー。


>祐一×有紀寧を続けてください!

 続かないって書いたよ!


>琥珀「あはー、この料理で祐一さんは私のものですよー。」

 祐一「な、何をするだァーッ!」


>祐一×有紀寧、絶対続けたほうが良いです。ていうか続けてください。続きが気になります。

 だから続かないんだってば!w あれ以上は正直展開思いつかないのれすよ。


>幻想郷(冥界白玉楼)にご案内されたフェイト。そこで切りかかってきた妖夢を何とか(実力で)押さえて自分の現状を説明。その後「ちょうどいい」ということで妖夢、幽々子と一緒に博麗神社にいくことに
>何が「ちょうどいい」のかわからないままとりあえず付いていくことに。神社に来てみたらそこには行方不明の八神家と祐一、幻想郷メンバーが宴会していた。
>幻想郷メンバーは霊夢、魔理沙、レミリア、咲夜、萃香、文、ゆかりん、藍、小町(サボリ。映姫により途中退場(連行)される。その後ジャム地獄の刑。以降映姫参戦)早苗、神様ズ

 登場メンバー多すぎると書けないですwwww 大体六人未満が普通にかける限界かと。



>あ、蒸発した。祐樹さんにはそれほどの威力なのか、巫女フェイト。さて…そろそろ(砲撃が)来ると思うのだが………
>…………×3
>あれ?なかなかこな「スタァァライトォォォ」<真後ろから聞こえる
>時間差攻撃か…<すでに諦めてる
>なのは「ブレイカァァァァァ」<零距離
>なのは「ふふっ、懲りない人♪」<前回異常に黒い笑み
>フェイト(巫女服)「…………」<なのはを見て数歩引く
>なのは「さて…覚悟は十分かな?祐樹さん?(黒さが増す)何故なら…」
>なのは「フェイトちゃんの着せ替えを自由にできるのはわたしだけだからよ!!(断言)」<ゴスロリ、メイド、巫女Ver.のフェイトを見て暴走中
>フェイト(巫女服)「ええっ!?」<驚愕

 しかしこのなのはさん、ノリノリの変態さんである。

 というかコメント長すぎだろJKwwww 思わず三点リーダ省略したよ!


>思わず後日談の続きを望んでしまうじゃないですか!

 唐突に書きたくなったので書いた、今では後悔している。


>別設定SS・後日談を読んで続きがとても気になりますので是非続きを書いてください。
>別設定SS・後日談を読んで何故祐一が来たのか気になります。来た理由は、宝石翁の代理人としてきたのかな?それとも祐一は雪夜verで空間を操る魔眼を持っているから手伝って来いと言われたのかな?

 同じ人かな? 一応、設定を説明するとこの祐一は雪夜Verではなく、魔術師でもなんでもありません。一成や三枝さんと同じようにただの一般人です。衛宮家へと足を運んだのは、衛宮切嗣と少しだけ交流のあった母親から、挨拶してきてと言われたからです。
 なので、魔術も何も知らずただ知り合いとして尋ねてきただけなのです。続きは良く分からんw


>先生、ハーレムより修羅場が見たいです。主に紅白と青巫女

 霊夢「早苗、祐一のことは諦めて頂戴。私は博麗の巫女として跡継ぎを作らないといけないし、女としても譲る気はないの」<祐一の左腕を握って
 早苗「そ、それは私だって同じですっ。私も守矢神社の跡継ぎのこともありますし、祐一君が好きな気持ちは負けません!」<右腕を握って
 霊夢「そう、なら実力で勝ち取るまでよ」<お払い棒を構える
 早苗「いつも負け越してますけど、今回ばかりは私が勝ちます」<同じく

 祐一「好かれるのは嬉しいけど、俺を基点にしないでほしい」
 魔理沙「そりゃ無茶ってもんだぜ」


>キァー衣玖サーン

 衣玖「はい、衣玖です。総領娘様のお世話で忙しいです」


>祐一×ゆきねえは続けるしかないっしょ!

 続きなんて考えてねーよ!ww


>祐一×椋もおねがいします。占いで。

 椋「……」<トランプを睨み付ける
 祐一「好きだな、トランプ占い」
 椋「え、あ……」<見上げて赤くなる
 祐一「それで、今回はどんな結果なんだ?」
 椋「その、思わぬ災難に注意、予想外の出来事があるって」<不安そうに
 祐一「ふむ……」
 椋「ど、どうしよう、私運動神経良くないから咄嗟に反応なんてできない」
 祐一「大丈夫じゃないか? 多分そんな危険なことにならんだろうし」<頬を掻く
 椋「え?」
 祐一「えっと、藤林。その、俺はお前が好きなんだが、付き合ってくれないか?」<少し赤くなって
 椋「ふぇ!?」

 当然の如く続きません。続かないよ!


>メカヒスイ一号機を発見、起動させた祐一はそのままつれてくことに。フランは絶賛破壊活動中(祐一に言われメカヒスイ一号機は壊さぬように)
>フランがいろいろ壊していく中遠野家地下倉庫(酒蔵)発見。萃香、全て飲み干す

 萃香「ういー……ここはいい酒が多いなぁ。思わず全部飲んじゃったよ」
 フラン「うちにあるワインと同じぐらいだったね。美味しかった」
 祐一「琥珀さんや秋葉ちゃんにどう言い訳しよう……」
 メカヒスイ「マスター達ニハ良イ薬ダト思ワレマス。普段ノ行イノ罰デショウ」

 琥珀「っきゃー! お酒が全部なくなってますー!?」
 秋葉「だ、誰よ飲んだのはぁぁぁぁ!」


>我がPC及びケータイの設定、「ろり」と打てば「恭介」、「きんにく」と打てば「真人」、「まさと」と打てば「筋肉」と出る

 恭介「俺はロリじゃねぇってんだろ!」
 真人「俺が筋肉で、筋肉が俺で……ハッ、じゃあ俺は筋肉と一体になったってことか!? なんてこった、筋肉を鍛えるあまり俺は筋肉そのものになっちまったのか。すげぇぜ、なんかおぎおぎしてきやがったぁぁぁぁぁ!」


>早苗と秋子のコラボが実現してしまいましたね。

 祐一「まさに無双」
 秋生「必殺技の次元だろありゃ」
 

>春原「へへっそこの彼女、今から僕と付き合わな~い?」<ニヤニヤ
>女の人「えっと………」
>春原「まぁそんなに深く考えないで」<ニヤニヤ
>??「おい………」<春原の肩を叩く
>春原「ああん、何だよ」<不機嫌になって振り向く
>??(ラグビー部部長)「人の彼女に何しようとしてんだ?」<青筋浮かばせて
>春原「ひぃぃぃぃぃっ、これは……その……」<ビクビク
>ラグビー部部長「さて、情報提供者の言ってた通り人の彼女をナンパしてた件について言いたいことは?」<笑ってるけど笑ってない
>春原「な、何だよ情報提供者って?」<大方検討は付いてる
>ラグビー部部長「お前は知らなくてもいいことだ。言いたいことはそれだけだな?さぁ逝くぞ」<右手で春原の頭を掴み左手で体育館側を指す
>ラグビー部部員全員「おいでやす~♪」<手招き
>春原「お、岡崎めぇぇぇぇぇ」<引きずられる
>朋也「ん?春原の声が聞こえたような……まぁいいか、ヘタレだし」<自己完結
>祐一&杏「(春原が引きずられてるのを見て)ふ」<黒幕(情報提供者)

 祐一「というか、この時点で既に完結してるから特に出番ないよな」

 そして書きすぎだろうといわざるを得ないwwww あぁ、またブログの負荷がすごいことにwwww


>…………ここに来るまでに出たWeb拍手の内東方以外の物が出た回数、実に二回(ネロ→ハズレの順。しかも最初の方)完全に幻想郷入してんな

 実に羨ましい。祐樹さんも現実を捨てて、幻想郷入りしたいです。その場合きっと妖怪に食われて終わるんでしょうが、せめて食われるならルーミアに痛くないようにしてもらいたいです。
 贅沢を言うなら、美鈴やみょんの腕の中で死にたい。咲夜さんにため息つかれながらお世話されたいです。


>祐一の寝言を聞いた紫がスキマで東方キャラを子供化。最初は霊夢、魔理沙、咲夜(精神年齢?祐樹さんにまかせた)

 霊夢の場合 

 霊夢「はくれいのみこなのよー!」
 祐一「そうだな、霊夢はとっても偉い子だなぁ」
 霊夢「だからおさいせんちょーだい?」
 祐一「こんなちっさくなってもお賽銭……少し不憫になってきた」<目を手で覆って
 霊夢「なによー」
 祐一「いや、何でもない。よし、今日はぶっ倒れるまで遊ぶか」<抱きかかえる
 霊夢「おー!」

 魔理沙の場合

 魔理沙「きのこさいしゅうに行く」
 祐一「おいおい、危ないぞ」
 魔理沙「だいじょーぶ、私はまほうつかいだぜー?」
 祐一「子供が生意気なこと言って。ほら、俺も一緒に行くから」<手を繋ぐ
 魔理沙「……うん」

 咲夜の場合

 咲夜「……」<祐一の袖をぎゅっと握ったまま離さない
 祐一「なぁ、袖掴まれたまんまだと出かけられないんだが」
 咲夜「だめ」<涙目で首を横に振る
 祐一「頼む咲夜、良い子だから美鈴と一緒にお留守番しててくれないか?」
 咲夜「や」<足に抱きつく
 祐一「はぁ……しゃあない、今日は一緒にいるよ」<頭を撫でて
 咲夜「♪」

 精神年齢は大体7~8歳程度?


>雪夜IF後日談の続きを期待してます!!

 どーだろーね?(ぉ

本日の教訓。「てんこちゃん愛してる」

 んじゃ、ばいにー☆
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















神薙 祐樹

  • Author:神薙 祐樹
  • 1987年3月11日生まれ。
    うお座のAB型。
    現在は雇われ店長としてブラックな職場で日々働いて時間を失っています。

    RO現在休止中。Mimir鯖所属、主に影葱。ガンダムオンライン、ガンダムジオラマフロントにはまってます。

    SS書く時間がほしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。