2010 / 01
≪ 2009 / 12   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2010 / 02 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
2010年01月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


体が痛い。

 つーわけで、Web拍手の中身変えました。幻想入り三つ(前回言ったとおり、小悪魔、妹紅、チルノで)と、散策で以下略、そして最初は鍋の続きでも書こうかと思ったけどグダグダになったので風呂に入っている最中に唐突に浮かんだ、NG集を五分程度で書きました。
 なんかそこはかとなく、R-15的な気がしなくもないけどそんなことないよね。よくあるアクシデントでハプニングだもんね。仕方ない。
 だんだんとネタ切れしてきたけど、幻想入り系はまだ全員やってないからまだ続けられる。NG集は思いのほか気に入ったので、また浮かんでこればやるかも。そろそろ外れも減らさないとなという気分になりつつも、これ以上は首を絞めかねないので放置プレイ。祐樹さんはSです。

 劇場版Fateとなのはの上映が開始されましたね。Fateは近いうちに見に行くかもしれんけど、なのははどうだろう……、見に行くかもしれないし、見に行かないかもしれない。祐樹さん、A'sの方が好きなんですよね。いや、フェイトそん可愛いんだけどさ。
 シャマル先生とかシグナム姐さんとか出てるからね! フェイトは俺の嫁。美鈴も俺の嫁。一作品に一キャラ以上は嫁がいるぜ! それはいいんだ、置いておこう。

 雪夜、少しずつですが書いてます。ここでキャラをどうするか、とかいろいろ考えてるんですが、どうにもまとまらない。そろそろ動きが欲しいので、一気に終わりに近づきそうだなぁ。や、本来ならもう少し長くやるんだけど期間がそんなに長くないしね、聖杯戦争。
 それもこれも、自分の筆の遅さと文力のなさだよ!


 最近、勇儀姐さんが好きすぎて困るんですが。あ、もち美鈴は嫁です。勇儀姐さんは姉というか、憧れの人的な感じで。男気溢れる人って感じで、すごいいいよね。美鈴もそんな感じだったとしたら、もう俺美鈴になら全てを任せてもいい。
 美鈴、抱いて!


 Web拍手レスコーナー。Sヴィヴィオの人へ、いつものようにしております。


>ゼロXさん
>これは聴いてみるべきです! ttp://www.nicovideo.jp/watch/nm9081592

 これはいいアレンジ。原曲が一番とか、アレンジつまんねとかそういうコメントはどうでもいいのです。好きならば好き、それだけである。


>魔理沙は(祐一・なのはにとって)大切なもの(フェイトの初キスなど)を盗んでいきました。
>魔理沙「というわけで借りてくぜー」<隙間からフェイトを幻想入り(お持ち帰り)

 フェイト「逃げて!」
 魔理沙「言われなくても逃げるぜ?」
 フェイト「はやーく! 無事じゃすまないからー!」<涙
 祐一「今の俺なら次元の壁すらも空虚の魔眼で切れる気がするぜ」
 なのは「ブラスター3も……今なら越えられる気がするよ」


>クーガー兄貴のスペカにはこれは必須だと思う
>不足「情熱思想理念頭脳気品優雅さ勤勉さそしてなによりも速さ」

 弾幕としてはほぼ無理ゲーな匂いがぷんぷんしやがる。


>オンリーパンさん
>http://www.nicovideo.jp/watch/sm4546251

 これは感動モノ。思わず風呂に入ってるときに歌詞とか考えてたじゃないか。流石にニコ動には書かないけど。


>あちらの世界の祐一は特に何も起こることなく日々を過ごし、向こうの世界の祐一は魔法少女Fを巡り魔法少女Nとにらめっこもといガチバトルという名の口論(逆?)一歩手前の状態(周り(F以外)は「被害が出なくて助かる」とお茶飲み状態)。で、この世界の祐一は奢り五人衆から逃げに逃げて(何故か)ものみの丘に向かってる途中、隙間妖怪のせいで(少女昼寝中)幻想入りし、太陽の畑に着きました(当然ここにはあの妖怪が)。

 祐一「……茶がうめぇ」
 祐一Mk-Ⅱ「フェイトは俺の嫁だっつってんだろぉぉぉぉぉぉ!!」
 祐一Mk-Ⅲ「あー、えー……お姉さん、どなた?」


>JGJさん
>美鈴ならさっき俺と一緒に門番しながらいちゃいちゃしてたぜ!

 よろしい、ならば殺し合いである。


>幹也「……あれ? 無い? どこ行っちゃったんだろう?」<探し物を始める
>式「…………」<黙って見ている
>幹也「どこ行っちゃったんだろ……僕の眼鏡……あいたっ!?」<あっちこっちに体をぶつけながら眼鏡を捜す
>式(…………面白い…………)<幹也の眼鏡を見えないように持っている

 幹也「あ、式。僕の眼鏡どこか知らない? あれがないと物が見えにくくて……あたっ」
 式「知らないよ。そこらへんにないのか?」
 幹也「分かる範囲ではないんだ。どこにいったんだろ」
 式「面倒だけど、探すの手伝ってやるよ」<口元を歪めながら


>ksさん
>ふと東方キャラが現実に来たらどうなるかを勝手に想像してみた
>あやや・・・ゴミあさりのカラスを見て呆然&カメラの高性能さとプリンターとのコンボを気に入る(でもあのカメラじゃないとだめだと言ってこだわりそうな気もする)
>めーりん・・・昔の中国と今の中国の差(民度やらなんやら)に怒る?絶望する?どっちだろ&でもその中国を信じてくれる人たち(ほとんど知らないかお人好しなだけかも)がいることも知って安心。(めーりん今何さいすいませんごめんなさいどうか許して
>フラン・・・壊しがいがあるものがいっぱいで喜ぶ。でも祐一やらに止められてがっかり
>パチェ図書館に行って紅魔館の図書館の方が本が多いことを知って本当に図書館か疑問に思う(でも幻想郷にはない本もあるよ!)
>今回はここらへんで。気が向いたらほかの人のも書くかもしれない。

 某スレでは現代入りは特に不思議ではないですな。ニコ動にも其の手の動画はあるしね!


>ん~~~、俺はこう思ってるんです。人々の出会いは先手必勝だと。どんな魅力的な女性でも、出会いが遅ければほかの男と仲良くなっている可能性もあるなら出会った瞬間に自分が相手に興味があることを即座に伝えたほうがいい、速さは力です興味をもった女性には近付く、好きな女性には好きと言う、相手に自分を知ってもらうことから人間関係は成立するのですから。時にそれが寂しい結果を招くこともあるでしょう、しかし次の出会いがいつまた来るかもしれません!
>速さは文化です

 まさに兄貴。あれを噛まずに言えた津久田さんは本当にすごい。にゃんちゅう半端ないっす。


>うにゅほ!←あほの子?  そういえば奇縁譚に新しいあほの子がいた気がする

 番外編に出てた子かね。うにゅほは間違いなく、阿呆の子。チルノよりもまずいかもしれんぞ!


>紅魔館でフランの誕生日パーティーをやって祐一にお祝いされてお礼に祐一の誕生日も祝ってあげるという話になったときに祐一の誕生日が本人にも分からないということが判明し大騒ぎになる紅魔館。なぜ分からないのかという話
>途中で切れた。すいません。話から誕生日を決めよう→自分と同じもしくは近い方がいい(一緒に祝ってもらって結婚式みたいな感じになるから)→弾幕ごっこ →紅魔館半壊→この機に乗じて祐一といっしょに住もうとするおぜう様たちという展開が頭に浮かんだ
>ちなみに祐一の誕生日が分からないのはマジです。調べたけど見つかりませんでした。

 Kanonの公式ファンブックに載っていたような、ないような。グーグルさんにお尋ねしてみたけど、返事はありませんでした。


>ういんぐさん
>○月×日の裏側で…咲夜「お嬢様、言われた通りにパチュリー様のお手伝いをしてきました、相手に見つからないように」レミリア「ご苦労様、…一応、親友としてはパチェに勝って欲しいものなのよ」咲夜「…そのパチュリー様の部屋から、かれこれ1時間近く嬌声が聞こえるんですが?」れみりあ「…気にしたら負けよ私」

 咲夜「パチュリー様、喘息もちなのにすごい体力ですね」
 レミリア「あー、やめてやめて、親友のそんな隠された能力なんて知りたくないー!」
 咲夜「あら、また一際大きい声が。パチュリー様ったら、意外とテクニシャンで」
 レミリア「やめてー!」

 そこまでよ! って、パチュリーが今やってるからダメか。じゃあ、そこまでだ!


>……誰?(幻想入り、妹紅編)

 できるだけ女の子口調の妹紅にしようと思った結果がこれだよ!


>祐樹さんと美鈴に第一子誕生。祐一&レミリア「「名付け親は俺(私)に任せろー!!」」

 祐樹さん「二人から一文字とって祐美とかどうよ。安直だけど」
 美鈴「お二人に任せるよりよっぽどいいですね」
 祐一「俺の考えた殺村凶子とかどうだよ!」
 レミリア「ダメね、ここは私のシュトレンバッハ・メイリ二世ね!」
 二人「やめて!」

 バリバリバリバリ。キャーヤメテー。相変わらずうちの店では、ミクのマジックテープ式が店内放送でかかります。というか、かかりすぎ。


>朔さん
>誤字は送ったあと気付いてました(笑)携帯の言葉予測恐ろしや。 あまりの駄文に優しい言葉を頂いた僕はどうすればいいのでしょう?とりあえずジャンピング土下座からフェイトさんのスカートめくりを敢行しますね。・・・ところで何故僕に向かって桃色の光線に乗った人が突撃ラブハートなんでしょう?
>ついでに祐一のスペカ(仮案)
>瞬符「速さが足りない!」 斬符「八閃 弐ノ太刀」 王符「マゾの救世主」 恋符「ラブメイカー」
>ちなみに祐一が「ラブメイカー?冗談じゃない!」なんて言ったせいでえーき様に説教されました。 その説教も端から聞けば顔を赤らめながらの恥ずかしいものだったので現場の窓には黒い羽があったとかなかったとか。

 最初のスペカは兄貴のっぽいですw 二つ目は斬魔剣おいしいです^q^ 三つ目はちょっと危ない。四つ目……何をいっとるかねチミィ、うちの祐一君はそんな事しなry
 あと、ラブメイカーは元ネタはどう見てもラフメイカーですねありがとうございますw


>輝夜は大変なものを盗んでいきました。それは祐一の初めてです。

 輝夜「誰も盗まないわよっ!?」
 祐一「盗むんじゃなくて頂かれたんですね分かります」


>ちなみに、美綴さんの移動手段は腰が痛くて立てない為、エミヤンのおんぶです。

 綾子「あー、楽だわ……衛宮、これからもタクシーよろしく」
 士郎「人の背中をタクシー代わりにするな」

 ふと、スクライドの君島を思い出した。あれは泣ける。


>ホン・ミリン「(ブンヤの質問に対して)昨夜、紅魔館の図書館から聞こえた複数の(4人かな?)嬌声は人里にまで聞こえたそうですよ。ちなみに咲夜さん祐一さん夫妻は昨日は泊りがけ朝帰りでしたし。皆さかんですねー。あと、私は門番でも中国でもないんでお仕置きはしないでくださいね」

 美鈴は俺と一緒に門番して、イチャイチャするから問題ないよ!


>ヨウム「結婚式、いいなぁ」

 結婚式はいつだって女の子の憧れのようです。


>歌符「俺たちの歌を聴け」

 誰かバサラとランカとミンメイとシェリル呼んでこーい。


>幻想郷は理想郷。ある意味、セイバーが寝ててもおかしくは…ない?

 そもそもアヴァロンの場所が日本じゃない件。迷い込んだら別だね!


>なのは「せーかーいでー、いちーばんフェイトちゃん。そーゆーうあつーかいここーろえーてーよね」
>祐一「その1、いつーもと違うアクセに気がつくこと。その2、ちゃんと真っ赤になるまで褒め倒すこと(なのは)いいね。その3、フェイトの一言には三つ以上の言葉で返事すること」
>なのは・祐一「わかったら俺たちの愛をなんとかして!」

 フェイト「自重してお願いだから……」
 二人「無☆理」


>黒「い、い、いもこう、呼ぶと元気。い、い、いもこう、蓬莱ミルクー」

 一体なんぞ。


>キタキタオヤジが幻想郷入りしたようです

 幻想入りした瞬間に隙間送りにされて返却されたようです。


>聖樹さん
>雪夜続き見たいです。早く書いてー

 いつになるかわかりませんが、完結はさせたいです。頑張ります。


>フェイトちゃんの安息の地その1、「水瀬家」に到着しました。

 秋子「あら、可愛いお客さんね」
 フェイト「あ、と……お邪魔します」
 秋子「ふふ、いらっしゃい。黒桐君から話は聞いてるから、ゆっくりしていってね。紅茶とコーヒー、どっちがいいかしら」
 フェイト「じゃあ……紅茶で」


>BADENDだと?電源切れ!

 ですよね。負けてそのまま続けるような根性の持ち主、いるはずもなし。ゲームって便利!


>アーチャー「ふ……ふふ……こうなったらとことんやるまでだ……」<包丁片手に昏い笑みを浮かべて
>妖夢「ど、どうしたんですか、アーチャーさん!? それに、この大量の食材はどこから持ってきたんですか!?」<台所を埋め尽くす食材に驚愕
>アーチャー「……ここまであっさり食いつくされ、俺はずっと料理を作りっぱなしときた……ならば、一度で済む量を探し出してやる!! ちなみに食材は自己調達だ!!」<何やらぶつぶつ言い始める
>妖夢「アーチャーさん!! 落ち着いてください!! 一人称が変わってますよ!?」
>アーチャー「―――俺の本気を見せてやる!! 無限の料理(アンリミテッドクッキングワークス)!!」<凄まじい勢いで料理を始める

 アーチャー「……ふ、これで一日二日は持つだろう」
 妖夢「すごい数ですね」
 アーチャー「すまんが、後は任せる。私は……一日寝て、一日ゆっくりすることにする」
 妖夢「はい……その間、何かあればこちらで応援は手配しておきます」
 アーチャー「助かる。では……がはっ」


>そういえば元々フェイトは祐樹さんの嫁だった気が・・・

 そうですが何か。でもなのはのキャラ皆好きだよ! シャマル先生とかシャマル先生とかシャマル先生とか!


>そうか……バッドエンドのネタが尽きたか……けーね先生の愛の頭突き(角有り)にすれば良かったの(コンコン)誰か来たようなので失礼

 別に尽きたわけでもなし、出してるわけでもないよ! バッドエンドはその時のノリと気分で考えてるだけなんです。今回はポケモン関係の動画を結構見てたので、それでこんなかんじに。なのはさんの砲撃よりマシd(桃色の砲撃


>小悪魔を従者にした場合、祐樹さんは美鈴に勘違いされてフルボッコされるんですね

 馬鹿いうない、美鈴は嫁。小悪魔は弄り要員にきまってるでしょうに。まぁ、たまに悪戯しちゃう気がするけど。そして美鈴に嫉妬されて祐樹さんウハウハ。


本日の教訓。「首も痛い。頭も痛い。肩も痛い。もう全身痛くていいよ」

 とりあえず、ゆっくり寝て治しますぜ。治ればいいね。

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

そろそろSS書くか……。

 特に書くことないなぁ。強いて言うなら、とりあえず軽くSSを書く準備をし始めたってことですか。

 雪夜と散策、両方のメモ帳を開いて書いてます。気が乗ったほうを書く感じですが。雪夜はここから先は完全に手付かずでしたからねぇ、修正よりもやすやすいかもしれません。
 正史とは違う方向に進む予感。まぁ、二次創作な以上何を当たり前なという。たぶん、最終章までそこまで長くならないと思うんですが。頭の中にあるストーリー上だとね。

 散策もそろそろラブラブキッス大作戦改を終わらせないといかん。基本的に祐一は黒幕とか大好きな人間なのです。


 Web拍手レスコーナー。


>案外お嬢様と祐一はネーミングセンス意気投合しそうだよね

 祐一「運命『ミゼラブルフェイト』ってなんかいいな」
 レミリア「あら、このネーミングを気に入るなんてわかってるわね。ちょっと自信あったのよ」
 祐一「俺はスペカを作ろうとは思わないけど、仮にあったらなんてつけてたかなぁ」
 レミリア「私のネーミングセンスをわかるのだから、貴方のもきっとすばらしい名前になるわよ」


>幹也「あれ、羽織袴なんて届いてる。手紙もあるね。えっと、実家から? 『兄さんも大人なんだから、着付けの練習位しておくこと!!』だって? ……別にスーツだから良いのにな……でも、せっかくだし、試しに着てみよう。鮮花に怒られたくはないしね。」<羽織袴に着替える
>式「……幹也、一体何の真似だ?」<玄関先で羽織袴に着替えた幹也を見て
>幹也「鮮花に着物の着付けぐらいできるようにしろって言われてね。で、出来なかったら怒られそうだし、練習しておこうと思ってね。」
>式「何だ、そんな事か。……幹也、どうかしたのか? 何でそんなに笑ってるんだ?」<笑顔の幹也を見て不思議そうに
>幹也「うん。今日試しに着てみて良かったって思ってね。だって、これなら式と和服同士でお揃いだから。」<楽しそうな顔で

 式「……お前は、なんでそう恥ずかしい台詞を臆面もなく言えるんだ」
 幹也「? 恥ずかしいかな。僕は思ったこと言っただけなんだけど」
 式「わかってたことだけど、お前やっぱ変だ」


>安息の地を探しに出かけます フェイト
>なのは「祐一さん、フェイトちゃんがいなくなったの!」祐一「問題無い!知り合いに凄腕の人間がいる!」
>移動中
>祐一「橙子さん、幹也いる?人探しを頼みたいんだけど」橙子「ん?黒桐なら今朝から式と金髪美人の外人さんと出かけてるぞ?「安息の地を見つけてほしい」という依頼でな(現在午前十時)」

 祐一「ちぃっ、どこからか情報を手に入れたのか。まずいぞ、あの人が本気になったら本当に見つけられない場所を探し出すかもしれん」
 なのは「早く探しにいかないと!」


>鈴仙「いやあああああああああ!!」
>宝石「まてー」
>マッド「何遊んでるのよ、うどんげ」<飛んでいた宝石をつかむ

 鈴仙「あ」
 ルビー「ほほう、これはまた屈服させがいのあるお方。こういうSっ気の強そうな人ほど、Mとしての資質が強いんですよね。じゅる、獲物を前にして思わず涎が」
 永琳「な、何か寒気が」


>STS原作に修行の旅として行ってしまったSヴィヴィオ、それを心配する親たち。そして幻想郷からひとり派遣することに、とある兎詐欺によるくじびきで鈴仙に決まりました。Sヴィヴィオとは意外と仲がいい。主にいじる人といじられる人っていう関係で♪

 鈴仙「ヴィヴィオ、元気?」
 Sヴィヴィオ「あ、鈴仙お姉ちゃん。久しぶり、どうしたの?」
 鈴仙「ヴィヴィオが心配だから見に来たの。両親二人とも心配してたし」
 Sヴィヴィオ「そっか。お姉ちゃん、またてゐちゃんにはめられたんだね」
 鈴仙「な、なんで?」
 Sヴィヴィオ「だってそんな空気出してるから。私がからかったときと同じような顔してるし」


>幼祐一「やーい!お前(うどんげ)んち、うっさぎ屋ー敷ー!」

 鈴仙「……いや、確かにそうだけど」

 カンタァァァァァァァァァ!!


>ヤンデレ好きには黒薔薇を<花言葉「恨み」「憎しみ」「貴方は私のもの」など

 チルノにはヒマワリが似合いそう。笑顔的な意味で。


>祐一と咲夜さんの二人が新婚旅行に行ったそうです。いった場所は海鳴で噂の美味しい喫茶店翠屋とかいって料理スキル上げる咲夜さんとか……祐一をV祐一とかんちがいするなのは達とかね

 なのは「あ、あのときの吸血鬼さん」
 フェイト「また来たんですか?」
 祐一「……すまんが、俺はいつ人間をやめたんだ? 少なくとも、俺はまだ人間のつもりだぞ?」
 二人「あれ?」
 祐一「というか吸血鬼て。爺さんじゃあるまいし、なる気は今のとこない。人間っていいな」


>面白いものを見つけました。 つ「召喚呪文メーカー」

 これはひどい。なんか祐樹さんは得体のしれない機関身をゆだねて、渋々参上するそうです。


>ksさん
>祐一、もし幻想郷で永琳とか永遠を生きる人と恋人になったらどうする?永遠を共に生きるのかそれとも人として生きて死んでいくのか。どっちを選ぶ?

 祐一「なんとも言えん。ただ、今のところは死ぬ人間をやめる気はない。未来の話はわからんけどな」


>祐一もう直ぐバレンタインだな、果たして何個貰うやら。(早苗・咲夜・レンは確実だろう♪

 祐一「……ジョニーチョコは勘弁してくれ」<頭を抱えて


>これで勝つる…時々見かけるこの言葉について調べてみた……こんな嬉しいことはないよララ。僕にはまだ帰れるところがある!僕はまだそこまで重症じゃないんだ!!

 メイン盾きた! これで勝つる! まぁ、祐樹さんもそこまでブロンティストではありませんがw そこまでわからないしね、ブロント語。


>ういんぐさん
>魔理沙の日記より……○月×日パチュリーの所に本を借りに行っていつのも通り弾幕ごっこに。…負けた。弾が当たる前に私は見た…咲夜が手を貸してた。…2 対1は卑怯だろ。目が覚めたら、ベッドの上にいた…生まれたままの格好で。パチュリー曰く「こっちが負けたら本を取られるのに、そっちが負けても何にも取られないのわ不公平だから…」との事…。今度はパチュリーに今日された事を10倍にして返してやる!明日から誰にも気付かれないように特訓だ!

 魔理沙は大変なものをもってかれました。それは魔理沙の初体験です。そこまでよ!


>ニジエキは評判の悪いサイトのようです。リンクを考え直したほうがいいかもしれません。

 んー、確かに理想郷の掲示板を見た限り何やら不穏な。確固たる証拠がないのでなんともいえませんが、一時的にリンクを切断するべきかもしれませんねぇ。
 ただ、同一人物の疑いが濃厚ですが違うとも断定しきれないのがちょっと。とりあえず、一時的にリンクをきりますか。とか思ってたら、閉鎖してますな。真偽は一体どこへ消えるのか。


>若本愛好家さん
>ゾットは若本様では無いです(笑)あれはベルセルクに出てくる、超ガチ筋肉戦士(怪獣)です。
解らなかったら一度読んでみてください。意味が解ると、ヴィータの下りに吹き出します

 ベルセルクは名前だけ知ってるなぁ。ていうか、MUGENのガッツさんの召還するモンスターがそんな名前だったような。


>いあいあ、騒乱伝は日記上で更新してるんで 騒乱伝見てる人≒日記見てる人という関係が成立すると思うのですよ ということは 騒乱伝見てる人≒日記見てる人=小ネタ送る人 つまり、騒乱伝見てる人≒小ネタ送る人だったんだよ!!
>まぁ普通に、拍手に小ネタが多いから感想を書きづらいという雰囲気が出てるのもあると思うけど

 たまには掲示板のことも思い出してあげてください……(´;ω;`) 何のためにあるのか彼は悩んでいるんですwwww


>体重計・・・ セイバーはむしろ増えてると喜びそうな気がするなぁ・・・ ほら、剣と自身の重さで叩き切る剣技だし、体重が軽いのはあんまり則してないというか

 セイバー「まぁ、確かにそうですが。それでも……あまり自分の体重が増えることは好ましくないですから」


>朔さん
>?「やぁ少年、こんなとこで一体何をしているのかな?危うく踏んでしまうところだ。」
>?「・・・それは踏んでから言うことじゃないと思うなぁ。」
>青子「おっと、そうだった。私は青崎蒼子、君のお父さんの友人だよ祐一君。好きに呼んでくれてかまわないけど名前で呼んだらコロス。」
>祐一(幼)「・・・ニヤッ じゃあ、あおあおだn蒼子「死にたいの?」ヤダナァジョウダンデスヨ。」
>蒼子「君はどこか憎めないから性質が悪い。まったく、要らないとこが父親似だな。とにかく私は魔術師としての講師として呼ばれたんだ。みっちり調教してあげるから覚悟しなさい。」
>祐一(幼)「ありがとう、お姉ちゃん!(キラースマイル」
>蒼子「(バキューン)ひねくれてると思えばかなりかわいいじゃない、この子・・・(ボソ」
>祐一(幼)「何か言った?お姉ちゃん?」
>蒼子「(ドキューン)・・・」(ゆらり)
終始思いつきで書いた。祐一(幼)×蒼子(激甘変貌)が見たかったんだ!変なのは睡魔のせいなの。続かないと思うのでテキトーに締めてくれたらありがたいです。修正も加えていただけると・・・ゲフンゲフン。
>後悔しか出てこないorz

 青子さんの話し方が橙子さんにしか見えない件w あと、字が違うと突っ込んでおくんだぜ? 文章は要修行。日々これ修行でござる。バング殿ー!


>そして、アーチャーは夕餉(?)に間に合わなかったと・・・

 アーチャー「む……? な、いつの間にこんなに暗くなっていた!?」


>紅魔館の今年の目標…A今年こそ幻想郷制覇!B愛らしい主を存分に愛でるC魔理沙は私のもの…人形使いに死をD待遇改善!三食昼寝付!!E祐樹“で”遊ぶ~さてどれが誰の目標でしょう?

 "で"の部分を"と"に改善しなければならんね。そして祐樹さんは美鈴と相変わらずイチャイチャするのが目標。


>ういんぐさん
>やごころ印の媚薬を打たれた祐一が輝夜の部屋に放り込まれた事を聞いた2人の巫女さんと紅魔館のメイドさんが祐一を連れて、祐一に媚薬を打ってくれと頼みに行ったようです…それから2時間後…
>輝夜「永琳、あの部屋から嬌声が聞こえるんだけど。しかも3人も」永琳「あら、姫様も混ざりたいんですか?」輝夜「断るわ。腰があんな事になって立てないなんて事はもう結構よ」

 数時間後、幸せそうに眠る三人と呆然とした祐一の姿が!


>みちゅじゅりんって何ですか?

 美綴さんのことです。出展は確か、氷室の天地という四コマ漫画。蒔寺がそんなあだ名で呼んでたのです。


>祐一となのはが、フェイトに放置プレイしてたら、フェイトに浮気されました。

 フェイト「しないよっ。したら相手の人の命が!」
 祐一「保障はできんなぁ。俺達のフェイトに手を出したのなら」
 なのは「楽にはしないの。とりあえず、砲撃フルコースと祐一さんの技全種類を受けきってもらわないと」
 フェイト「しない、しないから二人とも落ちちゅいて!」


>ron.cさん
>いやいや、いつも作品を楽しんで読ましていただいてますよ。このくらいかけたらなぁと嫉妬する事もしばしばで。
>それに面白かったですという感想より、ネタぶりのほうが(私の)精神的に安定するんですよ。ぱるぱる

 しかし書く速度は雀の涙もないですがね! スピードがほしいです。


>1月20日最新のギフトにある画像が見られないのですが…。(もしかして俺だけか?)後、Sヴィヴィオ日記の番外編も見れません。。

 両方とも修正しました。申し訳ありませんでした。


>嫉妬団と罪袋が手を組んだ模様。……任務了解、目標を駆逐する。リミット解除、敵ノ殲滅ヲ最優先トスル

 最後の台詞で、ガンダムベルフェゴールを思い出した祐樹さんはガンオタでしょうか。


>祐一は佐祐理さんのカリスマも壊せるのだろうか

 祐一「佐祐理さんのはカリスマというより、女神のオーラが」
 佐祐理「やぁん、祐一さん恥ずかしいですよー」
 祐一「可愛すぎてどうにかなっちゃいそうです、佐祐理さん。お持ち帰りしていいですか!?」
 佐祐理「佐祐理でよければ、もらってくださいっ」


>アーチャー「……ふむ、試作のメニューだったが……これは悪くない。さて、試しに妖夢に賄いとして出してみるか。」
>そして、妖夢に賄いを出してから30分後。
>アーチャー「さて、妖夢。感想を聞かせてもらおうではないか。」<メモをとる用意をする
>妖夢「……分かりませんでした……」
>アーチャー「む? それは一体どういうことだ?」<ペンを置いて怪訝な顔で
>妖夢「食べる前に少し用事を思い出して席をはずしたら、幽々子様に全部食べられてしまいました……」<げんなりとした表情で
>ちなみに、幽々子さんが夕食を食べ終わったのはつい10分前のことである。

 アーチャー「……彼女の胃袋は無限か?」
 妖夢「すいません、折角出して頂いたのに」
 アーチャー「君が謝る必要はないさ。何、レシピなら頭に入っているからな、もう一度作って今度こそ感想をもらうとしよう」
 妖夢「はい、その時は何がなんでも死守してみせます」


>ミスター・サタンが死んだ……だと……?

 残念でなりません。郷里さんに何があったかわかりませんが、ご冥福をお祈りしたいと思います。


>歌符「俺の歌を聞け」

 みすちーのスペカですねわかります。


>クーガーさん
>お前達に足りないものそれは情熱思想理念頭脳気品優雅さ勤勉さそして何よりも
>速さが足りない!

 本当にそうですよw 全て欲しいwww


>嫉妬団したっぱA「……噂程度に聞いていた奢り地獄があれほどのものだったとは……。満場一致で匿ってしまったよ……」へたれ「バカ者!それでは計画の意味が無いではないか!」嫉妬団したっぱB「ジャムコワイジャムコワイジャムコワイジャムコワイジャムコワイ(以下延々と)」アンテナ「こ、この症状は……!?(見覚えあり)」嫉妬団したっぱC「衛兵、衛兵はいるか!岡崎朋也を狩りにいった連中が全員ボコボコにされて辞書が刺さっていて七色のパンを口に入れられているぞ!」へたれ「ひいっ!?(経験者)」

 祐一「被害甚大だな……。死人出るんじゃないか?」


>アリスの手元に魔法陣グルグルの「あの」人形が届いたようです

 アリス「あら、かわいら」
 人形「オイ」
 アリス「し、い……?」
 人形「オイ、モンスターが来たぜ。オイ、モンスターが来たぜ」
 アリス「いやぁっ!」<投げる


>一人乗り遅れたレミリアに、祐一がお見合い写真を持ってきました。(中身は遠野志貴、黒桐幹也、朝倉純一、乾有彦、杉並)

 レミリア「……何、これ」
 祐一「俺の友人達リスト兼お見合い写真。最後の奴以外は彼女(?)もちだけどな」
 レミリア「意味ないじゃないの! いや、ていうか貴方以外興味ないのよ?」
 祐一「無茶言うな。それなら、なんとか俺を惚れさせてみろ」


>幼年祐一がラインをつなぐことに。相手にしてくれる女性がいるかどうかで困るが、みんなの前で一言。「皆・・・・・・ボクとじゃ、嫌?(恥ずかしそうに、上目遣いで)」幻想郷「ぐはあっ!」

 ショタに手をかけたらいけません。


>えーりんの薬で中年祐一登場。ダンディな魅力に、フランが思わず「え、あっ・・・・・・お父さん?」

 ダンディ祐一「流石にお父さんって呼ばれるのには抵抗があるなぁ」
 フラン「ごめん」
 ダンディ祐一「まぁ、それだけ魅力的な男だってことだな! ふっ、流石俺。ダンディッ!」<ポーズ


本日の教訓。「文章力低下してる気がする」

 たまには別のもんを書くべし、と今影でいろいろやっとります。実行されてるけど、完成は未定だぜ。

また偉大な先人の方々が。

 声優の田の中勇さんと、郷里大輔さんが相次いで亡くなられたそうです。

 田の中さんは目玉の親父、郷里さんはロビンマスクまたはミスター・サタンで有名だと思います。まぁ、祐樹さんは二人の名前をキャラ名から判断していたんですが……それでも、有名なキャラの声をしていた人が亡くなると悲しいものがあります。去年の初めには市川さんも亡くなられましたし。
 人間である以上、死ぬという現実からは逃れられないとはいえ、その時が来ると虚しくなります。郷里さんに至っては、自殺だったかもしれないという事実もありますし……。一体、何があったのでしょうか。
 それを詮索することはできません。今できるのは、田の中さんと郷里さん、お二人のご冥福をお祈りすることだけです。


 一週間の間、更新はおろか執筆もしませんでしたがWeb拍手のコメントなどは全部確認させてもらっていました。ブログの方もちょくちょく書いてましたが、基本RO優先の生活でしたので申し訳ない。
 それほど熱中していたわけではありませんが、後半はラストスパートとばかりに必死で狩りの時間。おかげでいろいろなキャラがレベルあがりました。

 アサシン 79→81 ブラックスミス83→88 プリースト 74→83 チェイサー→JOB65→67

 こんな結果。アサシンは錐でスリッパ師匠狩り。まぁ、火付与がないので毒付与での狩りでしたので、被弾率高めの魚食いまくりでした。
 ブラックスミスは時計塔地下4Fでバースリー狩りで85、残りはモロク拳聖狩りにして88に。プリーストは最終日にアヌビスTU狩りで必死でした。途中、深夜に休憩してたら神器クエがきたので急いで参加。
 結果、スドリに苦戦するもなんとか突破し錐をゲット出来ました。まぁ、買っちゃったから売りなおすためにゲットしたんですがね。雪辱は果たせました。結局マイナスにはなるだろうけど、錐を売ってお金作らないと。
 チェイサーに関してはモロク拳聖狩りでジョブを67まであげて、Gv用のフルストリップが完成。BASEレベルはいまだ95どまりですが、なんとかオーラまで持っていきたいですね。ジョブはシャドウチェイサー前提スキルの入手ぐらいですが……脱衣がなければ、弓用スキル全部取りたいとこです。可能なら短剣にステを振りなおしたいw

 1.5倍は終わりましたが、まぁまた四月か夏ぐらいにくるでしょう。転生キャラは今のところチェイサーだけなんですが、ブラックスミスもオーラの射程圏内にきてるので次はホワイトスミスでしょうかね。後はアサシンとプリーストも結構あがってきたので、がんばれば転生できるやも。まぁ、かなり時間はかかるでしょうが出来ないことはないですしね。


 毎週火曜日は祐樹さんバイトお休みの日(例外はありますが)です。今週は外付けHDの中の音楽ファイルをジャンルやら作品やらの枠に分別する作業をしてました。ある程度妥協しつつとはいえ、ファイル数とフォルダ数が多いので疲れるわ疲れるわ……。
 でもやっとけば、後でこの音楽ファイルどこにあったっけってなったときにわかりやすいですからね。皆さんも、PC内部の整理整頓はこまめにやるのが一番です。祐樹さんみたいに苦労するから!w


 Web拍手レスコーナー。


>宴会で酔いつぶれた二人の祐一。V祐一を目的とする小悪魔とSヴィヴィオがにらみ合う。祐一は普通に咲夜さんに早苗さん、霊夢といったメンバーの枕になってます。

 Sヴィヴィオ「やっぱり諦めきれないから……!」
 小悪魔「いくらヴィヴィオちゃんでも渡しませんよ!」

 祐一「……お、重い」<魘されつつ
 V祐一「……うぷ」


>祐一が咲夜さんとヴィヴィオを連れて、あきこさんに結婚の報告にいったそうです。すでに父親には報告済み、しかも前の拍手のネタで秋子さんも知ってたらというムチャぶりお願いします!
>祐一と咲夜さんがぱーとn
>みす、祐一と咲夜さんがパートナーであきこさんもそれを知ってたらという意味です。ムチャぶりお願いします!

 秋子「あらあら……やっと一緒になれたんですね、祐一さん、咲夜さん」
 祐一「秋子さん、知ってたんですか?」
 秋子「義兄さんから聞いてましたから。おめでとうございます」
 咲夜「ありがとう、ございます」
 ヴィヴィオ「祐一パパ、咲夜ママ、この人誰?」
 秋子「初めまして、ヴィヴィオちゃん。祐一さんの知り合いの水瀬秋子よ。よろしくね」

 以下、各自妄想しちゃってくださいな!


>そういえば、以前の拍手レスのSヴィヴィオの所有スペルカードの中でものスゴイの二つあったよね、マスパとフォーオブアカインド……この二つ混ぜたらヴィヴィオの火力は鬼になるのでは?

 四つの分身からマスタースパーク。恐ろしい。ヒュッケバインガンナーのGインパクトキャノンみたいなもんですねわかります。


>むしろ、フェイト:ウェディングドレス、祐一なのは:タキシードでok

 フェイト「違和感ないのが怖いよ……なのは」
 なのは「フェイトちゃんは私の嫁だからこれでいいの。私はフェイトちゃんの夫」
 祐一「そして俺もフェイトの夫。でもなのはも好きだし、二人とも愛すぜ!」


>月曜日:パチュリーと魔法談義。
>ミス 月曜日:パチュリーと魔法談義。夜は、綾子(メイド服)も混じってラインの調整。 火曜日:魔理沙と魔法の森できのこ採集。夜は、綾子(半そで+ ジーパン)も混じってラインの調整。 水曜日:アリスと一緒に人形制作。夜は綾子(針子服)も混じってラインの調整。 木曜日:パチュリーと優雅なお茶を楽しみながらフランに本を読む。夜は綾子(メイド服)も混じってラインの調整。 金曜日:魔理沙と弾幕勝負。夜はたまたま来ていた文と綾子(弓道着)を混じえてラインの調整。 土曜日:アリスと一緒にお菓子作り。夜は綾子(エプロン)も混じってラインの調整。 日曜日:パチュリーに、一日中求められる。夜は綾子(メイド服)、アリス、魔理沙も混じってラインの調整。  これが、衛宮士郎の1週間の予定。士郎君にはまだまだ余裕があるそうです。
>綾子さんは、士郎つきのメイドとして紅魔館に雇われたそうです。

 むしろみちゅじゅりんの無限の体力に脱帽。士郎も良く体力続くなぁ。流石、型月主人公は絶倫だぜフゥーハハー!


>「紅く」で思いついたものは血と紅赤朱。ここから連想して赤朱秋葉に。

 ヤンギレというジャンルですねわかります。


>そうだ祐一結局カレーは食えたのか?(まぁ、早苗や咲夜なら作れるだろうけど。w

 祐一「ゆかりん脅迫して、士郎のとこまで帰って、士郎に作ってもらった。うまかった、満足した。でも今度は麻婆豆腐が食いたくなった。無論、普通のな」


>何か最近祐一じゃなく士郎に成りつつあるなぁ…。どうにかしないと。ww

 祐一「良かったじゃないか、士郎。お前の時代がやってきたな!」
 士郎「良くねぇ! 俺まで妙な被害に遭うから嫌だ! そういうのは祐一の役目だろ!?」
 祐一「マテ、その発言はスルーできんぞ!?」


>祐一「大ちゃんのミルク、大ちゃんの活け作り、チルノアイス、大変おいしゅうございました」

 大妖精「誰も食べさせてません!」<真っ赤
 チルノ「大ちゃんミルクなんて出せたの!?」
 大妖精「だだだだだせないよ!」
 祐一「冗談だ」


>今年の冬、しなやかな筋肉でコーティングされた足を持つ智代が満を辞して登場

 智代「……寒いな」<太腿を摩りながら


>ちゅー

 べ、別にアンタが好きだからするんじゃないんだからね!? 練習よ、練習。だからこれはノーカンなんだから! とツンデレ娘さんとしようと思いねぇ。


>ssの感想は日記以外の更新が最近ないからだと思うよ 日記見てる人は小ネタ送るだろうしね
>ぇ、正論言ったつもりなのにお話されるんd

 あまりに正論すぎると、なのはさんはお怒りになられます。まぁ、騒乱伝とか割と最近更新した気がするんですがねw 雪夜? 気長にお待ちください(’’


>すいません、?ばっかしかないコメントですが、多分俺です。しかも何回か送ってます。何か携帯から拍手コメントが数週間前に送れなくなっちゃいまして、最近になって送れるようになったみたいなんですが、以前は普通に送れたのに今回は何故か文字化け起こしたみたいです。いくつかあると思うので文字化けしてたら返信はいらないです。すみませんでした!

 おk、把握した。了解です。


>夢はレム睡眠時であってますよ、脳がある程度覚醒しているから夢を見るらしい、まあノンレム睡眠時にも夢を見ることはあるらしいけど、こちらはまったく記憶に残らないらしい・・・

 ほとんど記憶に残らない夢なら見たと思います。


>ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~♪<スターライトブレイカーを打ち返す

 ドクロちゃん懐かしいw さくら君があまりに不憫で途中で読めなくなったんだよなぁ。


>ういんぐさん
>黒い魔王「はやて、俺達は仲間だと思ってる……」白い魔王「これからも仲良くしていきたいの……」魔王’s「だから……解ってくれるよね?(笑顔)」……H氏(プライバシー保護のため本名は伏せてます)「……あの日以来フェイトちゃんの胸を揉むのはやめる事にしたんやで……(遠い目で)」

 はやて「あの時は本気で死ぬかと思うたわ……あの二人、本気なんやもん」
 ティアナ「ならしなけりゃいいじゃないですか」
 はやて「いや、だってそこに胸があったら揉むやろ常識的に考えて……」
 スバル「ですよね!」
 ティアナ「そんな常識は捨ててください!」


>フェイトちゃんの初めては実ははやてに奪われておりましたとさ

 はやて「ちょぉっ!? 変な嘘つかんといてくれへんか! そんな嘘、真に受けられたら私の命なんか風前の灯どころか燃え尽きる寸前のマッチレベルやん!?」


>朔さん
>朔「もしもし、僕だが。先程ついにフェイト嬢が魔王&冥王の羞恥プレイに耐えかねて怒れる萌え兵器と化したよ。余りの破壊力に次元が一つ歪んでしまうくらいのね。」
>朔「本来ならその歪みは時空管理局が直すべきなんだが・・・なんと彼らも一部始終を見てしまったらしく鼻血の海に沈んでいて役に立たないんだ。このままじゃ歪みが隣の世界とくっついてしまい、更にその余波で何が起こるか分からない。」
>朔「そこで君達の出番だ。最早次元結合は免れないだろうが、その世界に調和をもたらして貰おうと思っている。」
>朔「健闘を祈る・・・幻想のあやかし達。」
>しかし次元結合によって起きた弊害は祐一の幼女化だったので、時空管理局チームVS幻想郷チームVSネギまチーム(結合した世界)のピンク色豊かな聖杯戦争が勃発しました。ちなみにネギ君は何の因果か狐耳(略)姿だったり。

 誰もいえないだろうと思うので、僭越ながら祐樹さんが。

 そこまでよ!


>恋に恋焦がれ恋に泣く

 そして恋に恋する。


>む、祐樹さんはオーフェン無謀編をあまり読んでないな。無能警官バリアーは使用回数っぽいものありますよ?

 その気になれば、使用回数などごまかせるのです。ほら、使えなくなった物体でも盾とか障害物として使えるでしょうw


>こいつを見てくれ、之を・・・  http://www.youtube.com/watch?v=E97NIDkUohU&feature=rec-fresh+div-r-7-HM

 幻想郷の字が違うwwwww


>騎士王、桜、凜、ゆゆこが体重計に乗ったようです。

 セイバー「いつも通りですね」
 桜「……少し増えてる」<愕然
 凛「ふふん、いつも規則正しい生活を心がけてるからそんな不甲斐ない結果なんか――」<凍結
 幽々子「乗ったけど何も起きないわよぉ?」<幽霊なので


>フェイトの唇をなのはと祐一が争っているようですが胸に関する領土争いははやてとスバルで仲良く一つずつ分割された模様です。ちなみにエリオはキャロとルーテシアがっちり腕をホールドして参戦を断念!しかし彼自身が新たな火種であり大岡裁きを知らないミッドの少女達が怪獣もどきを召還するか否かは……?

 エリオ「あの、大岡裁きって?」
 祐一「あぁ、一人の人間を二人の人間が両手を引っ張って奪い合うんだが、それを先に離した方が勝ちみたいなもんだ。その間、引っ張られる人間は死ぬほど痛い」
 エリオ「嫌ですよ!?」


>ういんぐさん
>紫「ここの貴方は普通なのね」祐一「突然で出来て、いきなり何を言うんだ?」紫「別の世界の貴方は女の子と手を組んで1人の女の子を手篭めにしてたわ」祐一「ぶっ!別世界の俺!自重しろ!」……別世界の祐一「だが断る!自重だと?そんなことをしたらフェイトといちゃいちゃが出来ないじゃないか!」

 祐一「これはひどい」
 紫「よねぇ。一体何を間違えたのかしら」
 別祐一「何も間違えてない。フェイトへの愛があふれた結果がこれだよ!」


>うどんげの耳を引きちぎろうとする幼祐一、再会して大人になっても引っ張りまくる祐一

 鈴仙「ちょ、やめてっ、やめてってばっ!」
 祐一「これやると落ち着くんだから仕方ない。許せ」
 鈴仙「仕方なくないっ」


>俺のやっとった東方人形劇のEまりさはLv65ですばやさ210だった
>高難易度版のFまりさはLv100ですばやさ312、ちなみに現在の最高はFまりさのとくこうの459、FレミリアLv92を100まであげたら攻撃
>477まであがった。星蓮船出たから図鑑完成させるためにまたやらないとw

 レベルあげしんどいですよねぇ、ポケモン系列。美鈴は必死であげてました。そしてレベルあげと言えば、ラグナロクオンライン。しんどいです。


>若本愛好家さん
>紐糸やブァイ、おもしろすぐる(笑)特に
>す「この子の名前は?」
>オリ「ゾット」
>この下りで私の腹筋はぶちまけました。

 あれって若本ネタだったのですか。妙な名前にするなぁ、とは思ったんですがw 


>ダンボール箱はある意味世界最強のステルス迷彩だと思う

 でも実際、ダンボールがあったら持ち上げたくなると思う。特に戦場の真ん中近くにダンボールなんてあったらそりゃ持ち上げるってもんでしょうw
 MGS2でのダンボールは迷彩としては優秀でしたが。


>豊姫様が幼祐一を連れて帰りました

 豊姫「あぁほらっ、逃げないのっ」
 幼祐一「やなこった! おれはまだ暴れたり無いぜ!」


>妖夢「あ、アーチャーさん!! 材料が足りません!!」
>アーチャー「何だと? ……この時間となると殆どの店は閉まっているな……何が足りない?」
>妖夢「味噌煮込みに使うサバが足りません。……ってアーチャーさん、何をするつもりですか!?」
>アーチャー「知れたこと。魚が足りんのなら釣ってくれば良い。待っていろ、山ほど獲ってきて見せよう。」<釣りプロスタイルに着替え、生き生きとした眼で

 アーチャー「ふはははは! 二十四匹目フィィィィィィィィシュ!!」<ハイテンション


>合体符か……魔理沙と文で 兄貴『速さが足りないLunatic』とか

 クーガー「遅すぎるわっ!」


>ジンキの新刊でたww。そして両兵死亡orz。俺は何を楽しみに生きていけばいいんだw。

 ジンキエクステンデッドでしたっけ? 何やら改造人間的な名前ですが。楽しみか……祐樹さんはMUGENで楽しみにしている動画と、紐糸日記、ムゲフロEXCEED、そして杉田のアニゲラ!ディドゥーーンで楽しみを持続させてます。後は寝る。


>情報屋さん
>……申し訳ありません、陛下。嫉妬団とかなのる不貞の輩に、黒い魔王コレクション天の巻を奪われてしまいました。下手人は金髪でアンテナと、金髪でヘたれっぽいのです。

 祐一「北川はわかるが、へたれって誰だ……? というか、なんで俺陛下扱いされてるんだ。別に王の器でもあるまいし。まぁいいや、とりあえず北川は締めるか」


>レミリア「カメンライダーチップスくらいの価値しかない祐樹はもういいわ。祐一あなたの答えを聞かせて頂戴」

 祐樹「絶望した、あんなやすもんレベルしかない自分のレベルに絶望した!」<脱兎
 祐一「あーあ……。そして答えはだが断る! 俺はまだ束縛されるわけにはいかないんだぜ!」


>どろり濃厚オレンジ邪夢、魔理沙、飲む?

 魔理沙「お断りだぜ!?」


>1月17日またこの日が来たか

 阪神淡路大震災の日、でしたか確か。もう十五年も前の出来事だったんだなぁ……。当時小学生だった自分は、親の騒ぎ声で目を覚ましたのですが、その後すぐに寝入ってました。相当すごい出来事だったはずなのに、よほど眠かったんだろうな。
 まぁ、起きたのが朝早くだったからでしょうけど。


>雷電さん
>送信途中でフリーズしたのでもう一度    声優の郷里大輔さんが死んじゃったそうです。あのミスターサタンやドズル·ザビの声が聞けなくなったのは残念です。(´·ω·`)

 日にちが先のコメントですが、時事ニュースなので優先で載せました。郷里さんの訃報は突然すぎて、本当に残念です。サタンにドズル、両方とも好きだったのですが……。今でもドズルの、やらせはせん、やらせはせんぞー! は脳内再生できます。
 本当に亡くなられてしまったんですね。ご冥福をお祈りするばかりです。


本日の教訓。「偉大な声優がまた一人、この世を去ることが無念でなりません」

 次の日記は早めに書こう。あ、Web拍手の中身ですがあと少しでできそうです。

ノートパソコン降臨フラグ

 RO用に、ノートPCを頼みました。ドスパラにてRO推奨モデルがあったので、少しカスタマイズして注文。これでさらにガン畜として一歩を進めてしまった祐樹さんです。お金ないのにね……友人と親が返してくれれば問題ないんですが。
 それと、今週から一週間、ROでは経験値1.5倍がやってきます。あぁ、またやらないとなぁ。アサシンとかプリーストとかあげないと。なんだかんだでそんなにやってないですからねぇ、こういうイベント時に。せっかくノートPCを頼んだんですから、こういう時に効率よくあげないと。

 ただ、プリーストは動きが苦手。人への支援とかあんまりやったことないから、難しいんですよね。マウスもちょい動きにくいので。光学式+無線型とはいえ、なんか流れていくので。これも全て祐樹さんの動かし方が下手なのがいかん。練習するしかないんだけどねぇ。


 成人式、相変わらず中身が伴わない阿呆な奴らが暴れたみたいですね。本当に下らない存在としか言いようが無いなぁ……ほんと、滅びればいいのに。皆でわいわいするのはいいが、少なくとも人様の迷惑にならないよう、自分だけに被害が行くところで騒げと。
 あれが大人なのかと考えると、正直身の毛のよだつ思いです。祐樹さんも決して大人とは言いがたいですが、少なくとも良識ある行動を心がけて……ると思う(ぉ しょっちゅう滅びればいいのにとか、屑がとか呟いてるから自信はない。ただ、自分がそう思うのは人様に迷惑をかけてる相手だけなんですがね。そういう輩は本当に滅びればいいと思う。
 そういう奴らは新成人として認められなければいいのに……。まったく、見ていて反吐がでます。


 Web拍手レスコーナー。


>情報屋さん
>か、隠れ家まで破壊されたorz。こうなれば秘蔵のレミリャの恥ずかしい写真を黒い魔王閣下にお渡しせねば。……前回は伝書鳩で失敗したし、さて、次はメールにしてみるか~。な、お前はレミリャ!?あ、タイム。攻撃やめてw。ええい、私が気絶するとそこの壊したらカリスマブレイクされてドリフみたいな事が起きる呪いのかかったPCから陛下に向けて『レミリャ、フランに胸の大きさを越されてへこんでる写真が自動的送信される手はずになっている。
>それでもいいなら攻撃してみろ。……死んでも送信されるからね。ははは、この壊したらカリスマブレイク以下省略PCは壊せるものなら壊してみるのだなww。

 レミリア「……こうなったら、祐一もろとも滅ぼすわ」<目が据わって
 祐一「わぁい、レミリアちゃんの暴走だー!」<脱兎


>朔さん
>よく考えてみたらあの夢が初夢じゃないか(笑)これはヤンデレ街道を突き進めばいいのか!?
>め「私は気を扱う妖怪です、その気になれば狂気すら操れるんですよ。しかし私はあなたの愛を束縛しません。何故だか解りますか?」
>め「それは、貴男がもう私だからですよ。・・・ふふ、未来永劫を共に生きましょう。もう私達は紅美鈴であると同時に神薙祐樹なんですから」

 祐樹「でもそうなるとイチャイチャできないよ」
 美鈴「あ、それもそうですね。じゃあこの案は却下しましょう」
 祐樹「ヤンデレは萌えないからね。美鈴は普段の美鈴が一番だよ!」


>いやあ、夢を見れるのはいいことですよ、よくわからない内容だって楽しいですしねww

 だよね。でもあんまり夢見れないからなー。あれってレム睡眠時に見るもんでしたっけ。


>今年の初夢はなぜかラーメンを食ってた、起きたらそのままカップラーメン食ったよ
>でもなんでラーメンだったんだろ?無意識に食いたくなったのか、こいしのせいなのか?

 こいし「私のせいにしないでよー」


>ksさん
>ゆかりんが路地裏同盟(吸血鬼組)に興味を持って戦いを挑む→さっちんの固有結界で力が消える→祐一に甘える→えーりんがそれを見る→戦いを(ry→祐一に(ry
>そのときの会話抜粋
>紫「面白いわね、あなたたち。それほどまでに早く親の支配から逃れられるなんて。」
>さっちん「えっと、あなた誰ですか?」シオン「さつき、離れて!それは人間じゃありません!」さっちん「ええ!?」
>紫「あら、それだなんてひどいわね。まあいいわ。私は八雲紫。妖怪よ。あなたたちが面白そうだから少し見てみようと思ってね。」
>シオン「その妖怪が何をしに来たのですか?単なる暇つぶしというわけでもないでしょう。」 by ks
>紫「あら、目的なら言ったでしょう?面白そうだから見に来たと。・・・もっとも、力を見るということもあるのだけど。」
>シオン「力?私たち程度の力はあなたから見れば路傍の石にも等しいでしょうに。」
>途中で送れなくなったからここからはダイジェストで。
>自分の能力なら人の体に戻せるという紫。だがそれをしてほしければ力を使って認められろという。そこで戦いに。紫優勢で進むがさっちんの固有結界発動。一転して不利に(シオンは頑張って耐えてます)なんとかさっちん倒して幻想郷へ戻る紫。力が無いと言ってここぞとばかりに祐一に甘える。それを見たえーりんがうらやましいと路地裏同盟に突撃。私の能力があれば(ryまた最初に戻る
>なんか最後の方gdgdになった。小説(と言っていいのか分かりませんが)を書くのがこんなに難しいとは。作家さんの苦労が少しわかった気がする。とりあえず今回はここら辺で失礼します。

 祐一「無限ループって怖くね? というか、シオンとさっちん乙」
 シオン「当て馬ですか、私達は」
 さつき「お腹すいたよぅ」


>莉里とか普通にヒロインでよかったんじゃなかろうか? 要と桃子ルートではどうやって課題をクリアしたかすっごきになるけど

 ヒロインよりもサブヒロインが可愛いのは罪だと思う。いや、ヒロインもいいんだけどね? ぐーさんはすみれ一択でした。


>静穂ルートでの真は結構かっこいいと思うのだが

 真「俺……ゆっきの為なら、なんでも出来る気がするんだ。それこそ、俺の後ろを捧げたっていい」<頬を染めて
 幸村「気持ち悪いからやめてくれ……」
 美奈都「兄貴は本気なのか冗談なのかわかりにくいからねー」
 真「何をぅ? 俺のゆっきへの愛情は本物だ!」
 幸村「ゆっき言うな真。気持ち悪い」


>祐一「ミシャグジ様よー!首をお返しするー!鎮まりたまえー!」

 諏訪子「もののけ姫違うから」


>鏡音レンの暴走wさん
>♪もしかしてこ~れ~が恋ってやつですか?この変態め!!
>いいえそれは恋ではありません――変です――
>それはきっと恋じゃなくて変です
>でも、同じ症状な俺もいる……

 違う人だけど一緒に。恋じゃなかったのか。ところで、オリーシュの女バージョンの連載はまだかな?


>フランちゃんには笑顔が似合うがお嬢様には泣き顔が似合う…問題1この発言の犯人は誰でしょう?A忠誠心が鼻から出るメイド長。Bお嬢様をからかいがいのある玩具と思っている黒執事。C姉と書いて“あ(ほ)ね”と読む妹。D門番の旦那…さて誰でしょう

 A.全員


>魔理沙が、アリスと手を組んで、パチュリーから士郎を借り出すのに成功したようです。(週3日パチェ、2日魔理沙、2日アリス)

 士郎「……俺は図書館の蔵書じゃないんだけど。貸し出し期限も、貸し出し許可も出してない」


>アーチャー「……過去にも未来にも私の周りには大喰らいしかいないのだな……」<背中から哀愁が漂っている
>妖夢「……何があったかは知りませんけど、心中お察しします……」<深い同情の念
>幽々子「ご飯まだ~?」
>アーチャー「……先ほど食べたビーフストロガノフはどこに消えたのだろうか……」<エプロンをつけながら
>妖夢「全くです……」<二人で台所に向かう

 アーチャー「さて、どうしたものか……彼女の食欲と味覚を満たす為に、何が効率的だろう」
 妖夢「量が多く作れるものとか。カレーとか肉じゃがとかどうでしょう」
 アーチャー「ビーフストロガノフも似たようなものだがな。まぁいい、味は落とさず量を多く作るとしよう。妖夢、ついてこれるかね?」
 妖夢「任せてください」
 

>ガラクタさん
>祐樹さんに質問。アルトネリコシリーズはいい加減15禁にした方がいいと思うんだけど(表現的な意味で)そこら辺について祐樹さんはどう思います?あ、やってなかったら無理して答えなくていいので

 アルトネリコは1だけやりました。確かにあれは表現的な意味でR-15指定が一番かもしれん。明らかにそれを意識してやってるだろ、と突っ込みたくなった場面がいくつかありましたし。
 そしてシュレリア様大好きです。


>銀ユリヤさん
>俺の二つ名、月下戯画(モンタージュ)だった。
>それはともかく、たいへんです!!祐一となのはがマジバトルしてます!!
>どうもフェイトのファーストチッスをどちらが奪うかで喧嘩になった様d・・・(画面が桃色に染まったかと思うと、砂嵐に。  この時丁度なのはBADでした

 なのは「フェイトちゃんの初物(キス)は渡さないのぉぉぉぉぉぉぉ!!」
 祐一「フェイトちゃんの初めて(キス)は俺がもらうぅぅぅぅぅぅぅ!!」
 フェイト「誤解を招く言い方はやめてえええええええ!!」


>しっと団刺客A(砲撃好き)さん
>くくく、距離20KMからの砲撃。しかも、散弾。いくら超人黒い魔王とはいえ回避も出来まい。まずは相沢祐一から血祭りに上げて、他の候補どもも同じ目にあわせてやる。やし、時間だ。町ごと焼き払え。撃てwww。

 ランコ「水島くんバリヤー!」<砲撃に向かって投げる
 水島「ぶふぅっ!?」<着弾
 祐一「うわっ、なんぞ!?」
 水島「……い、いきなり何するんだランコ!?」<走って戻ってくる
 ランコ「いやぁ、だってなんか飛んできたし。水島くん、丈夫だから大丈夫でしょー」
 水島「痛みはあるわぁっ! それと人を盾にするな!」


>はい、それは恋です。

 貴方が好きです。結婚してくだしあ><


>シエル先輩とみさき先輩がカレーの大食い勝負をするようです

 みさき「カレーは大好きだよ」
 シエル「なかなかやりますね。同じカレーの使徒として嬉しいですよ、川名さん」

>ういんぐさん
>なのは「幻想卿は同性婚は可能ですか?」祐一「ちなみに嫁が重婚してもOK?」スキマ「……まぁ、そこは当人同士の愛があればOKって事で」

 祐一「よし、移住決定」
 なのは「二人でフェイトちゃんとラブラブ出来るんだね!」
 フェイト「持たない、絶対私の体力(主に胃)が持たないよ……!?」


>ふーっ、なんとか砲撃を防いだぞ。しかし無能警官バリアーと危険に対する保険その3(へたれ)が残数0だ、どうしよう……

 オーフェン「おいおい、無能警官バリアーは回数無限の優れもんだぜ? たとえ気絶してても、前にだしゃ何かしら防いでくれるしな。障害物にするもよし、壁にするもよし、投げて武器にするもよしのこの万能さ。素晴らしい」
 コギー「私にも人権を!」


>レミリア『祐一、私のものになりなさい。えっと、祐樹はお菓子としてなら置いてあげてもいいわよ』

 祐樹「お手軽スナックみたいな扱いに絶望した!」


>ふと日記の拍手レスを見ていて思った。感想が全くない。というわけで感想を。小説面白いです。無理せず頑張ってください。後これは関係ないけど最近人形劇をやり始めて今チャンピオンリーグ前。あややが素早さ高すぎる。Lv46で157wwしかも一回のレベルアップで3か4上がる。ちなみにライバルは魔理沙。
>途中で切れた。ライバルの魔理沙Lv55がLv45の橙(素早さ120)に先手取られて一撃で逝った。なんという幻想郷最速(笑)。後美鈴がひどい。 Lv36で特殊が両方とも20台。そんなに頭が悪いのか中国。2回くらいレベルアップしてようやく1上がるってどういうことよ。

 美鈴はちょっと頭悪いけど、そこが可愛いんだよ流石俺の嫁。昔やってたときは何があろうとも美鈴はパーティからはずしませんでした。
 SSの感想は、まぁ書くほどのものでもないということなのかなと受け止めたり。自己満足で書くものですからねぇ、SSは。


>????????????????????????????????

 日本語でおk


本日の教訓。「このマウスの流れる感じ、なんなの」

 次の日記は一週間後になりそうだなぁ。RO優先になっちゃうだろうしw

夢みたいけど、あまり見ない体質なんで寂しいな。

 新年の初夢、というわけではありませんが昼寝中に夢を見ました。

 その夢の中でも祐樹さん、普通に寝てたんですがふとしたことで目覚めまして。んで、起きたらまったく知らない場所にいました。な、何をry
 まぁそれはともかく。夢の中ですから、特に疑問に思うこともなく暗い部屋の中を見てたんですが、そこに来たのはなんと秋子さんじゃありませんか。いや、たぶん秋子さんだったと思う……うん。何せあいまいだったもんで。

 それでお話があるから、ってことで秋子さんが少し顔を洗ってきますね、といって洗面所へ。あ、寝てたのはリビングです。戻ってきて、お話ってなんぞと思ってたんですが……秋子さんが祐樹さんの後ろにきて、唐突に前髪をオールバック風にしてきたのです。何するんですか、と言ったんですが秋子さんは取り合わずにそのままぎゅっぎゅっとその髪型を固定させようとしてきます。オールバックとは言いましたけど、なんと言いますか……ほら、前髪のいくつかが前に出ている、変な髪形なんです。すいません、絵がありゃ詳しく説明できるんですが。

 固定できて満足できたのか、秋子さんは頷くんです。じゃあ、美容院行きますかとも言う始末。俺の髪形これに固定!? と思ったところで目が覚めました。

 一体、あの夢はなんだったんでしょう……その後、何故かとんかつ屋にいましたし。


 Web拍手レスコーナー。


>銀ユリヤさん
>Gジェネクロスドライブには、ガロード(ガンダムDX)とジャミル(ガンダムX)によるトリプルサテライトというオーバーキルがあります。

 あれはGジェネとは違う何か(ぉ 前やってたけど、微妙にやりづらかった記憶がw


>魔理沙「パチュリー、本を借りるのは、今日でやめにするぜ。その代わり、士郎を借り出すぜ」

 パチュリー「それだけは許さないわ。魔理沙、撃退させてもらう」
 魔理沙「やれるもんならやってみな、私の魔法で返り討ちだぜ」
 士郎「やるなら外でやってくれ。片付けるの面倒だから」


>アリス「士郎人形107体目♪」

 士郎「そんなに作ったのか?」
 アリス「作りやすいのよ。貴方のデフォルメ人形」
 士郎「それ見てると、なんか嫌な思い出が脳裏に駆け巡ってくる……」

 首吊りシロウ君人形みたいなのを想像してもらえれば。


>ヤゴコロ印の媚薬を投与されて輝夜の部屋に放り込まれた祐一の様子を兎2羽が見に行って美味しく頂かれたようです。

 永琳「あら……今度はうどんげにてゐの声まで。私だけ仲間はずれ?」


>れみりゃ「んー、可も無く深みもない普通の量産血液をこれ以上どう褒めればと。まぁ、文句も言えないみたいだし、今度こそいただきます」

 祐樹「だが断る。食べられてたまるかっ」
 れみりゃ「いい加減諦めなさいよ」
 祐樹「にんにく弾をくらえーっ」
 れみりゃ「うわ、くさっ!?」


>スキマ「重婚は可能よ、士郎君♪」

 士郎「あれ、そうなんですか?」
 紫「えぇ。幻想郷は非常識が常識の世界。それぐらい当たり前よ」
 士郎「……つくづく、変なところだな」


>名雪が手紙をくわえた傷だらけの黒猫を雪の降る山道で拾ってきました。

 祐一「帰してきなさい」
 名雪「なんで!? 猫さんなんだよ?」
 祐一「それはいけない、タイムパラドックスが起こる。未来を変えてはいけない!」


>輝夜の3倍…紅く塗ればいいのか

 シャア専用輝夜と申したか。これがrkさんなら赤いのは人間の中に流れる何か、とか言いそうですね。わしゃ勘弁願いますが。


>祐一の「俺はナイスバディな女が好きなんだ」発言により、いろんな人が一喜一憂した模様です。(数名は、嗜好の矯正に向いました)

 祐一「ムネガチイサイノモイイトオモウヨ」


>ゆーの「いいんだ、どうせ僕たちリリカル男性陣に浮いた話なんて何処にもないんだ」
>祐一「そんな事いってると、いろいろばらすぞ。ゆーの、エリオ、くろの、その他大勢」

 祐一「なのは=ユーノ、エリオ=キャロ、クロノ=エイミィ&リーゼ姉妹」
 クロノ「待て、エイミィはともかくなんであの二人!?」
 祐一「昔の女だろ?」
 クロノ「その言い方は誤解を招くからやめろ」


>祐一が七夜の体術で敵を翻弄、離脱と同時になのはが砲撃で撃退。逆なら、なのはがバリアで祐一を守りながら誘導弾で牽制、そこに祐一が空間移動を使った暗殺術で一撃必殺。・・・・・・なにこのベストパートナー?

 祐一「そして」
 なのは「そこにフェイトちゃんへの愛があれば最強なの」
 フェイト「もう二人とも結婚しなよ……」
 祐一「フェイトは俺の嫁」
 なのは「フェイトちゃんは私の嫁」


>祐一+スパロボと言えば、スーパーロボット大戦KEYですよね。
>秋子さんが大変なことになったり、ONEヒロイン勢が全員人外になりそうだったりしますが。
>楽しみな作品です。それにしても、スパロボで祐一は不幸な目に合うのが多い気がする。気のせいか?

 主人公なんてえてしてそんなもん。


>ksさん
>幻想郷の方に聞く!どちらがお好み?シチュエーション第一回~~(ドンドンパフパフ
>まず最初はこちら!宴会のときに珍しく酔っている祐一。そこでいつもは見せない弱気なところを見せて自分を頼ってくる祐一を(抱きしめたりして)甘えさせてあげる。もしくはその逆で自分たちの悩みみたいなこと(不老不死のこととか)を言って珍しくからかうこともせずにただ祐一がやさしく抱きしめてくれるというもの。さあどっちを選びますか。後これは個人的な質問だけど祐一って衝動のこと幻想郷のみんなに話してあるの?

 悩みすぎて全員知恵熱が出たようです。意見的には、3:7という風に別れたそうな。


>この間さぁ、高校を卒業して3人で暮らし始めた祐一と舞と佐祐理さんがいてさ、舞に子供ができて3人共めっちゃいい笑顔になってる夢を見たんだけどさ、俺どうしたらいい?(←無茶ぶり)

 舞「……佐祐理」
 佐祐理「何?」
 舞「おしめ取り替える」
 佐祐理「取ってくるねー」
 祐一「しかし、静かだなぁ……もっと泣くかと思ったんだが。舞に似てるな」
 舞「無口」
 祐一「でも、舞に似たのならもっと泣き虫、いてっ」<チョップされる


>ういんぐさんとやらが勝手に続きを… いいぞもっとやれ

 それ以上はウフフでやれ。


>全財産をリアルの金だと思ってしまったw ROですな、これはw

 全財産3M……つまり、300万ですね。リアルの金でこれだけあったらかなり嬉しいんですが。いや、ROの金をリアルに変えれるのなら、錐を買わなかったら普通に3000万ぐらいあるんですがw


>ふと、思ったんですがなのはさんの砲撃は何も知らないで食らっちゃったらショック死とかしないんですかね? そのあたりをお話しませんか、なのはさん?

 なのは「……ふいっ」<顔を逸らす


>セイバー「ふん、はあああ!! ……よし、次!!」<わら人形を切り倒してギルガメッシュに剣を渡す
>ギル「ふっ、はっ!! ……ククク、流石は我だ。そら、次だ。」<同じくわら人形を切り倒して小次郎に剣を渡す
>小次郎「ふっ、せい!! ……何事もなしか。次だ。」<同じくランサーに剣を渡す。
>ランサー「ていっ、おりゃあ、ぐあああっ!?」<わら人形を斬ると同時に体に袈裟がけの刀傷を負う
>アーチャー「……うむ、流石は幸運の値が低いだけある。もし、私が先であればどうなっていたことやら……」<ランサーの結果を見て胸をなでおろす
>今回のロシアンルーレットに使われていた剣:デビルソード(出典:ファイヤーエムブレム) 効果:攻撃力は高いが、運が悪いと相手に与えるはずだった攻撃を自分が受けることになる呪いの剣。

 ランサーとアーチャーは運のステータスが低いからなぁ。不幸自慢できそう。士郎も同じく。


>Eコース…フランちゃんは無邪気な笑顔で腕立て伏せをする祐樹さんとベッドの間に潜り込みました「ファイト!ファイト!祐樹頑張れ!ポンポンのお腹が柔らかくて気持ちいい~」祐樹さんが流す大量の汗は運動のため?それとも周りの冷たい視線による冷や汗?

 祐樹「やましいことなんて何もないよ! だからそんな目で見ないでくれるかな!?」
 フラン「なんでそんなに汗だくなの? 疲れたの?」
 祐樹「とりあえずフランちゃんはそこをどきさない。危ないから(俺が」
 フラン「やだ」


>テロさん
>祐一+なのは×フェイトでいつもやってるけど
>なのはも女の子だから最後は祐一×なのはになってるんじゃないかな?

 なのは「仮にそうなったとしても、フェイトちゃんへの愛は変わらないよ?」
 祐一「フェイト愛は滅びん、何度でも蘇るさ」
 フェイト「……嬉しいんだけど、複雑だよ」


>黒い魔王こと相沢祐一さんに質問です。次の人達のうちどこまでからかえますか?
>祐樹さん、フェイト、六課フォワード陣、スカリエッティ一味、アリサ、はやて、CLANNADヒロイン全員+古川家、高町家全員、幻想郷オールメンバー、サーヴァント全員、黒桜、赤い悪魔、冥王、秋子さん
>ちなみに後ろへ行くほど難易度は高いです。あと報酬は何もありません

 祐一「……秋子さんは限られた条件が揃えば低確率で。それ以外は普通に可能だと思う」


>幼年祐一が椛にもふもふされる

 椛「あああ……かわいい、ふにふにしてるー」
 幼祐一「もふもふしてて暖かい!」
 

>確かに桃子さんにはきゅんきゅんした!しかし、すみれは俺の嫁!?

 桃子「なぁにわけのわからないこと言ってるのかなぁ~? すみれは私のモノなんだよ!?」
 すみれ「誰がお姉さまのモノになりましたか。私は私自身のモノです。それ以外は幸村くん以外ありえません」
 桃子「お姉ちゃんの所有権なし!? よよよ、すみれが反抗期に……お父さん、どうしましょうっ」
 幸村「いや、誰がお父さんですか」
 桃子「幸村くん♪」
 幸村「俺にこんなでっかい娘はいませんが」


>幼魔理沙と一緒に魅魔に弟子入りした幼祐一

 魅魔「こんなでかい子供持ちになるとはねぇ」
 幼魔理沙「みましゃま!」
 幼祐一「弟子って何すんの?」


>祐樹さんから嫉妬の臭いを嗅ぎつけてパルパル登場!「ここがあの女のハウスね」と紅魔館にたどり着いたが門番さんはお昼寝中~哀れ祐樹さんはしっと団の一員に…急げ美鈴!祐樹さんが完全なダークサイドに堕ちる前に熱い拳でタコ殴りにして助けだせ!

 むしろ、熱いベーゼで元に戻る。俺と美鈴の愛でしっと団なんぞ狂わしてやんよ。


>本日の蜂蜜練乳ワッフルは売り切れました
>浩平「なん……だと……」茜「いい甘味仲間と出会えました」リンディ「久しぶりに食べたわ」

 その頃のクロノ執務官

 クロノ「くそっ、母さんはどこにいったんだ……っ。こうしているうちに、また甘味を大量摂取していたらまずいぞ!」


本日の教訓。「意味のわからん夢でした。でもあれは本当に秋子さんだったんだろうか?」

 紐糸日記が更新されるたびに、嬉しくなるこの症状……一体、なんなの? もしかして、恋?(きゅん

錐を買ってお金がなくなったぜ。

 はい、皆さんあけましておめでとうございます(棒読み

 新年早々、ROで神器四次クエが終わって開幕テンションさがりまくりの祐樹さんです。新年からネトゲとか阿呆なの、死ぬの? 大人しくしていてくれwwww
 これで装備を手に入れる計画がおじゃんです。マジテンションさがりまくりで萎えます。というわけで、今年一年は更新する気なくなりました(ぁ
 いや、流石にそういうわけにもいきませんからしませんがw でも、どんだけ癌蓄(ガンホー畜生)どもが多いんだ……新年ぐらい休めw

 新年ということで、Web拍手の中身も新調しようといろいろ書いてます。幻想入り三つと、散策の書きたいところを書いてみたと嘯いてる奴、あとはなんかノリで。


 Web拍手レスコーナー。新年一発目ダヨ!

>雷電さん
>前にバルバトスが士郎に召喚されたらを書き込んだ者ですが、実際にネットで探してみたら本当にありましたwww まあ3話しかないですけどね http://ncode.syosetu.com/n7235i/

 知っているのか、雷電!? という台詞が真っ先に浮かびました。元ネタは知りませんがw バルバドスはD2でマジでトラウマですよ。ただでさえあのシステムにはやきもきして、グレードなんていつでもマイナス限界値突破してたのに。


>愛くるしい祐一(幼)は兎詐欺との出会いにより一夜にして黒い悪魔祐一が誕生し、一週間後には…「僕は師匠を超える!」「ウサササ!千年早いウサ!!馬鹿弟子」

 しかし、もともと素質があった為に気がつけば下克上ですね。


>クリスマスなのに祐一、何で追われてんの?

 祐一「しっと団とか言う連中に追われてんだああああああああああ!」
 しっと団員「怨敵を逃がすなああああああああああ!」


>なのはさんに吹き飛ばされた先にもなのはさん・・・・そしてまた吹き飛ばされたら紫さん・・・送り返されてまたなのはさん・・・そしてまた紫さんに送り返されてまたなのはさんに・・・何この砲撃ループw

 悔しい、でも感じちゃう……!(ビクビク ですねわかります。


>山芋パンはきっと山芋を文字通りまるごと(=皮ごと)使っていてパンの形も山芋なんだと思う。おっさんあってる?

 秋生「それだけじゃねぇ、ご丁寧にすりつぶした山芋も使ってやがった……」


>rkさんの所のWEB拍手に出てるのって、祐樹さん本人?ww ヤンデレじゃない方のやつね……今後は知らんけどwww

 祐樹さんですよ。ヤンデレは何かの間違い。rkさんに美鈴の相手として使っていいか、と言われたので了承したのです。美鈴は俺の嫁。事ある毎に言いますが、美鈴は俺の嫁。


>火焔魔神(ひまじん)さん
>なんか名前書く欄ついてる
>そしてクリスマスプレゼントは冥王様の砲撃だった……

 なのは「間違えちゃった。テヘ☆」


>あややとクーガーに基本にして単純かつ究極の質問を。……速さとは何か!

 クーガー「愚問! 何よりも誰よりも先に駆け抜けること! 俺の存在理由!」
 文「新聞を作るために必要ですね。それと、ネタ集めにも必要です」


>幼祐一に2人乗りを拒否られて凹む魔理沙

 幼祐一「……だって、高いとこ怖いし」
 魔理沙「ぶっ。な、なんだこのかわいい生物は」


>Urdrの人
>お久しぶりになるのかな。最近はアスプリカを作ってみたり、それを有効に使えるキャラが居ないのに気がついて慌てて砂を作ろうとしてみたりとなんだかんだで楽しんでます。 来年も楽しいROライフを満喫出来ると良いですね。 ではよいお年をー  P.S.雪夜まーだー?w

 アwスwプwリwカw Gvでなら、チェイサーでも使えそうな気がしますけどね。自分は相変わらず、弱いチェイサでがんばってます。
 短剣にすりゃよかったと相変わらず思ってますよ。三次実装で、ステ振りしなおしとかあったらいいのに。


>サーフィンサンタのホラ云々について。・・・・・・幻想郷で広めている、という部分が抜けていた・・・・・・orz

 サンタは幻想入りしていても不思議じゃない。はっ、もしや次に新作が出る可能性があるのならばサンタ娘が!?


>lさん
>なのは様に砲撃された後に白玉楼だと・・・・ そうか、私は死んでしまったのか・・・・・
>え?紫さん送り返してくれたの?いつのまに?っていうか、私死んだんじゃなかったの?

 戦闘不能→レイズ→戦闘不能→レイズの永久ループですね。


>とあるメイドさん
>雪夜でわた・・ゲホンゲホン。翡翠と祐一様はもうからまないんですか?できたらぜひ・・

 祐一「……なぁ、これ翡翠さんだよな?」
 翡翠「いいえ、違いますが」
 祐一「いや、明らかに翡翠さ」
 翡翠「何かの勘違いでは?」


>BBSに書き込みが少ないのは拍手のほうが面白いからでないではないだろうか?

 嬉しいのか寂しいのか微妙すなぁ。でも書き込みないのは寂しいのは確か。ま、仕方ないね過疎鯖みたいなものだもの。byみつを


>オハナシイヤダニゲロニゲロドアヲアケロー

 だがしかし、回り込まれた。


>祐樹や結婚♪あややと重婚♪ 殴っては殴っては美鈴壊れる♪ (妖怪)山も(賽の)河原もとばっちりかぶり♪(紅魔館は)瓦礫残らず灰となる♪

 あややも好きですよ? でも美鈴は嫁なのです。あと、紅魔館がなくなってれみりゃが泣いているようです。


>そろそろ東方も『任意の』2人組で合体技を繰り出せるようにしてもいいと思うんだ。魔理沙とおぜうさまで逆襲『紅い彗星』とかさ

 しかしそうなると、データ数がとんでもないことになるというジレンマ。それと、スパロボでやれw


>くそ、レミリャめ。アーバレストを壊した事を祐一にちくったくらいで家ごと攻撃しやがって。こうなったら黒い魔王様に一ヶ月のレミリャの恥ずかしい記憶を渡してやる。な、何だ。空が明るい。夜なのに。…ぎゃ~~~。何者かに爆撃を受けた模様。しかし、情報は黒い魔王の元にw。 by 情報屋

 祐一「んぁ? なんだこれ……む、所々焦げてて解読しづらいなオイ」


>ういんぐさん
>永琳「うどんげの報告から2時間……やっと終わったけど……薬の効果時間をもう少し改良するべきね」輝夜「その前に、主人に何か言うことはないかしら?(少女腰砕け中)」祐一「すーすー(少年睡眠中)」

 永琳「あら、姫。お早い復活で」
 輝夜「謝罪なし!?」
 永琳「いいじゃないですか、役得でしょう?」
 輝夜「立てないのよっ」
 永琳「まぁ、相当激しかったようですね」


>メタボな祐樹さんにお嬢様よりダイエット指令!Aコース地霊殿で岩盤浴!(別名焼肉亭おりんりんの新メニュー)Bコース博霊神社の賽銭箱を背負い托鉢! (守矢神社や命蓮寺の前で嫌がらせ)Cコース永遠亭でえーりん先生の実験モルモット!(ダイエット止めますか?それとも人間辞めますか?)Dコース白玉楼で空腹のゆゆ様と24時間二人きり!(蛇に睨まれた蛙?)そしてEコースは美鈴とベットの上で腕立て伏せ!(但しお嬢様やフランちゃんの目の前で…)祐樹さんの選択は?

 祐樹「じゃあ、Eコースで」
 美鈴「やぁん、恥ずかしいですよっ」
 祐樹「まだあわてるような時間じゃない。ベッドの上で腕立て伏せ、ということは別に腰の前後運動をするわけでもない。つまり、美鈴と俺が隣り合って腕立て伏せすればいいだけの話なんだよ!」
 美鈴「な、なるほどっ」
 霊夢「個人的にはBコースがいいんだけど……賽銭も集まりそうだし」

>祐樹さん、rkさんのWeb拍手SSに(望む形で)ゲスト参戦してますよ?

 美鈴は俺の嫁なので、当然です。


>おぉ、リリなの最新お疲れ様です。いよいよですねぇ、後編が楽しみです♪

 中篇・後編になりそうな予感もします。


>ガラクタさん
>確かにスズノネはサブキャラの方が素敵だと思うんだ。シマリリ先輩とか桃子さんとか。でも一番は静穂さんだったり。祐樹さんは誰でしょう?

 静穂さんの萌え力は五十三万です。静穂さんもいいけど、桃子さんルートでのかわいさにはびっくりした。思わず胸がきゅんきゅんしたよ。


>祐一「次にお前は『今年一年応援ありがとうございました!』と言う!」
来年も応援します!

 今年一年応援……ハッ!? まぁ、これを書いてる頃には昨年なわけですがw 応援、ありがとうございます。何も返還できるものがないのが申し訳ない所存。


>子供の頃のエロさは純粋で尊いもの……なのかな、廃人ロードへの引き金のような気がしないでもない(笑)今の人生を否定はしたくないな、小学校からやり直したいと思ったことはルナティック時にこちらに放たれる弾幕の弾数ほどにはあるけども

 幼少時のえろはまだかわいさで許される。今の自分のえろはもはやセクハラレベル。


>明けましておめでとうございます、今年も更新とか日記を楽しみに生きて行きます、ではお体にお気をつけて一年をお過ごしください

 日記しか公開してなくてごめす。


>早苗「年末年始のお詣りには守矢神社をよろしくお願いします」白蓮「新参者ではありますが…心を込めて除夜の鐘をつかせて頂きたいと思っています」冷たい北風のなか信仰を求める人里を歩く二人。そして…霊夢「どうしてうちの神社は妖怪しか来ないのかしら?(コタツで蜜柑を剥きお茶を啜る)」………答えは賽銭箱が知っている

 祐一「そりゃお前、巫女からしてこんな風に自堕落だからだろ」
 霊夢「何よ、寒いからコタツに入って何が悪いの?」
 祐一「こんな寒空の下、信仰集めをして初めて参拝客が集まるんだろ。賽銭も入るぞ?」
 霊夢「でも、寒い中外に出るのは嫌」
 祐一「じゃあダメだ、あきらめろ。はー……ぬくい」


>この前「燈子」が「ちぇんこ」に読めた俺は大分東方に染まってると思う

 橙子「私の名前を間違えた奴は、あの名で呼んだ奴同様、例外なくぶち殺している」


>前あったBad Apple!! PV【影絵】の元発見!! http://www.nicovideo.jp/watch/nm3601701これからあれが生まれるなんて! どうしてこうなった!?
>さらに手書きでhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm5058847 何これすごすぎですよ

 絵が描ける人は本当に羨ましい。祐樹さんより優れた人は皆滅びればいいと思う(何 あと、コンビニでドアを開けたまま帰る客とか、立ち読みして雑誌を乱雑に置いて帰る客も滅びればいいよ。


>カチューシャやウサ耳やベール等、頭へのアクセサリプレゼントに定評のある祐一。数少ないZUN帽なしキャラとして祐一に迫る幽香と小傘

 幽香「さぁ、何か寄越しなさい」
 小傘「くれないと驚かすよ!」
 祐一「じゃあ、猫耳カチューシャと熊耳でも」


>なのは「紅白でフェイトちゃんの出番が短いと思ったからちょっとN○Kとお話してくるの」
>はやて「来年の紅白に出られるようにN○Kとちょっとお話してくるで」
>祐一「面白そうだから二人をフォローしてくるよ」
>という書置きを3人が出かけた数時間後にスカリエッティとフォワード陣が発見しました

 六課メンバー『N○K逃げてええええええええええ!!』
 スカ「いやぁ……これは非常にまずいね。高町なのはや八神はやてだけでも厄介だが、最後の彼がまずい。この面白そうだから、という理由がさらにね」
 フェイト「誰か助けて……」


>魔理沙&フラン「「ふら☆まり☆うー!」」

 きのこでも食べたかw


>今年は寅年。星さんの干支!しかし去年の冬コミで星さんのイメージが…「助けて~ナズーりん!聖復活に必要な宝塔をうっかりなくしちゃったよ~」「またかね…我が主」「どうしよう…ウンザンに殴られちゃうよ~」…ドラえもんののび太のイメージを植え付けられてしまった

 星はどじっこ。これは間違いないだろう。


>朔さん
>風邪を引いた→その晩、誰かからマジ逃げしてる祐一になった夢を見た→翌朝体温が39℃あった→A型インフルだった。
>きっとrkさん症候群ですね(´∀`)

 素直に快復させてくださいw 病気になると人間、心細くなるからそういう夢でも見るんですかね。


>アリスの元に一通の手紙とトランクが届きました
>手紙の内容「巻きますか?巻きませんか?」

 アリス「巻くか巻かないか……? 何よこれ。怪しすぎるんだけど。また魔理沙の仕業かしら」


>リリなのの最新待ってましたよ♪最後がどうなるか楽しみです。雪夜・ネギ魔も楽しみにしてますね。

 なんだかんだでグッドエンドにしてしまう祐樹さんはハッピーエンド大好き人間。救いを与えすぎて自分が救われない。不思議!


>リリカルの世界でマホカンタが使えれば無双ができそう

 紐糸日記ですねわかります。はぐれメタルでも無双できるし。


>くそっ。この小ネタの幽々子様に惚れた。結婚してください。

 幽々子「あらぁ……直球で少し恥ずかしいわ。ふふふ、まずはお友達から始めましょう?」


>祐一、お前のタイプは何なんだ。巫女かメイドか年上かロリか!もう幻想郷でハーレム作ってもっと俺をニヤニヤさせてくれ!

 祐一「だが断る。この相沢祐一、自分を頼ってくる人間に対し拒否してやることが何よりもの快感なのだ」


本日の教訓。「全財産3M弱というやばさ」

 必死で狩りしないとお金もたねーYO。

神薙 祐樹

  • Author:神薙 祐樹
  • 1987年3月11日生まれ。
    うお座のAB型。
    現在は雇われ店長としてブラックな職場で日々働いて時間を失っています。

    RO現在休止中。Mimir鯖所属、主に影葱。ガンダムオンライン、ガンダムジオラマフロントにはまってます。

    SS書く時間がほしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。