2009 / 04
≪ 2009 / 03   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2009 / 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
2009年04月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


君の事は忘れない。覚えてる限り。

 長年連れ添ってきた相棒が、つい先日亡くなりました。奴とあったのは大体、四、五年ほど前。初めて会った時は、ついにきたかと思ってテンションも駄々上がり。多少小さかったですが、それでも最高にいい相棒だったのは確か。
 それがここ最近、やけに元気がなくどうしたのかと思っても何も出来なかった自分。俺に出来たのは、精々頑張れと口にし励ますことぐらいでした。
 そうして、奴は物言わぬようになりました。朝に起きてすぐに目にしたので、最初はなんの冗談かと疑いました。でも、奴は黒くなったまま動くことはなく。
 祐樹さんは奴と別れ、新しい相棒であるモニターを購入したのでしたとさ。いや、最初にPC買ったときからの付き合いだったので、大分ガタが来てたとは思ったのですが……電源ランプが点滅して、そしてしまいには電源がつかなくなるという。
 給料前&フリーターの自分にとっては痛い出費でしたが、PCが出来ないとか最早考えられないので即時購入。ついでにスピーカーも購入して、心機一転です。小型のスピーカーになったの場所もとらず、コンパクトでとてもいい。
 ただ、モニターが急に変わったから違和感だけはぬぐえず。未だその明るさに目がしばしばする毎日です。


 何故かここ最近、アークⅡをプレイする日々。しかもMGで完全ドーピング、レベルカンストというチートプレイ。キメラ研究所が一番難易度高かった。何せ、こっちのレベルに合わせて向こうもレベルかわるから、にせモンスターがレベル1000とかだったりするし。
 通常プレイだと敵が強すぎてきついんだけど、ここまでドーピングするとあれだなwww やっぱり相手より少しレベルが高いぐらい(+20が限度か)が一番いいかもしれんね。でも、装備最強だから俺TUEEしてる祐樹さんでした。昔はとんだマゾプレイだったから、これぐらい許されるはず
 それにしても、俺はよく過去にこのゲームをクリアできたと思うわ……個人的に過去最高の難易度だと思ったゲームは、

 ゼノギアス アークザラッドⅡ この二つはガチ。ゼノギアスは色々なトラウマというか、恐怖体験をさせて頂きました。アークⅡは後半の敵の強さが半端じゃない上に、ラスボスがひどい。
後、この二つほどではないにしろFFタクティクスのウィーグラフとの一騎打ちあたりがちょっと難しかった。攻撃力に差があるからなー。


 執筆状況は特に変わらず。リリカルだったり、騒乱伝だったり、幻想郷だったり、雪夜だったり、散策だったりと移ろいまくり。まー、気分が乗ればががーっと書けるんだけど。そういや関西人は何かを表現するとき擬音を使う、って言うけどほんとやね。
 日常生活でも普通に擬音で会話する。いや、わかるならいいんだけど。



 Web拍手レスコーナー。


>祐樹さんが思い浮かぶアルトルージュと祐一の語り合いが見て見たいです。

 アルト「人間にしては面白いわね、貴方。アルクェイドが興味を持つのも分かる気がする」
 祐一「面白さでは志貴に勝てるとは思わんが」
 志貴「いや、そっくりそのまま返すぞ……」
 アルト「ふふ、今日はあまり時間が取れないの。また会いましょう、退魔師さん」
 祐一「機会があればな。じゃあな、アルトルージュ」


>ゼルGが幻想郷の宴会で ゼル「ああ、八雲」 紫「なにかしら?」
>ミスりました。
>またもやミスりました。ゼルGが幻想郷の宴会の中で現れ、祐一とゆうかりん、えーりんと一緒に潜った遠野家地下王国を上映 それを見た初心な紫は顔を真っ赤にして倒れた。 ゆうかりんとえ-りん……それを見て軽く自己嫌悪。祐一は変わらず酒を飲んでいたのでした。

 祐一「飲んでもなければやってられん」
 永琳「あの時はどうかしてたのよ……」
 幽香「何かの間違いだわ」


>http://www.nicovideo.jp/watch/sm1790630 完成度たっけー

 はんどぅ、はんどぅさんじゃないか! あの人の絵はやけに癒し度が高い。


>祐樹さん、祐樹さん、脳内妄想で雪夜でのkanon時の早苗さん(東方)ルート
>実は七年前あゆが落ちたのは実は早苗さんが起こした風が暴走したことが原因
>そのことであゆの体や祐一の心を傷つけてしまったことである種の鬱状態に
>二柱の紙はこのままじゃ早苗が壊れてしますと言って早苗の記憶を封印。
>それでkanon本編の時期に早苗さんルート選択だと……互いが好き合っている状態で早苗さんの記憶が戻ったのに二人は引き離される(早苗さんが幻想入りという意味で)
>時間がたち春に早苗さんは守矢神社の掃除をしていて……ひとりさびしく祐一の名前を呼んだら 祐一「呼んだか……?」 そして二人は抱き合うところでスタッフロール
>っていう夢を見ました。

 早苗「あはは、これって夢なのかな……」
 祐一「起きてる時に夢を見れるのか早苗は。すごいな」
 早苗「できないよっ」
 祐一「じゃあ現実だろ。ほれ」<自分の顔に触れさせる
 早苗「……うん」
 祐一「分かったか、あほたれ」
 早苗「あ、あほって……ひどい」
 祐一「あほで十分だ。俺が苦労してここまで来たことを夢にしおってからに」


>輝夜が通販で付いてきたおまけ<スライム>を、ところてんをぶちまけられててゐに怒っている祐一にぶちまけて、えーりんが切れて祐一を診療室に連れて行きました。

 永琳「私の理性をこうまで壊すなんて、いけない子ねぇ」
 祐一「俺が悪いのか!?」


>ガオガイガーってこれの事?http://www.youtube.com/watch?v=p5J_ZLMfIaQ

 確かにガオガイガーですがMADを持ってくるなとw


>AQNが祐一と一緒にデートしたのが新聞に!しかも、会話の内容から過去に何度かデートしていたらしい。さらに、AQNの左薬指にはYtoAという指輪が!!!!

 阿求「ふふ」<指輪を見て


>あれれ、スランプ気味ですね~。ここは琥珀印のお注射で元気爆発、スランプ解消ですよ~。

 スランプやらその他もろもろが解消されるのなら、俺は喜んで琥珀さんの餌食になる。


>ちぇん「『最近の紫さん後魔理沙、のコンボ。どうにかならないですか、藍さま?』という質問がいっぱいきてました。どうにかなりませんか、藍しゃま~。」

 藍「ちぇーん、今後そういった手紙がきたらここにいれてくれー」<ゴミ箱を指差して
 橙「いいんですか?」
 藍「私は別に相談役でもなんでもないし、それに私に言われても困る」


>名雪てある意味、猫に対してヤンデレですよねww

 名雪「ねえええこおおおお」

 JGJさんいわく、ヤンデレは行き過ぎた愛情で一方的な愛だとか。確かにそう考えると、名雪は猫に対してはヤンデレと言える……のか?


>>花粉症なんて滅びればいいのに。
>セカンドインパクト起こせば良いと思うよ・・・

 花粉症って辛いよね。辛すぎて思わず東方花粉症なんて書き始めてる俺がいる。


>第二次スパロボを久しぶりにやってゼンガーさんの強さに驚き。あとガオガイガーとカイザーもいいよね

 親分の強さは異常。第二次αでガオガイガーが出たときの歓喜といえばもう……第三次αでFINALも出たときは感激。ただ、色々省略されてたのは残念だけどね。出来るなら、EVAも他の使徒とか再現してほしかった。


>ゼルレッチ爺さんが第二魔法で無双オロチの世界に着いてしまいました
>何故か一緒にいたネロ教授もオロチの世界に

 しかし無双シリーズやったことない。


>スカリエッティがうっかり鈴仙の目をのぞきこんでしまい、変な風にはっちゃけてしまいました。その結果GメカヒスイSフリーダム仕様が完成して六課に戦いを挑んだそうです<他にもデスティニー、∞ジャスティス仕様もある> それを宴会で観戦する祐一、ゆかりん、鈴仙でした。

 スカ「ははは、いけ私の最高傑作たち!」<目がぐるぐる
 なのは「な、何これー!?」
 フェイト「す、すっごい大きいし弾幕とかもすごいよ!?」
 はやて「種デスのことかー!」

 祐一「インジャが好きだなぁ、俺」
 紫「これを見て言うのがそれだけ?」
 鈴仙「あああああああ……」


>最近アリスが祐一にそっくりな人形と自分にそっくりな人形、祐一に似てるのは白いタキシード、アリスに似ているのはウェディングドレスを着ているのを作りましたがどこぞの黒白に盗まれました。そして次の日の新聞で……

 アリス「……ふぅ」<新聞を読んで気絶


>結婚しました。by相沢祐一……写っているのは祐一と早苗になぜか咲夜さん。どうやら決着がつかずに理性がとんだ祐一に二人ともおいしく食べられたそうです。<二人を食べた後非常に強い自己嫌悪の嵐を止めたのは嫁の二人だそうです> それを見た冬木の虎は……

 藤ねぇ「とりあえず相沢君には重婚は犯罪だって教えないといけないかなぁ。しろー、ちょっと出かけてくるねー」
 士郎「え、あぁ、いってらっしゃい」


>>萃夢想でも出たんだ、緋想天でもきっとパッチ追加で出るに違いないんだ!
>…現実を見るんだ

 う、うっさい黙れ! まだまだ可能性はあるんだ、緋想天に出た暁には俺の嫁を見事に使いこなしてみせる!! 美鈴は俺の嫁。


>有彦「ゴッホ、ゴホッ……あ~最近調子悪いな~、風邪でもひいたんかね俺?」
>志貴「馬鹿のお前が風邪を引くって珍しいな。風呂あがりにそのまま裸で寝てたんじゃないのか?」
>有彦「ンな訳ねぇだろ!!こないだお前んちにプリント届けに行ってからどうにも調子がおかしんだよ。ゴホッ、ゲホッ、ゲホ!!」
>志貴「だったら無理しないでもう帰ったらどうだ?うつされても困るし。」
>有彦「あ~そうするわ。じゃあ、今日は俺帰る。またな。」<早退する
>志貴「ああ、またな。……ん?これは螺子?さっきまでこんなもの無かったよな?何の螺子だ?」<小指ほどの大きさの螺子を拾って
>有彦「……そういや、何で奴ん家に行った後の記憶が無いんだ、俺?」<帰宅途中

 志貴「……ん? プリント、って俺有彦からそんなのもらった覚えないぞ。それに、いつ来たんだ?」


>エ、エリオ君なのはさん的お話は待ってくれ二人が写っていないのには訳があるんです
>二人は保護者離れをして他の世界でエリオ、キャロ、ルーテシアの3人で暮らしているため写真には写っていなかったんですよ
>PS、フリードは見たキャロとルーテシアがエリオの料理に何か粉末を入れていたことをそして二人の後ろに割烹着を着た女性の影があったことを
>翌日3人が裸で寝ていたそうな

 エリオ「お、落ち着け僕。こんなときはゆっくり深呼吸して、まずは状況確認。今の僕は上半身裸、隣で寝てるキャロにルーテシアは裸、全裸、すっぽんぽん。……何があったの!?」<錯乱


>えーリン、えーリン、お宅のところの姫さんが相沢の兄ちゃんとちっこいのほうのウサギと一緒に出かけたぜ、ものすごい荷物を持って。
>鈴仙「大変です師匠……薬品庫に薬が一つもありません」 永琳「……そう、姫様たちも困ったものね。特に祐一」
>そのころ祐一たち 祐一「……ほい。どうぞゆかりん」 紫「ええ……これでアレらを殲滅してくれるわ」 てゐ「無駄なような気がするけどね」 輝夜「……そうね(う~ん、永琳怒ってないかしら?)」

 永琳「後でお仕置きしないとね。うどんげ、手伝ってくれる?」
 鈴仙「師匠、それって辞退は出来るんでしょうか?」
 永琳「いやーねー、そんなわけないでしょ?」


>祐一と咲夜さんがデートすることに、それを知って妨害しようとするお見合いした人たち3人(選択権は祐樹さんにあります)……彼らはどのような妨害を、そして二人のデートは成功するのだろうか?

 早苗「咲夜さんに祐一君は渡しませんっ」
 慧音「それには同感だが、なんだか私達が惨めに思える」
 妹紅「気にしてたら胃に穴があくわよ、慧音。私達だって女なんだし」


>Zでセツコ様にはホントお世話に成りました♪・・もう大好きです♪

 セツコ「うん、ありがとう。でも、ランドさんにもお礼言ってあげてね?」


>再び  http://www.nicovideo.jp/watch/sm4257272  東まですよ~
>再び http://www.nicovideo.jp/watch/sm5018865 東まですよ~

 なんという。


>MVPに遭うのが羨ましいだって?あえて言おう、うちのギルドにボス攻略用キャラは居ない!!おまけに他のギルドの人から「MVPに遭いたきゃこいつを連れて行け」なんて言われる始末だ!!ちなみにヴェル鯖なので祐樹さんには会えません;;

 ロキ鯖だけど、次にエクスチェンジがきたらリディア鯖に行くつもりです。


>エロエロだっぜ  http://www.nicovideo.jp/watch/sm291958

 はんどぅ、はんどぅさんじゃry 続きはまだかと一日千秋。


>祐一×なのは、フェイトとの結婚後の一幕お願いします。

 なのは「お邪魔します」
 ヴィヴィオ「ゆー!」
 祐一「よお、いらっしゃいなのは。久しぶりだなヴィヴィオ」
 なのは「あれ、フェイトちゃんは?」
 ヴィヴィオ「フェイトままはー?」
 祐一「急遽お仕事だと。エリオにキャロは、ルーテシアんとこに遊びにいった」
 なのは(……もしかして、これってチャンス?)


>妹紅「なぁ、祐一……私はひどい女だ。お前が好きでたまらない……だからお前を私と同じにする。お前の意思を無視して不老不死の化け物にするんだ。 お前は私を憎むかもしれない、むしろ憎んでくれてもいいそうすればお前の心の中は私で満たされるだろ? それなら私は嬉しい。」 書いてて思ったんだけどこれ……下手するとヤンデレ?

 祐樹さんには純愛に見えます。というか、妹紅がいじらしくて可愛く見えてきた。ちょっと貴方、一筆書きなさいよっ(ツンデレ風に


>祐樹さんや、ドラえもんとガンダム(00にします。時間軸の関係で)、どっちが先に出来ると思う?話だけだとドラえもんの方が先に誕生するけど(21世紀。00は24世紀)理論ならGNドライヴの方が早い(計算すると2008年に理論完成。過ぎとるがな)

 個人的にはガンダム作ってほしい。ビームサーベルとかは特性上再現不可らしいけど、せめて人型兵器ぐらいは作れてほしい。いや、別に作ったからといって戦えというわけではないけど。戦争なんか起きない方がいいに決まってるし。


>カリスマブレイクとは…お嬢様が対祐一用に考案した新しい技(う~☆ではない!)きっとスターライトブレイカーのような凄い必殺技(食べちゃうぞーでは決してない!!)それではお嬢様カリスマブレイクの御披露目を!!

 レミリア「…………た、食べちゃうわよー!」<ぎゃおー
 祐一「なんというカリスマブレイク、俺の萌え心のライフポイントは0だぜ」<にやにや
 咲夜「ぶっ!」<鼻から忠誠心


>さとりが秋子さんの心を読もうとするが心を読むことができずに驚いて、それを見て秋子さんは「あらあら」と言って、それをスキマからのぞいていた紫と霊夢が祐一に「あの人って本当に人間?」って聞くのを幻視した。

 秋子「さとりさん、と仰いましたね。お茶でもいかがですか?」
 さとり「……もらいます」

 紫「ねぇ、あの人本当に人間?」
 霊夢「心を閉じてるようには見えないんだけど」
 祐一「まぁ秋子さんだし」


>~パチュリーさんの検閲が入りました~って事はパチュリーは全てを見てるって事だよな………
>そんなパチュリーが我慢出来なくて祐一を押し倒したようです。

 パチュリー「そこまでよ!」


>AUOこれをどうぞ。漢のロマン・・・ドリルです!

 ギル「……なんだこれは? こんなものを我に渡してどうせよと。雑種、我を馬鹿にしているのならその行為、万死すら生ぬるい」
 アーチャー「漢のロマンを理解できんとは、英雄王も大した器ではないな」<嘲笑
 ギル「口を慎めフェイカー。二度はないぞ」
 アーチャー「ふん、何度でも言ってやろう。ドリルのよさがわからん貴様は、大した器ではない」

 戦争勃発。


>名雪起床ミッション、来ヶ谷の姉御があまりにも危険な目をしたため、恭介は理樹が持ってる黒邪夢を使い……

 唯湖「ふ……お姉さん、ギブアップだな……」
 恭介「来ヶ谷すら一撃か……恐ろしい兵器だぜ」<戦慄


>リトルバスターズ一年後
>真人の就職先が「マッスルミュージカル」に決まりました。恭介は……残念ながらニート中。

 真人「きんっっっっっっっっっっにくぅぅぅぅぅっ!!」
 恭介「orz」


>祐一が神社で寝ていたら……祐一に寺子屋の手伝いを頼みに来たけーねと妹様の相手をしてもらおうと思って祐一に頼みにきた咲夜が出会い、そのままにらみ合いにそれを見ていて霊夢は「……暴れるなら、他でやりなさいよ」とつぶやいて祐一に毛布をかけてやっていた。

 霊夢「というか、いつの間に寝てるのよこいつ……」
 祐一「……zzz」
 慧音「よく寝ているな」
 咲夜「いつも寝てる感じがするわ」


>雪夜IN幻想郷にていつかアリスに愛の手をおおおお!

 基本的に雪夜IN幻想郷での東方キャラは、出来るだけ原作に近づけるつもりでいます。出来る限りという辺りに注意。


>もし、早苗さんがデートのために弁当を作るとき、二柱にどんなお弁当がいいですかと聞いても神奈子様は答えられなさそう。でも、なぜかけろちゃんは答えれるという<一応既婚者だから>。そしてそれでいじけて祐一が飲んでいるもこたんの焼き鳥屋で弁当のこととか祐一にネタばれ。ネタばれされた祐一とそれを位置的に聞くしかないもこたんの反応はいかに

 神奈子「私だってなぁ、早苗にあどばいすぐらいしたかったさ。でも、料理なんてやったことないからどう答えたらいいか分からないし……祐一、こんな私を笑っておくれよ」
 祐一「いや、人には向き不向きがあるわけだし……そこまで悲観せんでも」
 神奈子「早苗は私らの自慢の娘だ、悲しませないでおくれよ? 今度のデート、早苗はすごい楽しみにしてるし」
 祐一(というか、弁当のこととかネタバレしてもいいのか?)
 妹紅(でーと、か。今度私も誘ってみようかしら)


本日の教訓。「レス追いついてないの、とか思った人。残念、レス自体はすぐだけど微妙に暇がない」

 次の日記は早めに書きたいわね。

スポンサーサイト

頭痛する 頭痛いよ 頭痛嫌(俳句

 Windows Live Messenger2009が放流されて暫く経ちますけど、祐樹さんもいれたんですけどね? なんか自分だけやけに不安定で、急にサインアウトしたり、メッセージが送信されなかったりするんです。で、暫くは耐えていたんですが最近は余計にひどくなったもので。
 もうMUGEN動画における地味の代表であるヨハンのように泣きたくなった祐樹さんは、2008に戻しましたよ! 2009のは不安定すぎてダメだ。2008が一番使いやすい。安定感バツ牛ンの2008に隙はなかった。

 花粉症がひどすぎて夜もまともに寝れないので、もう諦めて花粉スプレーかって鼻にしゅしゅっとやったら、すごいしみた後に鼻づまりがなくなって本気で驚いた。いや、きくもんなんだね。698円もした甲斐はあった。


 あ、後騒乱伝と雪夜IN幻想郷(そろそろマジで名前決めないと)の時間軸について。緋想天は終わっていて、地霊殿はまだ開始してないといった感じ。祐樹さんがイージーシューターも真っ青なヘタさなので、ストーリーが変になるかもしれないけどそこは勘弁な!
 ただ、ノリで緋想天ストーリーぐらいはやってみてもいい気がするけどw

 あ、緋想天交流会一応今月も開きますよ。前回は悲惨な結果に終わったので、恐らく今回も悲惨な結果になりそうな予感。しかも祐樹さんここ最近やってないからね。早い五月病なのか、やる気がまったく感じられないから。
 日にちはいつものように、第四土曜日である四月二十五日の午後八時。終了は例の如く、衣玖さry

 CPU霊夢には一切勝てない程度だし、もう最弱は俺に決定でFA。いつか勝ちたいんだけど、どうにもやる気がでてこんのが困る。
 でも、妖夢で勝てなかったのにレミリアでやったらパターンでストレート勝ちというのは喜んでいいのだろうか……。出来るなら妖夢での勝利が夢だけど。

 とりあえず、緋想天に美鈴が出るまでは諦めないよ! 萃夢想でも出たんだ、緋想天でもきっとパッチ追加で出るに違いないんだ!


 Web拍手レスコーナー。


>そういえば、雪夜in幻想郷だとキレた祐一の感想は番外編でやってましたけど、雪夜本編(一部六章)メンバーの感想が聞きたいです。
>メンバー・士郎・遠坂・セイバー・アーチャー・ライダー………ワカメはいいやwww

 士郎「……祐一って、切れると危ないな」
 凛「自分の大切な友人に対して危害を加えようとするのが、スイッチみたいね」
 セイバー「そう考えると、相当切れやすいですよね」
 アーチャー「言い換えれば、自分の為に切れる=大切な友人ということになるな」
 ライダー「一歩間違えれば、修羅場が生まれますね」


>AQNの姿が見えない。これは神隠しだと、すいかを攻める面々。すいかは、濡れ衣だと自棄酒。……実際は、紫のスキマで祐一と一緒に外に気張らし(でえと)に出てただけだった。

 阿求「まずは音楽しょっぷとやらに行きましょう。未知の音楽が待っています」 
 祐一「そういやあっきゅんは外の世界の音楽が好きだったんだよな」

 萃香「神隠しなら最初に疑うのは紫だろー。くそー、確かに鬼は人を攫うけどこれはひどいよ」


>ルーミア「祐一は食べたらいけない人間。…裕樹は食べていい人間?」

 祐樹「食べてもきっとまずい。お腹壊すよ」
 ルーミア「えー?」
 祐樹「すっぱかったり、苦味があったりする。かも」
 ルーミア「それはいやかなぁ」


>あれ、蛍って、雄しか発光しないはずなのだがな?…なあ、昆虫キング。

 リグル「だからキングじゃない! それと、私はちゃんと女の子だよ!」


>ダイアリーを更新されてると、拍手の返事が気になってる自分を抑えきれない

 なんという中毒。早いところ常習性を断つ必要ありですね。


>最近の紫さん後魔理沙、のコンボ。どうにかならねーか、藍さん?

 藍「私に言われてもな。紫様に言って……あー、言った後なのか。すまん、私にはどうしようもない」


>只今ぶんぶんワールド発動中。ゆかりん、あと何枚文々。新聞貰えばいいんだ?

 紫「さぁ。天狗の新聞は読まないから私はいらないしね。あまってる分が全部なくなるまでじゃない?」


>英雄王だと……!?ならばやることは一つ!風子召喚!!(え?)

 風子「なんですか貴方は!」
 ギル「貴様こそなんだ娘」
 風子「風子です。とりあえずこれをどうぞ」つヒトデ
 ギル「……王に対して献上物を捧げる精神はよしとしよう。だが、なんだこれは。空の星を象ったものか?」
 風子「ヒトデに決まってます! 最悪ですっ」


>風呂に入った祐一、輝夜に言われて永遠亭で食事をとることに、夕食に出てきたところてんをまたもやてゐによって頭からかぶる祐一。えーりんは耐えきれるのか!?

 祐一「お前は何度やりゃ気がすむんだ……?」<ぐりぐり攻撃
 てゐ「い、今のはわざとじゃあにゃあああああああ!?」
 永琳(罠よ、これは罠なのよ永琳。私の理性を試す巧妙な罠。くっ、なんて卑劣な)


>霊夢「なによ……これ?」<大量の罪袋が縄で縛られて里から送られてくる。 霊夢「……そろそろ、いい加減にこの変態ども引き取りなさいよ」 藍「そ、そう言われてもだな」 祐一「霊夢……また来たぞ」 霊夢「……ああぁ」<頭が痛くなって倒れる霊夢 そんな光景を眺めていた紫 紫「やってられるかぁぁぁぁ!」<釘バットで罪袋を吹き飛ばしながら。

 祐一「おおっと つみぶくろくん ふっとばされたー!」
 藍「最早ゴルフの練習風景だな……」


>幻想郷でお花見in白玉楼
>みんなは騒いでるが祐一は少し離れて一人酒。
>そこに来るは・・・・(後は任せた!)

 静葉「あれ、一人?」
 穣子「寂しいわね。私達が付き合ってあげるわよ」
 祐一「ええい、一人酒すら許されんのか。まぁいいや、なら頼む」


>リリカルなのはStS×Fate…白い魔王を引き当てた人が勝利でFA?

 なのは=魔王・冥王っていうのがもう定着しちゃって、なのはさん涙目。


>久し振りにまじめに質問、SSの振興状況はいかほど?雪夜系統頑張って!まってるよーーー!

 BBSでおkだというのにw まぁ、聞かれたからには答えましょう。

 雪夜は現状、元々ある原稿(修正前)の奴を書き換えながら書いてます。今書いてるところが終わると、そこからは完全に未開の地。何も書いてないです。昔から何度も言っているように、ある程度のストーリーは出来上がってますが、いざ文にしようとすると……ね?(ぇ
 とりあえず今書いてる部分は、多少の文変更はあれどもさほど大きく修正する箇所がないので、選択肢もあわせるとそう長くかからない、かも。無責任なことは言えないので、断定ではないです。問題はこの先なわけで。


>http://mai-net.ath.cx/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate={cate}&all=4247&n=0&count=1
>もう一つ紹介、題名はリリカルなのはStS×Fateと似てるけど、内容は別物

 以前に一度、見た記憶が。確かその時は二話ぐらいしかなかったと、記憶しとります。
 

>るろうま魔理沙~    http://www.nicovideo.jp/watch/sm3603175

 るろうに剣心のパロかw しかし霊夢がやけにりりしいな。


>霊夢さん、いくら罪袋捨て場にされたからって、一体一円のお賽銭はきついでしょう?

 霊夢「何を言うのよ。変態のゴミ捨て場にされるこっちの身にもなりなさい。これぐらいはもらわないと、割に合わないわよ。まったく、やってられないわ」


>では、知ってたらごめんですが「生まれたての風」のhttp://www.kisweb.ne.jp/personal/umaretatenokaze /toukou14.htmlにある「Crossing of the Fate」もイイクロス?だと思いますです、はい。
>ついでにhttp://www.geocities.jp/nizyokei/gift/gift.html、ここの「天秤の剣士」もいい?

 両方見てるんだぜ。


>うー☆「うーうーうまうま」

 祐樹「ウッウッ、ウマウマ!」
 フラン「ウーウー、ウマウマ!」


>夜半過ぎ、祐一の部屋が魔理沙の流れ弾幕で壊れてしまった。その事で第二回戦が勃発。そこで祐一は仕方なく、はぶられてた美玲と美鈴の部屋で一晩を明かす事に。

 祐一「悪いな、迷惑かける」
 美鈴「いえ、寝るところがないのは困るでしょうし。それに、差し入れもらってるからこれぐらいは」
 祐一「良いことはしとくもんだな。とりあえず、ソファ借りるぞ」
 美鈴「ベッド貸しますよ?」
 祐一「流石に押しかけてる身分だし、そこまでは遠慮しとく。男なんて結局寝ようと思えば地べたでも寝れるしな」

 ソファは物によるけど、案外寝やすい。


>いっぺん http://www.nicovideo.jp/watch/sm477854 な状態をしなよ、紫さん。薬、用意しとくから。

 紫「何度吹っ飛ばして戻ってくるのよ……もういや」<(´;ω;`)


>http://www.nicovideo.jp/watch/sm6395952  ついに、あたいのタ-ン
>http://www.nicovideo.jp/watch/sm5056246 私に萌えてください
>http://www.nicovideo.jp/watch/nm5919692 祐君のために歌います。
>http://www.nicovideo.jp/watch/sm926787  私は、PADではないとあれほど…
>http://www.nicovideo.jp/watch/sm5613157  私たちの体で、…

 祐一「……コメント書き込めばいいのか?」<とりあえず全部見て


>琥珀さんがスカリエッティ氏と共謀して改造人間を作るべく有彦を拉致りました。

 有彦「な、何をする!?」
 スカリエッティ「ふむ、男性の戦闘機人は作ったことはないがやってみるか」
 琥珀「あはー」
 有彦「や、やめろショッカー!」


>祐一がムツゴロウごっこしているときに椛が発情期に入ったみたいです

 祐一「ほーれあーしあし」
 椛「あ、あの、お願いですから今はやめて……」
 祐一「んー?」
 椛「う、もう我慢できないです。ごめんなさいっ」
 祐一「はっ? って、うわなにをするやめ」

 ~~~~~~パチュリーさんの検閲が~~~~~~

 椛「ご、ごめんなさい」
 祐一「うぅ、椛に汚された。もうお婿にいけない」
 椛「せ、責任取りますので安心してくださいっ!」
 祐一「え、あ、いや、うん」


>http://jgj.yu-nagi.com/to-ko-31.html   リリカノならこれ

 なんというコガンさん。


>猫と狐・・・。ピロと真琴?

 祐一「ぴろはともかく、真琴は癒しには……」
 真琴「どういう意味よ!」


>だっくと申します、掲示板のおてまみ返すしてみた、載らないw、やりかたがわるいのかな?
>二回目のチャレンジ、さあこんどこそ成功してくれ、ぽちっとな!・・・・載らないorz
>結論、私は⑨か?⑨なのか!w

 なんでやろね。書き込み後は何故か画面ばぐってるし……理由不明やなー。まぁいいや。


>咲夜さんの話・魔理砂・紫様・また咲夜さん・・・よっぽど愛されてるなぁ、俺、ありがとう♪

 知ってるかい。幸せな夢を見せて、その後一気に絶望に落とされるのが最近の地獄らしいよ。


>死ね、だと?酷い事言う人だなぁ。にしても……あの似非神父め、食料(麻婆の材料)の搬入日くらい伝えとけ。仕返しにコレ渡してくれる?<翡翠作泰山裏メニューの麻婆豆腐

 言峰「……ふむ」<レンゲを装備


>死神代行として仕事をこなす祐一。念願の弾幕も出せるようになり、弾幕戦で妹様に負けないくらいの力に…。
>一方、閻魔様も仕事をまじめにこなす祐一に感激、よくからかわれるがそれ以上に感謝の念からよく飲みに誘うようになる。
>その様子を見ていた、女性陣有志が小町にかちこみをかけた。

 祐一「ほら並べー。持ってる金は渡して、列を崩さずゆっくりなー」
 映姫「仕事熱心で感心です。仕事が終わったら一つ、どうですか」
 祐一「そうだな、少しなら付き合うぞ」

 小町「いや、私もここまでいくとは思ってなかったんだって!」


>祐一がフェイトとの結婚式(in東方)をやるために早苗さんちに頼みに行きました。

 早苗「……うぅっ」<泣き
 祐一「泣く!?」


>真人がSASUKEに出ました

 真人「筋肉があればなんでもできるー!」<力技で障害突破
 理樹「真人がんばれー!」
 謙吾「ふむ、筋肉馬鹿だが運動神経はずば抜けているな」
 恭介「ふっ、流石は俺のダチだぜ」


>祐一、フェイト、ヴィヴィオが一緒に写った写真と子供ができましたという手紙が一緒にFateとkanonの知り合いに届いたときの反応を
>あ、エリオとキャロ入れ忘れてた

 キャロ「え、エリオ君落ち着いてー!」
 エリオ「離してキャロ、ちょっとなのはさんみたいにやってくるだけだから」<ストラーダを構えて
 キャロ「お話はダメー!」

 反応までは長くて出来そうにないので省略。とりあえず、大騒ぎなのは間違いあるめぇ。


>ROでMVPの居るマップで狩りをするとやたらとMVPに遭う俺。ビタタc狙いでアリの巣2層に行ってたらマヤーに23回遭ったし、GHカタコン行くとダークロードに4回遭うし、G狩りで行く先々にドラキュラだの、ファラオだの……

 なんと羨ましい。祐樹さんはチェイサーゆえにボスは狩れません。ボス狩りキャラ作るのもいいんだけどねぇ。ハイWIZとか、スナイパとか。


>遂に二部が始まったか・・・オーディンが出ない事祈る・・そして祐一がどんな戦いをするのか楽しみです♪

 まぁ、キャラ増やしても動かしきれないと思うので出さないかな。正直なところ、雪夜でもいっぱいいっぱいですし。


>えーりん、えーりん、祐一が異変を起こしたらしいんだ。ちなみに祐一の協力者はこいしとさとり……それでお宅のお姫様が「楽しそうね、えーりんに伝えておいて祐一に協力してくるわ」だって言ってうどんげを連れて行ってしました。

 永琳「……姫が自主的に外に出てくれたのは嬉しいけど、素直に喜べないわね。医者が頭痛なんて、洒落にならないわ」<頭を押さえて


>行方不明の少女、猫を追いかけ自力で帰宅(翌日朝七時)。家の中に入ると何時もと変わらぬ秋子さんがいた
>ってー……秋子さん?そのー……手に持ってる血が固まったような色のジャムは何ですか?

 秋子「自信作です」


>幻想郷での祐一の能力を考えました。その名はフェロモン!無意識の内に女性を虜にしてしまうという能力ry

 寧ろもう、どんな相手だろうとからかえる程度の能力とかでry


>ぶんぶんのレポート片手に魔理沙の箒に乗せてもらってフェイトの結婚式へ。フェイト結婚おめでとさんね。なのは、ヴィヴィオの近くにいないとナンパされるよ。あと魔理沙はご祝儀盗むな。今回は見逃してやるからあとで少し分けろ。

 祐一「とりあえず盗んだ魔理沙と、分け前をもらおうとしたアンタは後でお仕置き。具体的には、こう口にするのは憚られる方法で」
 魔理沙「一体何をする気だ!?」


>罪袋対策、祐一と結婚すれば減るんじゃね? 中には寝とったるぞと言って人妻萌えとか言って襲ってくるかもしれないが何割かは減るんじゃね? 罪袋でノイローゼ気味のゆかりん、頑張って偽装結婚をするんだ

 紫「それ、いいかもしれないわ」<目が正気ではない
 祐一「落ち着けゆかりん。冷静になろう」


>早苗「これが、祐君と池に落ちて、一緒にお風呂にはいったち」
>ミス  早苗「これが、祐君と池に落ちて、一緒にお風呂にはいった時の写真です。」
>うー☆「これは、フランと一緒にゆういちがぐるぐるしてくれた写真。」
>咲夜「これは、祐一との初めての野宿で私を抱きしめたときの写真です。」
>阿求「これは、祐一殿に頼んで、まっさーじして貰ってる写真です。」

 祐一「これは、そんな皆の口にするのは憚られるあられもない姿を納めた写真」
 四人「ちょっ」
 祐一「そしてこれをぶんぶんにですね」


>祐一「なあ、なんで俺は、映姫の椅子にされてんだ?」

 映姫「意外とすわり心地が良いモノで」
 祐一「この構図はあれだ、見方を変えると非常にいやらしい」
 映姫「いやらしい妄想を抱かない!」


>祐一って七夜の技を全て使えるんだから迷極沙門もつかえるんじゃないですか?それと十七分割も分割はできないけどできるんじゃないですか?

 あれがどういった技なのか、今一つ理解しきれてないんですよね。後、七夜の技は祐樹さんがある程度オリジナルで作り出したものばかりなので、迷極沙門はメルブラ七夜専用技として認識してます。分割もまぁ、出来ないことはないけど骨とかを切断するのは至難の業だってばっちゃが言ってた。


>祐一の旦那~、今までモフッた中で誰が一番良かったん?

 祐一「ぴろ」
 全員「猫に負けた!?」

 祐樹さんは美鈴をもふりたい。もしくは椛。


>http://www.nicovideo.jp/watch/nm6064899 汝、ギアスを見よ

 ギアスは何故か見る気にならなかったな。いや、それを言うなら00とかもだけど。最近のアニメより、確実に昔の方が面白かったからなぁ。ガオガイガーとか、シティーハンターとか、ガオガイガーとか。


>http://www.nicovideo.jp/watch/sm4673750  東ま  ですよー

 ネギまは原作が一番。第二期? は黒歴史。第三期は見てない。というか、アニメ化する作品はちゃんと原作に忠実で、かつ所々にオリジナルをいれるから面白いのであってなry


>ぐーやが祐一に難題を課しました「幻想郷で一番老けて見えるのはだ~れ?」月の頭脳が弓を構え、ゆかりんが冬眠から目覚め、神奈子様オンバシラ発射準備完了の後…祐一の答え(辞世の句)は

 祐一「そういうことを聞く本人が一番老けてると俺は思う、内面的に」<うまいこと言ったと言わんばかりの顔
 輝夜「ひどいっ」


本日の教訓。「花粉症が辛くて、体調崩しまくりんぐ」

 花粉症なんて滅びればいいのに。

東方騒乱伝。幻想郷縁起項目。

幻想郷縁起追加項目。



~幻想郷に迷い込んだ外来人~

神薙 祐樹 Kaminagi Yuuki

職業    手伝い ※1

能力    人付き合いが円満に出来る程度の能力(妖怪などを含む) ※2

危険度(?)    普通 ※3

住んでいる場所    人里


 幻想郷に迷い込んできた外の人間、外来人。人里に住居を構え、幻想郷に住むことを決意した一人。迷い込んだ当初、外来人の宿命というべきか妖怪に襲われている。そこを博麗の巫女に助けられ、外の世界に帰ると思いきや幻想郷に居ついた。
 外来人の中の何人かは幻想郷に住み着くこともあるので、不思議でもない。人里に住み着いた彼は周りの住民とすぐに馴染み、仕事を手伝ってお金を稼ぐ"あるばいと"という仕事をしている。人手が足りない時などに重宝されているらしい。※4
 弾幕ごっこは出来ない(弾幕は出せるが使い物にならない)が、空を飛ぶことは出来る。それを利用して、紅魔館に妖怪の山、守矢神社に博麗神社、魔法の森など行動範囲も広い。かなり頻度が低いが、永遠亭にも行く。


~性格~

 変人。これにつきる。彼に近い性格の持ち主は、八雲紫があげられる。※5
 代表的な例として、人のことを決して名前で呼ばずに彼独自がつけたあだ名で呼ぶ。これは誰に対しても例外ではなく、妖怪だろうが妖精だろうが幽霊だろうが閻魔だろうが関係ない。やめるように注意しても決してやめることはない。呼ばれ方はそれぞれだが、中には"まだマシ"なものもあるとか。どちらにせよ、彼にちゃんと名前を呼ばせるのは不可能に近いので、素直に諦めるしかない。
 ただ、常識自体は割とある。仕事に関しても無茶なことを言わない限りやってくれるので、慣れると味のある性格だと割り切れるかもしれない。

 人付き合いが円満に出来る程度の能力の持ち主だが、本当は別の能力なのではないだろうか。※6


~能力~

 その名の通り、人との付き合いが円満に出来る能力。ただ特筆すべきなのは、人間だけでなく妖怪などにもこの能力が効く点である。人間と妖怪はこの幻想郷で共存しあいながら、妖怪は人間を襲い人間は妖怪を退治する関係だ。
 といっても、万能なわけではなく低級の妖怪に襲われることはある。ただ、彼と関係のある妖怪は皆、幻想郷ではかなり強い力を持つ者ばかり。一緒にいることが多いので、そういう時に手を出す妖怪はいない。狙われるのは彼一人で暢気に歩いている時だけだ。※7
 本人は自分の能力が役に立っていないという。だが、普通の人間は妖怪と交友関係になれることは少ない。※8
 彼はもう少し自分の能力が、いかに自分の命を助けているか知るべきである。


~報告例~ (名前は彼本人が書き換えた)

 名前で呼ばないのをなんとかしたい。(腋巫女)

 無理。諦めが肝心。

 突然やってきては御飯をたかっていく。妹様がなついてるから無碍に出来ない。(ナイフ長)

 自分で作れないからたかるらしい。面倒だとも言っていた。

 吸血鬼に対しての敬いがない。人間の癖に。(うー☆)

 でも恐怖はあるところを見ると、その辺りは普通の人間と変わらない。本人も怖いモノは怖い、と言っていた。

 あまりうちに近づこうとしない。ちょっと寂しいわ。(マッドさん)

 それは貴方が彼を実験体にしようとするからです。彼が永遠亭に近づかない最大の理由だ。

 めだろっとで祐樹に勝てないわー。(カービィさん) ※9

 そんな事を私に言われても。

 私の新聞を取ってくれるのでいい人です。(ぶんぶん)

 物好きもいたものである。感性の違いか。

 客の中で彼が一番まともだと思う。たまに手伝いもしてくれるし。(もりりん)

 名前のことを抜きにすれば比較的常識人。

 AQN。(本人)

 私の名前は阿求です。


~対策~

 対策もへったくれもない。彼と関わった時点で、決して彼には名前を呼ばれない。先述にも述べたように、慣れてしまい味のある性格だと割り切る他はない。八雲紫も自分のあだ名に関しては諦めていることから、誰にも彼をとめることはできないのである。閻魔ですら無理。
 危害を加えることは決してないので、安心していいと思う。もし自分の仕事で困ったことがあれば、相談してみると良い。報酬次第で手伝ってくれるので、仕事が楽になるだろう。
 注意するべくは、本人が変人であるのでその行動が読めない点。人をよくからかい、おちょくり、たまに下ネタに走ることがある。





 ※1 あるばいたーというらしい。

 ※2 人間だけでなく、妖怪に妖精、亡霊とも仲良くできる。この能力ゆえに幻想郷に迷い込んだのかも。

 ※3 危害を加えるわけではない。念の為。

 ※4 かく言う私も、時々お世話になる。幻想郷縁起の編纂や、掃除などで。

 ※5 同じ性格という意味ではなく、何を考えているのか分からないという意味で。

 ※6 決して相手のことを名前で呼ばない程度の能力とか。迷惑にもほどがある。私も名前で呼ばれない。

 ※7 伊吹萃香や射命丸文、レミリア・スカーレットなど。虎の威を狩る狐。

 ※8 例外は博麗の巫女や魔法の森の魔法使いなど。

 ※9 外の世界にある、げーむというものらしい。たまに八雲紫の力で外に出ては、ふらっと持ってくる。それを自分が行く場所に置いて行くのだ。私の家にもいくつかある。

春過ぎて 桜枯れゆく 季節かな

 すっかり桜も散って花見もピーク。だというのに、意外と花見しようとしてる人っているのね。桜も散り始めてるから、その様子を見ながら騒ぎたいんだろうか。
 まぁ、騒ぐのはいいんだけど。少なくともマナーある騒ぎ方にしてほしいよね。後は、良識ある人間が花見をするべき。良識のない奴は来るな。

 なんか開幕から機嫌悪そうに見えますが、別にそんなことはなかったり。バイト先で弁当が飛ぶように売れたから花見する人まだいるんだなーと思っただけですよ? ま、良識を持って花見すべきというのは変わりませんけど。静かに桜を眺めながら飲んだり食べたりしたい人だっているわけで。
 夜桜を肴に日本酒あたりをきゅっといきたいですね。もう遅いけども。

 執筆状況ですが、まぁ適度に書いてます。最近は緋想天も起動せず、何かゲームをやることも少ないのでぼーっとしてすごすのが主ですし。JGJさん辺りとニコニコメッセで動画共有して、腹筋崩壊とかしたりね。MUGEN動画を見て、創作意欲を刺激されたりとか。
 息抜きは創作意欲を刺激させられるための準備期間だと思うんだよ。


 Web拍手レスコーナー。相変わらずの分割ぶり。


>自機5人(霊夢、魔理沙、咲夜、美鈴、妹紅)
>ミス  時機5人(霊夢、魔理沙、咲夜、美鈴、妹紅)のうち、霊夢、魔理沙、咲夜は最終面の裏ボス祐一戦で使用不可。美鈴、妹紅のみの使用となりかつ、
>美玲は弾幕が……

 咲夜「やっと終わったわ……」
 霊夢「一体今更何しにきたのかしら、あいつら」
 魔理沙「一体魅魔さまは何がしたかったんだ?」
 美鈴「にしても、無事終わって良かったですねー」
 妹紅「だな。さっさとかえってゆっくり」

 祐一「――まだ黒幕が残ってるのに帰るのか?」

 五人「!?」
 祐一「いや、流石に異変解決のプロが揃うと強いな。俺まで回らないと思ってたんだが」
 咲夜「あ、あなたがこの異変を起こしたの?」
 霊夢「……なんでこんなことしたのよ」
 祐一「さぁ?」
 魔理沙「おいおい、ここまできてだんまりか?」
 美鈴「説明してもらわないと怒りますよ」
 妹紅「こっちはいい迷惑なんだ」
 祐一「なら、俺を倒してから聞き出してくれ。でも、五人だと流石に辛いからな……三人ほど拘束させてもらう」<鋼糸で霊夢達を拘束
 美鈴「咲夜さん!」
 妹紅「私らだけ、か。きっついお仕置きしてやるから覚悟しろよ」

 長くなった。なんの異変かは各自想像してくれ。


>蓬莱の薬をこぼしてぬるぬるの祐一だと!? ……逃げるんだ祐一! このままだとえーりんに食われるぞ!(以前の地下王国でゆうかりんとともに祐一をおいしく頂いたという前科があるため)

 祐一「う……とりあえず顔だけ洗わないと口に入る」<顔をぬぐう
 永琳「……」<じっと見つめる
 祐一「つかなんでこんなぬるぬるなんだ」
 鈴仙「し、師匠?」
 永琳「あ、な、何でもないわ。早く湯の用意をしてあげなさい、うどんげ」


>けーねの寺子屋で、幻想入りしたカノンサブキャラメンバーが祐一と一緒にお手伝い。香里:算学、美汐:文学、祐一:体育、サユリ:給食
>あっという間に、人気者になってけーねがいらない子に!!!
>そこを祐一が妹紅より先になだめて、嫉妬される件。

 香里「分からなかったら考え込まず、先生に聞きなさい。ちゃんと分かるまで教えてあげるから」
 美汐「文学を知ることで教養を得て、落ち着きのある大人になることができます」
 祐一「おらお前ら、外で遊べ!」
 佐祐理「手を合わせていただきますですよー」

 慧音「……いいんだ、私はもういらないんだな」
 祐一「いや、んなことないから。慧音さんは皆に好かれてるし、皆もなんだかんだ言いつつも慧音さんの授業好きだって」
 妹紅「……」


>http://www.nicovideo.jp/watch/sm5408609  はずれを引いたので若本をチューニング

 これはひどい若本を見た。


>http://www.nicovideo.jp/watch/sm1053652

 つかさすげぇ。いや、かがみはもっとすごいけどw


>とりあえず、http://www.nicovideo.jp/watch/nm5395041をLook

 昔に見たなこれw


>るろうま魔理沙~

 魔理沙「るろうまってなんだ?」


>うー☆「あっぷぷいねいね」

 祐樹「なにしてんのうー☆」
 レミリア「はっ……!?」
 祐樹「よくわからんけど、お大事に」


>人外を呼び込むのなら横島のほうがいいんじゃないかと。

 横島「わいは人外より美少女・美女の方がええんやー!」


>メカ翡翠「~♪」(音楽を聴いて口ずさんでいる)
>祐一「ん? メカ翡翠が歌ってる? 何を歌っているんだ?」
>(翌日)祐一「……琥珀さん、何もメカ翡翠にあんな曲歌わせんでも……」
>琥珀「わ、私は知りません!!! 私は有彦さんが置いていったCDを1回かけただけですよ!!!」
>メカ翡翠「ガーガガピガガ、ガガガピーガー!!! ガガガピガガ、ガガガピーガー!!! ガーガガピガガ、ガガガピーガー!!! ガガガピガガ、ガガガピーガー!!!」<マキシマム ザ ホルモンの「糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー」を歌っている

 祐一「一体メカ翡翠はあれのどこに琴線を惹かれたんだ」


>stsin雪夜、ゆりかごを落としたあとはやてたちと合流して はやて「なぁ、祐一さん?」 祐一「なんだ?」 はやて「なんでゆりかごが落ちてんの?」 祐一「ちょっとした裏技で」 志貴「フェイトちゃんの救援にはあいつが入ったし」<ちょっと嫌そうに 士郎はスカリエッティのアジト付近で 士郎「投影開始」

 士郎「さて、あいつらばっかにいいとこ持ってかれてるし少し頑張るか」


>あ、あの紫さん? なぜ故に俺はあなたのところにしか行けないんでしょうか?

 紫「……ごめんなさい、ちょっと静かにしてくれる?」<罪袋襲来でノイローゼ気味


>堕王が行方不明になった日の夜、テレビに堕王の姿が!<行方不明の少女に非ず。場所は北海道最北端
>それを見たKanonメンバーの反応は?

 (´A`)←こんな感じ。


>無敵を誇る「祐一記念館(別名:琥珀の愛の記録)」に危機が!その危機とは……「ぎゅっとしてどかーん!」<「祐一記念館(別名:琥珀の愛の記録)」の壁が破壊された

 琥珀「きゃー!? 私の汗と涙と血の結晶がぁぁぁぁ!」
 フラン「なんか祐一だらけ。あ、これいいなー」<デフォルメゆういちくん人形を手に


>フェイトの妻発言に衝撃が走った秋葉、アルク、シエル。とった行動は勿論……「志貴ー!」「遠野くーん!」「兄さーん!」

 志貴「眩暈が……」


>幻想郷人里にて 里人「風、ようやくこの変態を倒したぞ」<倒れた罪袋の群れを見ながら 里人2「でも、これをどこに運べば」 幽香「八雲紫のところに放り込みなさい。これはあいつ関係だから」<花を売りに来たついでに罪袋退治 里人「わかりました……じゃあ、まず博麗神社に」 そうしてゴミ捨て場ならぬ罪袋捨て場になった博麗神社だったとさめでたしめでたし。

 霊夢「なんでうちなのよ!」


>大尉 あー、その話を聞いたらDS事購入したくなりますね~。しかし!資金不足に陥る罠がorz

 祐樹さんも常に金欠ですよ。バイトのシフトも色々と汲みなおして月10万以上は確保しないと色々と困りそうだし。また考えないとな。


>フェイトちゃん・早苗さん・咲夜さんにプレゼントです(祐一の恥しい写真)あぁ、早苗さんや咲夜さんなら幾つか持ってるか。w

 祐一「ふ、俺が人に弱みを握られるヘマをするわけないだろ?」


>恭也「……来たか。」<道場にて八景その他武器を揃えて鎮座
>七夜「おい、貴様よくも昨日はすっぽかしてくれたな。」
>恭也「昨日は止むに止まれぬ事情があった。仕方が無いだろう?」
>七夜「……まあ良いか。アンタもその気のようだし、さっさと始めるとしよう。」<七夜の短刀を取り出す
>恭也「……良いだろう。来い。」<構える
>(数十分打ち合った後)七夜「……ふう、どうやらアンタの家族が起きてくる時間のようだな。名残惜しいが、これで終わらせるとしよう。」
>恭也「……そうか。ならば俺も次で決めさせてもらう」
>七夜「――弔毘八仙、」
>恭也「――奥義、」
>なのは&白レン「――少し、頭冷やそうか?」

 既にオチがついているという。


>http://mai-net.ath.cx/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=toraha&all=4610&n=0&count=1
>なのはとフェイトのクロスならこっちもお勧め

 読んだ。おかげで夜勤明けに寝る時間を失したではないか。


>祐一と小悪魔が結婚したそうです。 小悪魔さんにインタビューした結果 小悪魔「漁夫の利っていう言葉を知っていますか?」とのことです。 文「あややや、なんかその場面が想像できますね」

 小悪魔「虎視眈々と狙ったかいがありました」
 祐一「……なんか複雑だ」
 文「まー、お幸せに」
 小悪魔「さて、ここから先はねっちょりと」
 文「あややややや」


>雄一と一緒に買い物してる早苗さんを見かけた咲夜さん一体そんな心境なんだろう。(大体は想像出来るがww

 咲夜(ふーん、先約ってこのことだったの。ま、いいのだけど)


>祐一と昔からの知り合いなら紅魔館の中での対応も少し変わるのかな?(良い意味で、ね・咲夜さん?

 咲夜「知らないわよ……」
 祐一「何の話だ?」


>紐糸日記←ひもいとにっき だと思ってた。個人的にあれはツボ(笑)

 やっぱそう読むんでしょうかね? しかしあのSSは、ヴォルケンズが色々とオワットル。まさかシグナムが戦おうともせず逃げるコマンドを使うとは。


>にとりが夜天の書を解体したら、なぜか銀髪で赤い瞳の美女が現れました。たまたま一緒にいた祐一に向かって倒れこみましたとさ。

 にとり「うわ、人間!?」
 リィンフォース「……くっ、ここは?」
 祐一「あの、苦しいんでどいてくれないか?」

 あの後、夜天の書は幻想郷にいったのかって阿呆かw


>幼馴染の早苗さんですから祐一の家とかにはお泊りに行ってたんですが反対に祐一も早苗さん家にも。
>早苗の家には神様二人が居ますが早苗には甘そうです。(祐一にも甘そうだが。

 諏訪子「良く来たね、ゆっくりしていってね!」
 神奈子「ほれ、早いとこやるよ祐一」<64コントローラー装備
 早苗「二人とも……」<困り顔
 祐一「今日も返り討ちだぜ」


>藤原組の人「姐さーん、組長ー、祐一が美人の外人さん連れてやってきましたよー!」

 藤ねぇ「ふーん……え?」


>魔理沙→紫→魔理沙→紫のエンドレス。二人とも何がしたい。

 魔理沙「私に聞かれてもな」
 紫「~♪」


>ヴィヴィオ「謎のステッキの力をもって、聖王ヴィヴィオここに降臨!」<右手にカレイドステッキ

 なのは「ヴィ、ヴィヴィオが……」<半泣き
 フェイト「なのは、気をしっかり!」
 ルビー「あは、これはいい幼女!」


>けーねの依頼で悪さをする妖怪退治に出た祐一・咲夜さん・早苗さん
>前線で息がピッタリの連携で退治中の二人を後方援護中の早苗さん。あっ!ターゲットがだんだんと妖怪から咲夜さんに………

 咲夜「ちょっと、どこ狙ってるのよ!」
 早苗「貴方が撃つ所に移動しているだけです。まったく、ちゃんと動いてください」
 咲夜「へぇ……言うじゃない。自分の弾幕の下手さを人のせいにするなんてね」
 早苗「そっちこそ、もう少し後ろを見たほうがいいと思いますよ。弾幕でぴちゅってもしりませんから」

 祐一「……こわひ」
 妖怪「苦労してるんだな」<哀れみの目で


>あれ?秋姉妹の姉(静葉)って紅葉の神じゃなかった?妹(穣子)は豊穣の神だから合ってると思うけど……<文々。新聞を見て

 風神録まともにやってない結果がこれだよ! まだまだキャラ設定とか詳しくないのでごめんね。俺の嫁は美鈴。異論はあっても聞かない。


>リリカルなのはStS×Fate(再構成)
>について詳細を所望するww

 理想郷で読んだ方が早い気がする件。まぁ、端的に申すのならばホロウに近いエンド後の士郎達がミッドチルダに行って、フェイトがツンツンしてデレる(ぁ


>祐一をゆかりん、ゆうかりん、えーりん、美鈴で取り合ってください。りんがつくからってこーりんはだめですからね。

 紫「さっさと諦めたらどうかしら」
 幽香「そっくりそのまま返すわ」
 永琳「争いごとは好まないのだけど」

 美鈴は祐樹さんの嫁です。


>誰の許可かって?英雄王。……そんなの管理人に決まってるだろーが。

 実は許可なんぞ出してなかったり。祐樹さんは基本的にバッドエンドへ関係はしていませんw


>むう、やはり腹筋をしている所に良く出くわすな。……よし、運動不足だから筋トレでもするか。

 持続力のない祐樹さん。


>クラスメイトA「あれ、相沢知ってる? 今日転校生が三人もこのクラスに来るんだって」 祐一「へえ、そうなのか?」 そうして現れた転校生は霊夢と早苗に咲夜だった。

 祐一「……ガッデム」


>もし祐一が記憶を失くしたら、自分が彼女だと言いそうな人(人外)があちらこちらに・・・・

 みんなの脳内の中では一体誰が名乗りをあげているんでしょうね。


>ぱっぴー☆

 こじまよしおか!


>早苗「祐君は、私の太ももに興味があるんです。」
>咲夜「祐一は、わたしの胸に興味があるの。」
>祐一「俺としては、最近は猫や狐に癒されてるが…。」

 早苗「藍さんと橙ちゃんですか……」
 咲夜「ちょっと話し合ってくるわ」<ナイフ準備


>フェイト「初めては全部祐一に教えてもらったけど、祐一はとっても上手だったのはなんでかなぁ?(怒)」<女性(義妹)と写ってる写真を突きつけて

 義妹って誰のことだ……。


>騒乱伝で唯一まともな呼ばれ方をされてるのは大妖精(みどりちゃん)だけという件。それとてんこはてんこですか?

 みどりちゃんがまともと思う時点で既に麻痺してる。てんこは色々と考え中。なければ、恐らくてんこ辺りになると思う。


>見えた!!白刃取り!!ってこれレーヴァンテイン!!<魔理沙の箒の上で炎上

 魔理沙「ばっ、何してんだ!? さっさと降りろ!」<大回転


>フラン、お酒を飲んで酔っ払って、ワインを頭からかぶったために血だらけのように見える。 あゆのことを思い出した祐一が過剰と言っていいほどにフランを心配する。それに驚く紅魔館メンバーというのを幻視した。

 祐一「本当に大丈夫か?」
 フラン「もー、大丈夫だってばー」

 レミリア「……私がフランを心配する時も、あんな感じなのかしら?」
 咲夜「いえ、あそこまで過保護ではないかと」
 パチュリー「心配しすぎね」
 美鈴「何かあったんでしょうかね」
 小悪魔「さぁ」


>そういえば、大ちゃんと早苗っていろいろかぶってるよね。まじめだし、苦労人だし髪の色が緑だし、

 大妖精「二つだけじゃないですか」
 早苗「いえ、確かに苦労はしてますけど……なんか複雑」


>メイド♪ニーソ♪PAD長♪

 咲夜「――――」<ナイフ準備


>※スキマ送りにされました※は祐一さんでした。(座薬的な意味で)

 鈴仙「座薬っていうな!」
 祐一「寧ろそこまでよ! 正直検閲するか迷ったが、なんとなく検閲した」


>筋肉なんてくだらねぇぜ。俺の歌を聞け~!!!

 真人「聞き捨てならねぇな!? 筋肉が下らないとか言った奴はどいつだ!」
 恭介「俺だ」
 真人「恭介……テメェ」


>yuu
>祐一と一緒にエリオへのプレゼントを探しにきたキャロ。そこで見たのは、ルーテンシアと腕を組んでいるエリオの姿だった。

 キャロ「あ……」<二人を見つける
 祐一(げ、何やってんだモンディアルの奴。うわー、どうしよ)
 キャロ「ルーちゃんとエリオ君……腕組んでる」
 祐一「ま、まぁそういう時もあるって。ほら、ルシエだってモンディアルと組んだりするだろ?」<汗


>祐一、今幸せか?……なら此処にサインを、(東方死神代行証明書)

 祐一「いや、何故?」
 小町「ちょっとあたいもゆっくりしたいのさ」
 祐一「いつもじゃねーか」


>祐一「おっ手紙がなになに…私達結婚しました魔理沙&アリス&パチュリー…これ魔理沙が夫でFA?」

 祐一「いや待て、意表をついてパチュリーが夫なのかもしれない。で、正妻がアリスで側室が魔理沙。しかし、もしかするとアリスが夫というry」


本日の教訓。「花見する時間もないし、するメンバーもいねー」

 さて、祐樹さんの寿命は一体いつくるんだろね?(何

実験作八作品目

 うえっぷ……ちょっと昨日は飲みすぎたかも。もんぺやむしキング達と騒いだ後、もんぺに護衛してもらいながら人里の我が家へやってきてばたんきゅー。起きた時には立派に二日酔い。
 あんまり強くないから飲みすぎるのは良くなかった。うーむ、こんなことならナイアガラ・リバース発動して少しでも抜いておくべきだったかもしれない。

「こんにちはー、毎度おなじみ文々。新聞でーす」

「……ぁーい」

 ぶんぶんが新聞を持ってきてくれたらしい。購読者が少ないらしく、今のところ定期購読をしているのは僕と一部の人間と、香霖堂の店主だけとか。物好きっているものだね、やっぱり。僕の場合は、結構楽しめてるからいいんだけど。

「おはようございます。あや、顔色悪いですね」

「飲みすぎ。ちょっと気持ち悪い、うぷ」

「わっ、引っ掛けないでくださいよ!?」

 流石に故意でもない限り、ナイアガラ・リバースを人に放とうとは思わない。ひとまず気分を落ち着かせる為に、水を一杯。

「ぶんぶん、新聞ちょうだい」

「はいどうぞ。それにしても珍しいですね、貴方が飲みすぎるなんて」

 ぶんぶんから受け取った新聞を読みつつ、その問いに答える。

「昨日はもんぺにむしキング、新参ホイホイと自堕落姫とかと一緒に騒いでたから」

 あ、腋巫女が載ってる。えーと、奇跡? 博麗神社の賽銭箱に謎の一万円が入っていた。これに対し、博麗の巫女は"ようやくまともな人が神社のありがたみを知ったのね。今後の賽銭箱の中を覗くのが楽しみだわ"と零している。
 一体どこの物好きだろう、博麗神社のサーセン箱に賽銭するなんて。もしかしたら、あまりにも不憫に思った少女臭あたりが入れたのかもしれない。もしくはうー☆とか。

「あやや、珍しいですね。輝夜さんに妹紅さんが一緒にいて喧嘩してないとは」

「喧嘩しようとしたけど、僕が止めたの。やめなかったらナイアガラ・リバースを引っ掛けるって脅して」

「うわ……ひどい。そんな脅しありですか?」

 人前で喧嘩する方が悪い。どうせするなら、誰にも見られない場所でやってくれ。下手にリザレクション現場に立ち会うと、見せられないよの看板をかざすしかなくなる。僕は間違ったことはしてないはずだ。

「ぶんぶん新聞配りは?」

 急ぐ様子もなくゆったりしているぶんぶん。いつもは慌しく新聞を渡して去っていくのに、珍しいことで。

「今日はここで終わりです。配達ルートを変えたので、今度からここが最後になるんです」

「へぇ」

 まぁ、ぶんぶんの新聞は不定期発行だからそうそう来るものじゃないんだけど。労いもこめて水を一杯差し上げる。

「どうも」

「どういたまして」

 ちなみに今までにもらったぶんぶんの新聞は、立派に再利用させていただいております。具体的には釜にくべる火種だったり、風呂を焚く為の燃料にしたり。実に素晴らしい使い道でございます。ちゃんと読んだ後だから、ぶんぶん的には怒るに怒れないらしい。
 まぁ、暫くは保管しておくから色褪せてきたりしたら使うわけだけど。幻想郷にはガスとかそういうのがないから、すごく面倒だよね。かっぱ巻きになんか作ってもらおうかな。

「あ、ぶんぶん。この後暇なら、ちょっと付き合ってくれない?」

「はぁ、構いませんがどちらへ?」

「妖怪の山の守矢神社。一人だと怖いし」

 迂闊に入るものならば、わんこに撃墜されかねない。いや、冗談だけど。あそこにもいろんな妖怪がいてかつ強力だから護衛なしに入るのは怖い。大抵なら黒白とか腋巫女に頼むけど、今日はぶんぶんがいるから頼んでみる。

「いいですよ。貴重な新聞購読者に対するサービスです」

「流石ぶんぶん。その言葉の裏は、新聞とってなかったら誰が貴方なんぞに付き合いますかこのボケェというわけか。恐ろしい天狗だな!」

「被害妄想ですよ!」

 ぶんぶんを弄るのは楽しい。守矢神社に行く途中で、わんこもからかっていこう。

「失礼します、祐樹さ……あら、天狗の」

「あ、AQN。何かよう?」

 人里で幻想なんたらとかいう本を書いてる娘さんであるAQN。稗田という苗字から、古事記を書いた稗田阿礼と何か関係あるの、と聞いたら転生した本人だという。
 痛い子なのねと撫でてやったら、綺麗な笑顔で右ストレートが飛んできた。鳩尾にもろだったので、その時は苦悶に悶えたよ。その時の恨みは晴らしたので別にいいけど。

「ですから私の名前は阿求だと……」

「いや、だからAQNであってるじゃないか」

「……いえ、もういいです」

 ため息つかれた。なんかむかついたので今度、AQNの屋敷に侵入して幻想なんたらとかいう本の原稿を紫もやしの魔導書の一ページとすり替えよう。

「大した用ではないんですが、幻想郷縁起の執筆について」

「あれ、祐樹さんも幻想郷縁起に載せるんですか?」

「はい。一応」

 一応か、大して追加する理由もないけどお情け的な意味で書いてやろうということか。AQNの癖に生意気なので、時々道に落ちていたぶんぶんの羽根を拾って作った羽箒でAQNの鼻を擽る。くしゅんと可愛らしいくしゃみをした後に叩かれた。
 暴力反対でござる。

「そういえば、祐樹さんの能力って知りませんね。一体なんですか?」

「美少女を虜に出来る程度の能力」

『ありえん』

 (笑)がつきそうな勢いで言われたので涙目。男の子にとっては憧れなんだぞー、そんな能力。夢はハーレムとまではいかないが、嫁の一人や二人はほしいやね。もちろん、身の安全が保証されるのが前提で。
 ドメスティックバイオレンスは昨今、問題があるし。僕はもちろん、暴力なんて振るわないよ? 適度にコミュニケーションという名のからかいはするけど。

「じゃあ、ぶんぶんの新聞を嫌なのに取らざるをえない程度の能力」

「ひどいっ」

 ですよね。それに、そんな能力なんの役にも立たないし。それにさっきも言ったけど、ぶんぶんの新聞は割と面白いから取ってるし。それを言ってあげるとぶんぶんが喜んだので良かった。今度焼き鳥でも食べにいこうと誘ったら手に持った団扇で叩かれた。
 笑顔だから、こわかった、です。

「で、本当のところはなんなんですか?」

「人付き合いが円満に出来る程度の能力。妖怪とかこみで」

 あー、とぶんぶんが納得する。むぅ、僕としてはメダロットを自由自在に出せる程度の能力とかの方が良かったんだけど。この能力、役に立ってるのか立ってないのか良く分からないんだよね。

「なるほど、だから天狗達ともそれなりに親交があるんですね」

「といっても、少し話す程度だよ。黒いのなんかはお腹減ってる時に会うと問答無用で食べようとしてくるし」

 軽いホラーです。

「でもなんでAQNは僕をその幻想なんたらに載せようとすんの? 言っちゃ悪いけど僕は異変解決に貢献したりはしてないよ。メダロット普及はしてるけど」

 それが終わるまで、僕の旅は続くんだ……完。いや、終わらないけどね?

「幻想郷縁起、です。祐樹さんは幻想郷縁起に名を連ねている妖怪や妖精、亡霊達と幅広く親交がありますし。正直言いますと、異常ですね」

「あー、確かに。霊夢さんや魔理沙さんはいざ知らず、ほとんど一般人と変わらないような祐樹さんが紅魔館の人達と付き合って無事に済んでる辺りは異常ですね。特にレミリアさんとか妹さんとか」

 僕としてはマッドさんとは永遠に手を切りたいところだけどね。いや、実験さえしないと確約してくれるなら別だけど。あれがなければ問題ない。危険性だけで考えるなら、マッドさんとUSCさんとかが一番危険。黒いのは三番目?
 というか、二人とも失敬な物言い。少なくとも僕は幻想郷の住人ほどぶっ壊れてはいない。ほんのちょっとだけ、おちゃっぴぃなだけさ。

「まぁなんでもいいよ。AQNの好きなようにしたら?」

「そのつもりですけど、一応色々とお話を伺っておきたくて」

 弱点とか対処法とか、と零すAQNは人をなんだと思っているのか。まるで妖怪扱い、これには流石に凹まざるをえない。僕は人間だよ!
 恨みを晴らすべくAQN、ついでにぶんぶんをくすぐってやった。なんで私まで、という悲鳴が聞こえたけどなんとなくだから仕方ない。

 二人とも、笑い声かなんとなくえろい。ちょっともんもんした僕だったとさ。

「余は満足じゃ」

「こ、こっちは笑いすぎて苦しいです」

 服が乱れたAQNがグラビアでありそうなポーズ(体を横にしてこっちを見ているようなの)で呟く。うーん、これは狙ってるのか天然なのか。恐らく後者だとは思うんだけど、えろいね。ぶんぶんはそんなAQNを写真に撮ってるし。
 後で焼き増ししてもらいましょう。

「僕を妖怪扱いする方が悪い」

「私は何も言ってないのにくすぐられましたよ!?」

「ぶんぶんはなんとなく」

 ひどいと困った表情になるぶんぶんを見てると、ふふ、申し訳ない話なんですけど、その、ぞくぞくしちゃいましてね……? やっぱりぶんぶん弄るのは楽しいね。たまに報復されたりするけど、ぶんぶんはいい子。
 本人曰く、敬語で話すのは営業用らしいけど僕にとってはどうでもいい。本音で語り合ってるし。

「ま、その幻想なんとかが出来たら見せて。納得いかなかったら言うし」

「分かりました。人里の人たちにも、色々聞いておかないと」

 AQNはそういって立ち去る。一体どんな風に書かれるのか、ちょっと興味が出てきた。

「で、もう行きますか?」

「寝巻き姿で外は出歩けないよ。ちょっと着替えるから、五分ほど待って」

 誰も触れなかったけど、今の僕は寝巻きである。寝起きの姿を見られ続けるとか、どんな羞恥プレイか。まったく、もう少し常識というものを持ってほしいね。
 僕? 僕はほら、常識人だから(キリッ

「なんですか、急に変な顔をして」

「失敬な!」

 そこはだっておwwwwと返すところだろうに。よし、メダロット普及と共にボケに対する返答の仕方というものを仕込んでいこう。目指せ、幻想郷全員メダロッター化&2ちゃんねる用語常識化。きっと楽しいことになる。
 この作品は、キャラ崩壊から成り立っております。

「というか、スルーしてましたけど女性の前で着替えないでくださいよ!」

 今更過ぎる突っ込みにワロタ。



 というわけで、主人公の能力はこんな感じ。役に立ってるのか立ってないのか分からないのがミソ。面白いのかどうか、自分じゃ判断できないのが困るよね。紐糸日記の人はすごいと痛感する今日この頃。次辺りに、幻想なんたらに載る主人公の欄でも書くか。

最近やる気せんなー。

 今更ながら、自分のブログに一体どんな人がきてるのか訪問者リストを見たりした祐樹さん。登録してからまともに押したことなかったよ! 流石、機能をほとんど使いこなせていない人間は伊達じゃない。んで、いざ見てみると意外にいるのねFC2とかから来てる人。中には無論、リアル友人のモフィーがいたりするんだけどんなこたどうでもいい(ぁ
 別に重要な人がここに、ということはないんだけどMUGENキャラ製作者が数人来てたのは本当に意外だった。こんな辺境の地にやってくるなんて、なんという開拓者。フロンティアスピリッツ旺盛すぎるでしょう?

 さて、また先日夢を見ました。いや、東方キャラじゃないんだけどね。どっか旅行みたいなもんで日本じゃないところにいるんですが、何故か祐樹さんがコロシアムというかなんか公式のバトルロイヤルみたいな大会に出て、上位まで勝ちぬけてるんです。ありえん(笑)
 で、何故か一緒にいるのがアルカナハートのはぁと。え、なんで君なのとばかりに唖然。自慢じゃないけど、祐樹さんはアルカナハート一回もプレイしたことないです。MUGENで多少知ってるだけだし。
 覚えてるのはそれぐらいなのですが、リアル友人が出てたり微妙に反応に困った。起きて暫く呆然としてたし。一体なんであんな夢見たんだ。


 ここ最近はスパロボKも落ち着き、色々と執筆もしたりしてます。卒業してからもバイトは続けており、人が増えたので火曜日を休みにしたので執筆も多少しやすくなりました。ま、だからって順調に進むとは限らないんですが。雪夜しかり、リリカルしかり、散策しかり、幻想郷しかり。
 え、騒乱伝? あれはただ単に祐樹さんの妄想と駄文というテストものです。最近は細かく考えすぎてる気がするので、また初心に帰って適当に書こうかと。

 んで、息抜き程度に理想郷で色々読み漁ってるわけですよ。とらは板や、その他板、あとはチラシの裏板とかね。最近主に読んでるのはリリカルなのは系や、東方系。といっても、かなり限られた奴ですが。
 紐糸日記とかが主な奴ですね。ところでこれ、なんて読むんだろうか(ぉ 誰か教えて、偉い人。

 それでここ最近、楽しんで読んでるのがとらは板にある、リリカルなのはとFateのクロスである、リリカルなのはStS×Fate(再構成)というSS。個人的に結構楽しめて読んでる作品です。
 まぁありがちな話ですが、凛に士郎、セイバーがリリカル世界にやってくるという設定。ただ、ありがちだけど面白いものは面白いわけで。中でも最初はフェイトが士郎を避けているのですが、理由がありそれが誤解だと知ると一気にデレ期に。そこからもうフェイトそんが可愛くて仕方ない。
 自分もそんなフェイトそんを書いてみたい……でも無理かな(’’ 息抜きと同時に刺激を取り入れることにもなるのでいい感じに。頑張って書いていこう。


 Web拍手レスコーナー。


>ナースな展開だぜ!!の元ネタは『鉄のラジオバレル』と入力すれば分かります、祐樹さん…お勧めですよ

 鉄のラインバレルのラジオ番組ですか。最近のアニメは一切わからんなぁ……年寄りにはちときつい(ぉ


>私はアリスの人形たちが好きなんだけどおかしいかな?おかしくないよね!

 上海人形の可愛らしさは異常。祐樹さんも人形達大好きだよ!


>けーねに食べてもらうのはやめて~ ここに待ってる人がいるんですから

 慧音「そもそも私に食べさせようとするな」


>DSを持っていない私はSRWKに出てくるバーチャロンがどんな扱いになってるのかが気になります。懐かしいなぁ…アーケードの最終ランクは大尉で終わってたからなぁ……

 今回は空気参戦、ということはない。とりあえず第三次αで出てきた三人以外に、シャドウ系列の機体(テムジン型、フェイイェン型、ライデン型)は出るし、マイザー三姉妹にジグラット、ヤガランデ、SHVBD所属のライデン部隊にダイモン、さらには白騎士とタングラムまで出る始末。
 ストーリーの重要な位置づけにいるのはまず間違いない。というか、ネタバレした祐樹さんを許しておくれ。とりあえずかなり見えにくくなるように調整はした。もしはっきと見たいのなら、反転してみちゃってください。嫌ならすぐにスルーだ!


>あ、ありのままを話すぜ、diaryで紹介されてたれいてぃ屋を見てきたが・・・何だこの人形の可愛らしさは!上海とか蓬莱とか私を萌狂わす気かw

 パチュリー漫画しか目に入らなかった。美鈴可哀想です。


>たしか中華一番の最後のほうで、五つの味が同時にあるとすごいことになるとか書いてあった気がするから、謎邪夢も五つの味が同時に認識されるからとんでもない味になるんじゃないだろうか

 特級厨師ですね分かります。


>衛宮家のメンバーにモンハンをやらせると、どうなるのだろうか?

 モンハンは一切食指が動かんのですよ。友人の何人かはやってはいますけど、祐樹さんはやる気ナッシング。だから早く英雄伝説空の軌跡オンラインをですねry


>七夜「なあ、こんな玩具で遊ぶのはつまらないと思わないか?」
>恭也「……何が言いたい?」
>七夜「いや、お互いに自分の本気を出せた方が面白いだろ?……俺の名は七夜志貴。さあ、アンタの名前を教えてもらおうか。」
>恭也「……もし断ったらどうする気だ?」
>七夜「何、その時はその時だ。そうだな、この様子ならアンタの家族の誰かと死合うのも面白いだろう。」
>恭也「……高町恭也だ。俺の家族に手を出したりしたら承知しない!!」
>七夜「やれやれ、そう熱くなるな。俺はただアンタと遊びたいだけだ。次に会う時は俺はコイツでやる。アンタもがっかりさせてくれるなよ?(七夜の短刀を取り出す)……今夜、近くの山道にて待つ。それじゃ、また合おう。高町恭也。
>恭也「……今夜、か。負けてはやれんな……」<手を強く握り締めながら

 しかし、高町家の良心であるなのはの捨て身攻撃で恭也は出かけられず、七夜は待ちぼうけを食らったという(ぁ
 コメントなげぇw


>FSNの世界にリリカルが英霊として参戦。    セイバー:シグナム、キャスター:シャマル、ランサー:スバル・ナカジマ(犬つながり)、アーチャー:なのは、アサシン:ザフィーラ、ライダー:ウェンディ、バーサーカー:闇の書、ギル子:チンク、ランサー(オーディン):フェイト   の面子で頼みます。

 明らかに無茶振りw 台詞だけでどうしろというのか!


>うー☆「ゆーいち、しゃくやとけっこんしてずっとここにいて。」(web拍手版)

 祐一「……咲夜、これはなんだ?」<レミリアを指差して
 咲夜「お嬢様に指を差さないでくれる?」
 祐一「これレミリアか!?」


>無駄無駄無駄無駄
>ギルとdioの対決ってどっちが強いのか?

 ギル「ふん、吸血鬼風情が我に刃向かうか。よい、その戯れに付き合ってやろう。簡単に死んでくれるなよ、雑種」
 DIO「良かろう、やってみろ……このDIOに対して!」


>お前にラブハート

 俺の歌をきけー! ですね。


>え? 遠坂凛ってネタキャラじゃなかったのか!?

 凛「ちょっとお話しましょうか?」<綺麗な笑顔


>祐一とうどんげに早苗と咲夜の四人がいつも博麗神社で宴会をするのじゃつまらないからとそれぞれの主に言われて花見場所を確保するためにその場で一泊するようです。
>ちなみに花見の場所は妖怪の山です。祐一は頑張ってテントを立てて、米を炊くなどアウトドアを楽しんでいるようです。

 祐一「いやぁ、なんか知らんがゆったり出来ていいなぁ!」<清々しいくらいの笑顔
 鈴仙「……すごい楽しそうですね」
 早苗「うん。なんだろう、楽しそうなんだけど」
 咲夜「見てて何か痛々しいわ」
 祐一「ヒャッホウ!」<壊れ気味


>ガンソードのヴァンとせっちゃん(srwz)が互いの不幸話をしたところ鬱状態なったためにせっちゃんは祐一に引きずられていきました。ヴァンはガンソのメンバーに

 ヴァン「……そうか、アンタも苦労してるんだな」
 セツコ「いえ、ヴァンさんこそ……なんて言っていいか分かりませんが、頑張ってください」
 ヴァン「アンタもな」
 セツコ「……はい」

 祐一「ほらほらセツコさん、暗くなってちゃ幸せが逃げますよ」<せっちゃんを引きずって
 セツコ「あ、あの、祐一君? 分かったからひっぱらな」
 ウェンディ「もうっ、またこんな所で。ほら、さっさといくわよ!」
 ヴァン「わかった、分かったから引っ張るな!」


>神社で祐一がぺったんぺったんむねぺったんを熱唱。各人の反応は?

 全員が去った後、そこにはずたぼろにされた祐一の姿が。ヤムチャしやがって……。


>早苗「祐君、ちょっと手伝ってもらっていいかな?」
>早苗「祐君、ちょっと手伝ってもらっていいかな?」
>咲夜「ちょっと祐一、早苗とどういう関係なのよ!!」
>早苗「そういう、咲夜さんとはどういう関係なんですか?」

 祐一「いや、なんでそんなに怒っていらっしゃるのでせうか……。二人ともいい友人なんですが」<汗


>http://www.nicovideo.jp/watch/sm3594717 これはイイ兄貴!!!!??

 いい声すぎるwww てか、これ再生した瞬間に再生数35000ぴったりだった件。


>紫さん?東方空間から出られませんが?というかひたすら魔理沙…いいけどさ。

 紫「~♪」<明後日の方向向いて


>堕王が猫を追いかけて行方不明になりました

 祐一「おーい、誰か名雪の行方を知らんかー?」
 

>名雪を起こすミッションに姉御参戦、恭介と一緒にミッションスタート!

 恭介「さて、ついに俺たちのでば」
 唯湖「黙れ恭介氏、ここは私だけでやる。君は邪魔だ」
 恭介「なっ……」
 唯湖「ふふふ、こんな楽しそうなこと一人でやらなくてどうする。相手は寝ている、つまり何をしてもいい、イコールえろいことし放題。テンションあがってきたぞ」

 名雪「……う、うー」<オーラを感じてうなされる


>春原陽平さんへ 大事なお話があるので、放課後体育館裏に来てください。それと最後に「想定の範囲内です」と言ってください。
>陽平「ついに僕にも春が。想定の範囲内です」<体育館裏に到着」
>『おいでやす~春原は~ん』<運動部猛者一同
>陽平「ヒィィィィ!想定の範囲内です」ラグビー部部長「想定の範囲内か、分かってて来るとは大した度胸だ」陽平「あ、あれは確かに女子の字だったはず!想定の範囲内です」柔道部部長「そりゃそうだ、女子に頼んで書いてもらったからな」空手部部長「さあ……お楽しみは、これからだ」陽平「そ、想定の範囲内ですぅぅぅぅぅ!」<ドップラー効果
>某所 祐一「なあ杏、運動部の猛者一同に何か頼まれてたようだが……何を頼まれたんだ?」

 杏「んー? ちょっとね」


>祐一=歩くフラグメーカー、士郎=歩くブラウニー、志貴=歩く人外呼び込み機    でok

 祐一「士郎と志貴はともかく、俺のは納得いかん」
 士郎「いや、俺の方が納得いかないんだけど……」
 志貴「二人ともぴったりだろ。俺のは非常に不快だぞ」


>(*゚∀゚)o彡゜フェイト ワラキア「カット」 (*゚∀゚)o彡゜フェイト

 フェイト「な、何?」


>早苗「祐君へのお仕事へのお礼は体で返してましたよ。」

 咲夜「……ちょっと、どういうことか説明してくれるかしら」<引き攣り笑い
 祐一「何もしてない! 早苗も誤解を招くようなこと言うな!」
 早苗「事実だもん。だって御飯作ったり、肩揉んだりしたじゃない」
 祐一「ならもう少し言い方を……」


>何だか最近腹筋をしている所に出くわす事が多いな。筋肉道でも極めろとでも言うのだろうか?

 真人「今、筋肉って言ったか!」


>魔理沙が等身大祐一君シリーズを「祐一記念館(別名:琥珀の愛の記録)」から無断で借り出しました。

 琥珀「ファーーーーク! 私のコレクションを盗み出すなんていけないネズミさんですねー! そんな泥棒さんはお仕置きして、丸めてぽいっですよー!」
 魔理沙「うげっ、なんか同じ顔がいっぱいきた!? に、逃げるが勝ちだぜ!」<メカヒスイ軍団を見て


>宴会会場になっている神社に祐一を訪ねてみっしーが幻想入り。
>美汐「祐一さんは、私のです。(だきっ)」<泥酔

 祐一「あ、天野? なんでここに……」
 美汐「祐一さんを訪ねにきたんですー」<ぐでんぐでん
 祐一「酒くさっ!? おま、いつの間に飲んだ!?」
 美汐「失礼ですね、私はまだ少女です」
 祐一「答えになってねぇ……」


>東方儚月抄に出てくる妖怪兎達…その姿は雪うさぎに酷似していて祐一のトラウマを抉る。 妖怪兎の総大将兎詐欺様はそんな祐一を優しくなぶるのだった

 てゐ「うーさぎうさぎ、何見て跳ねるー」
 祐一「やめろよー」
 てゐ「ウササ、やめてほしかったらてゐ様に忠誠を尽くすというウサ」
 祐一「だが断る」


>只今罪袋大量発生中、幻想郷のいたるところでゆかりんファンタジアを熱唱中。 霊夢「紫、何とかしなさいよ」 祐一「……さすがにあれは」 賽銭箱の前で十人の罪袋が熱唱中。

 霊夢「人の賽銭箱の前で怪しげな歌を歌わないでほしいわ」
 祐一「ただでさえ人が来ないのに、さらに人が来なく……」
 霊夢「一言余計よ。ほら、さっさとなんとかしてよ紫」
 紫「出来るならやってるわよ……。一体何度あれをスキマで放り出したことか」
 祐一「今度は踊りだしたぞ……ぐぅ、魔力と一緒にSAN値まで下がっていく」


>なのはstsin雪夜だと、聖王のゆりかご内で 祐一「……うんじゃ、志貴」 志貴「了解……」 聖王のゆりかごの終了のお知らせ……墜落する聖王のゆりかごを見て六課のメンバー「あれ? 私たちの出番は?」 ちなみにヴィヴィオは志貴の直死の魔眼でレリックを破壊され無事です。

 スカリエッティ「……あれ、なんで落ちてるのかね?」
 フェイト「私のお話は?」


>うおお、英雄王か、ジャ○プをあげるから見逃して!

 ギル「戯け、カズキに貸してはいるがジャ○プなら既に持っておるわ。さっさと消えるがいい雑種」


>ルビーの量産……。たいころで狐耳アンバーがやってたよな、ステッキというより魔法少女のほうを。  ……だけど祐樹さんはたいころに手を出してないという罠。ああ、話題にしづらい……。

 いまどきの若者の話題にはついてきませんぬ(ぇ


>浩平「AMF発生装置を身につけたこの俺に魔法など無力だ狂戦士に冥王よ!」
>留美「じゃあ……」<早苗印のネオレインボーパンを持って
>なのは「それ以外ならいいんだね」<秋子印のネオレインボージャムを持って

 浩平「お、お前ら鬼か! この悪魔、鬼畜、サディスト!」


>えーりん、えーりん、てゐが蓬莱の薬を落として割っちゃったよ……しかも祐一の頭に当たって、蓬莱の薬って皮膚吸収したっけ?

 永琳「ちょっとてゐ、危ないじゃないの。飲まないと効果が出ないのが唯一の救いだったから良かったものの、もし効果が出てたらどうするつもり?」
 てゐ「……ごめん」
 祐一「いや、それよりもこのぬるぬる感を取りたいから早く風呂に入らせてくれ」


>あははー、マジカルさゆりん幻想入りですよー!!!

 さゆりん「祐一さんのハートをゲッチュするため、マジカルさゆりんただいま参上です。あははー、祐一さーん」


>美汐「巫女は、時に勝てない戦いにも身を投じなくてはならないのです!!!」<祐一の結婚写真を握り締めて

 不倫か!


>もふもふもふ……最近幻想界ではもふられるのが流行のようです。

 じゃあ、祐樹さんは美鈴をもふってくる。主にべddry


>質問です 散策の修学旅行編にWBE拍手のネタを組み込むんですか?

 ランサー召還とかその辺りですかね。反応が半分半分だったので、恐らくランサー召還はなし。もしくは、召還してもかなりの制限(宝具使用不可、ステータスランク大幅ダウン)がつくかと。後者は色々と書きにくそうだから、多分出さない。


>雪夜in幻想郷のタイトル、いい加減決めようよ

 そだねぇ。中々こう、いいタイトルが決まらないんですよね。色々とタイトル案をもらったりもしましたけど、やっぱりそこから決めるかなぁ。さて、その記事を発掘する作業をry


>祐一「暇潰しに来た」秋葉「相変わらず唐突ですね」シエル「ところで祐一君」アルク「隣の人誰?」フェイト「フェイトと言います。祐一さんの妻です」

 三人「……妻?」
 フェイト「はい」


本日の教訓。「テレビで警察二十四時見てたらFateのBGM流れてふいた」

 ついでにSEEDの次回予告BGMも流れてたからね。Fateはエミヤだったしよ!w

エイプリルフール嘘ついたよ!(嘘

 エイプリルフールにあえて何もせずにすごすという。まぁ、何かしら考えたんだけどその日はバイトで夜勤があったので時間がなかったんですよね。生きるためにはバイトしなきゃいけない。
 いや、それなら働けよという突っ込みはごもっともで。どうしたもんかね、やはりこのままバイト先を就職先にするべきか!

 まぁそんなこたおいといて。四月一日に、多少なりともJGJさんとお話(なのはさん的な意味ではなく)してたんですが、何かしら合作作ってみたら面白いかもね。いや嘘だけど。
 そんな話。内容的には、四月馬鹿の日なので神薙(何故か俺)がキスした人と結婚する、という嘘をついてそれを本気にした幻想郷メンバーが襲い掛かるというわけのわからん内容。
 JGJさんいわく、早苗さんは味方の振りをしておいて内心は牙を研ぎ澄ませてるらしい。そして二人の共通認識は、あややは最後の最後まで味方をしていざ終わるとなって油断したところをがぶり。天狗は狡猾なのです。天狗じゃ、天狗の仕業じゃ!
 ま、そんな妙なお話だけしてました。やらないだろうけどね。ちなみに一人だけ味方を作るとしたら誰だ、ということになって祐樹さんは迷わず美鈴と答えました。それ以外に回答があるか。

 しかし合作、仮にやるとしてもrkさんと合作したら最後にヤンデレ的なものにされそうで怖いね! ヤンデレは俺の萌え要素には当てはまらない。でも、合作自体は面白そうだから困る。やったことないからなー。
 とりあえず、そんなエイプリルフールの出来事でした。


 Web拍手レスコーナー。


>スパロボKに祐一が入ったら、ファフナー組のなぜかお兄さん役になったりしたら面白いかな? 祐一のロボット? カレイドルビーが変形してロボットになるに決まっているじゃないですか……そして一言ファサリナがエロい、祐一……あ、だめだファサリナがノックダウンするところしか見えない。

 祐一「まず大事なのは気配を殺すことだ。ばれたら死ぬ、そう思うのがいい」
 総士「常に緊張感を持って、その感覚を体に覚えさせるのか」
 一騎「でも、それって相当神経を使いますよね」
 衛「出来るのかなぁ」
 剣司「途中で神経切れそうになるかも」
 祐一「じゃああれだ、女湯を覗く時の勢いで」
 四人「オイ」

 ガンソは見たことないから良く分からんけど、ファサリナさんは確かにえろいね。


>スパロボKか……祐一と仲良くなれそうなのが、ゲイナー兄さんがいたか。 あとはカガリはからかえるけどラクスはからかえない(天然ゆえ)……あとはもふるのが好きな祐一なら乙姫をもふってもらいたい、確かどこかでプニプニらしいから。

 皆乙姫好きだね。確かにKの顔グラ見たらかなり可愛いけどもw 後、ラクスは天然だけどそれでも羞恥心ぐらいはあるからきっとからかえると信じてる。


>祐一……スパロボKの世界にはいくの、行くのならばファフナーとガンソードのキャラを救済してくれ! 翔子とかファサリナとか!

 ルート次第では普通に救済できるからそっちでいいよ!


>祐一、スパロボKに行ったらガンソードのファサリナさんとミハイルを救出してくれ、原作であんな死に方はかわいそすぎる。空虚の魔眼を持つ祐一ならきっと救えるはずだから。できればせっちゃん(srwz)も一緒でファサリナさんとミハイル救出した際ファサリナさんに抱きつかれていたとかでせっちゃんに見られてなぜか怒られるといい。

 祐一「こんな所で死んでも何にもならんだろうに」
 ミハエル「君が、助けてくれたのか?」
 ファサリナ「何故、でしょうか?」
 祐一「別にー。どうせ死ぬ気なら、少しぐらい良いことしてからの方がいいと思わないか? このまま死んでも、きっと成仏できないぞ?」
 ミハエル「……ふふ、そうだな。少しぐらいはしても罰は当たるまい」
 ファサリナ「ふふ、お優しいのね。ありがとう、坊や」<抱きつく

 セツコ「祐一君、なんで女の人に抱きつかれてるの……?」
 祐一「こんなとこで何してんですかセツコさん」


>ダブルオーライザーとF91、祐樹さん的にはどっちが上?<機体の粒子化vs質量を持った残像

 ガンダム00は見たことないから分からないんですが、個人的にはF91は名作であり最高の機体だと思うんでそっちの方が好き。クロスボーンとか好きだし!


>祐一とせっちゃん(srw)がスパロボKの世界にいたら、キングゲイナーキャラの操縦の癖がわかるから援護しやすそうだな。

 しかし、向こうは別世界の人たちなのでこっちは知らないというジレンマ。


>diaryを更新されてるとおちつくw

 最早祐樹さんのサイトはdiary更新を主とするサイトですね。


>ぬこ……まさか貴様、セッキーナ教徒か!?

 セッキーナってなんですか。ぬこはぬこ、それ以外の何者でもなかろうに。


>ついにってフランをさらおうってなんて無謀なんだスカさん。というよりもどうやってきたんだ……なんとなく予想できるけど。 <目の前で宙に舞う罪袋を見ながら> 異変でも起こしてストレス発散しないと持たないもんな。

 ス キ マ の 仕 業 か !


>もしかしておれんじ邪無のげんりょうってアンリ…以下消息不明

 いや、やっぱりめそ……なんでもない。


> 祐一「みんな!待たせたな!遠坂がナースな展開だぜ!」凛「ねえよ!(怒りながら、ガント連射)」セ「士郎、ナースな展開とはどのような事でしょうか?」士「ええっと(…なんていえばいいんだ)」…元ネタ『鉄のラジオ…』

 祐一「美少女ナースさんが献身的に介護してくれる。これなんてえろげ?」<逃げながら
 凛「勝手に人で想像するな!」
 セイバー「シロウ、どういう事なのですか?」
 士郎「お、俺の口からは言えない」

 元ネタが分からない。


>紅い蝶さんの続きも期待してるんだあけど、どうなっているのでしょうね?

 それは本人に聞いてみないと分からない……。


>そういやCLANNADの公子さん芳野さんのこと祐君って呼んでるねw

 芳野さんは良い人。そして吉野さんは萌えキャラ。


>XBOX360買ったぞー!ソフトはエスコン6

 祐樹さんはGoW2の日本語版が出たら買いたいかな。


>更新乙です!ちょー嬉しい

 皆が忘れた頃に散策更新。本当なららぶらぶキッス大作戦ぐらいまで書きたかったけど、長くなりすぎるから分割。次の話は、魔法ばれ→キッス大作戦→祐一暗躍の三本です~(タラちゃん風に


>スパロボZで皆がセツコにはまる理由が何となく分かる気がする。w

 どうした。ついにせっちゃんの魅力に気付いたか。


>なのはちゃんにこの券を差し上げます。(祐一一日券。この券があれば祐一を奪う事出来ますよ。ニヤリ

 なのは「う、うーん、急にそんな事言われてもすぐには浮かばないなぁ。それに、一日だけ奪い取っても、っていうか奪い取るって何!?」


>謎邪夢の原料?
>謎邪夢の原料? 防衛プログラムかな?

 もう謎ジャムの扱いがひどすぎて泣けてくるww 本当はきっと色々なものを使った結果、妙な味になったんだろうにw


>祐一以外のKanonキャラも幻想入りしないかな。特に真琴とか舞とかなら普通に幻想入りできそうな気がする。魔術とか一切抜きで。
>そして勃発する真琴&ピロVS藍しゃま&橙。
>そしてその背後に堕王の影がッ!!!!
>やべ、堕王何て言ったら秋子さんの手回しで英雄王の前に飛ばされたよ。

 真琴「ぴろの方が可愛いに決まってるでしょ!」
 藍「いいや、うちの橙の方が何倍も可愛いに決まっている」

 ぴろ「にゃ~」
 橙「そっちも大変なんだねぇ」


>そういえばネギまには月詠がいたんだった!祐一は強いからフラグの気配がぷんぷんするぜぇ!てゆーか女の子の刹那相手にあれだったら男の祐一にはどんな風になってしまうんだ~!

 月詠って百合っこのように思えるから、男はさして興味ないんではなかろうか。いや、もしくはただ強い相手を好むだけだから、この場合どうなるんだろう。とりあえず、今のところ戦わせる気はほとんどないという。


>二十一話って何処いったん?

 一応、番外編が二十一話という形になってます。それだったら二十一話にすりゃよくね? と思ったけど蛇足的なお話なので。とりあえず、番外編の話も含めて二十二話ということに。
 ややこしくしてごめんね!


>祐一が永遠亭にとまって次の日の朝、目が覚めるとえーりんとてるよが隣で寝ていて、それを咲夜さんと早苗さんに霊夢が目撃しました。

 早苗「何してるの、祐一君?」<目が笑ってない
 咲夜「良いご身分ね、さぞかし良い寝心地だったんでしょう?」
 霊夢「……」<ジト目
 祐一「いや、明らかに俺のせいではない。寝るときは一人だったし」


>文さん、祐一がいつのまにか永遠亭の五つの難問を解き明かしたそうですよ……。事情を聴きに紅魔館のメイド長と妖怪の山の神社の巫女と焼き鳥屋が永遠亭に向かったそうです。

 咲夜「で、どういうことかしら」
 早苗「詳しく事情を」
 妹紅「聞かせてもらうぞ」
 祐一「いや、謎つってもあれだぞ。コンボイの謎とかそういうのだぞ」
 

>ちと質問ですが東方は何を見て勉強するのがいいですか?祐樹さんのss?

 勉強というより、キャラを知るならばやはり求聞史紀とか実際にゲームをプレイしてみるのが一番かと。祐樹さんのSSはあんまりあてにならないよ! 雪夜IN幻想郷は、出来る限り原作っぽくするつもりではいるが……出来る限りだしね。


>個人的にキャラが似ていると思っている秋葉と凛の2人について個人的解釈。
>秋葉:ツンデレ内ややヤンデレ(琥珀ルートで自分の物にならない志貴を殺そうとしたため)、凛との最大の違いはやはり財力、つまり金持ちだって事。基本的に志貴が絡まないとネタにはあまりならない。但し、ネタになると危険度が大変なことになる。……いや、だって悪い虫とか言いながら街で見つけた奴片っ端から抹殺するとかないでしょ普通。
>次に凛。誰がどうみても尖照(ツンデレ)。魔術にお金が掛かりすぎるため物凄く金欠。……見栄を張らずに遠坂邸の中の物をいくらか売れば一時的には楽になるとは思うが。シリアス時以外はほぼネタだと思っている。カレイドルビーとか諸葛凛とかうっかり症候群とか衛宮邸での暴挙とか挙げればきりないし。
>とまあ、俺の中じゃこんな感じなんだがどんなもんかね、お二人さん?

 秋葉「失礼な物言いですね……」
 凛「金欠は余計よ。あとそれじゃ私がイロモノキャラみたいじゃない」


>「ミッミッミラクルミスティアルン♪ルン♪……」
>祐一「ミスティアどうしたんだ?(もふもふ)」
>椛「妹紅」
>ミス  椛「妹紅に、カラオケで負けたから特訓だそうです。(もふもふ)」
>妖夢「というか、曲が……いえ、私は歌のことはよくわかりませんが…(もふもふ)」

 椛「ところで」
 妖夢「何故私達がもふられてるんですか」
 祐一「いや、なんとなく」
 ミスティア「気が散るんだけどっ?」


>AUO、貴様に世界の力を見せてやろう、ザ・ワールド………今だセイバー、鎧(プラチナ)を纏いし貴様なら奴を消せるのだろう?

 セイバー「すいません、お断りさせていただきます。私はシロウを鍛えるという使命がありますゆえ」


>スネーク「美鈴レーダーが壊れた、どうすれば!」

 美鈴「貴方誰ですか!?」
 スネーク「君こそ誰だ? 俺はメイ・リンに通信したはずだが」


>漆黒の魔法少女+黒猫=フェイト+レン=最終祐一萌兵装≒殆どのお願いは聞き届けられる。

 祐一「萌え要素を全部取り入れればいいってもんじゃねーぞ?」


>AUO覚悟……貴様の神聖加護があろうとフラガラッハとダーインスレイブの連撃からは逃れられまい。

 ギル「ならば我が宝物庫の一斉射撃から逃れられるか、雑種?」<バビロン準備中


>っゆ、祐一大変だよ。私たちの新婚生活が全部管理局に盗聴されてる!!!?

 祐一「あれ、今頃気付いたのか?」<最初から気付いてた
 フェイト「気付いてたの?」
 祐一「寧ろいちゃいちゃして砂糖吐かせようかと頑張ってました」
 フェイト「だからあんなに構ってきたの!?」


>早苗「祐君。大きくなって私が綺麗になったら結婚してくれるって言ったよね。(だきっ!)」
>祐一「はい。言いました。」
>咲夜「私を、唯一無二の最高の相方だっていったわよね?」
>祐一「はい。言いました。」
>早苗&咲夜「ならなんで、結婚してるの!!!」<フェイトとの結婚写真を突き出す

 祐一「あのですね、子供の時の約束ですから本気ではなかったというか。それと、最高の相方というのは背中を預けられる戦友みたいな意味で」<汗


>懐かしいな、4人対戦で一番初めの面だったかな地下にある防弾チョッキがある細い通路一帯にモーションセンサー爆弾を大量に仕掛けて防弾チョッキ封殺したのは今でいい思いです。

 グレネードランチャーぶっ放しながら追い詰める時は楽しかった。


>みょん、みょみょっん、みょみょみょみょ、みょ~ん、みょ~ん♪

 妖夢「……何やら馬鹿にされているような気がします」


>ちょん避けはむずいっす。……飛んでくる剣を踏み台にして良いならべつっすけど…

 魔理沙「そっちの方が難しい気がするぜ」


>AUO、彼方は子供からやり直しなさい。それが、彼方にできる最高の善行です。

 子ギル「あれ、そんな事でいいのならすぐにでも出来ますよ?」


>祐一「焼き鳥にするぞ(文に向って)」

 文「い、いきなりなんて残酷なことを!? エイプリルフールにはまだ早いですよ!?」
 祐一「焼き鳥くいてぇ」


>レンを頭に乗せ、お燐を背中にぶら下げ、橙が肩に乗り、腕にフェイトを抱き
>ミス  レンを頭に乗せ、お燐を背中にぶら下げ、橙が肩に乗り、腕にフェイトが抱きつき、逆の手で藍を撫でている祐一。……写真に気をつけろよ…………

 祐一「というか、俺の状況が謎すぎるわ」


>フラン「祐一。抱っこして、ぐるぐるして。ぐるぐる。」by大人ber

 祐一「うーん、せめて通常状態ならまだしてやる。流石にその状態だと色々と構図がやばい」
 フラン「えー」


>紫さん、剣軍に突っ込ませてのち結婚式。血塗れでどうしろと…

 紫「あらあら、でも血塗れでも生きているならいいじゃなーい。永遠亭で治してもらえば」


>もう恋愛でカノンヒロインは適わないですね♪w(東方・なのは・月姫。・・・・・・CLANNADぬけてるぜorz

 だから佐祐理さんをですね


>フラン「ぎゅっとして、どか~ん」(祐一に抱きついて顔を真赤に)

 祐一「恥ずかしいのならしなきゃいいのに」<呆れ
 フラン「ぎゅー」


>紅魔館の図書館で本を読んでいた祐一、ところが読んでる途中で眠ってしまう祐一。なぜか祐一の唇を凝視する図書館に住む二人。

 祐一「……逃げられんぞぉー」
 二人「!?」


>祐一が東方の過去のラスボスたちと結託して異変を起こしたそうです。自機キャラは祐樹さんが5名選んでください。

 霊夢、魔理沙、咲夜、美鈴、妹紅だろ。早苗さんは二柱のお世話で忙しいようです。


>やばい、最近雪夜より雪夜IN幻想郷の更新を楽しみにしている自分がいるw

 寧ろもう雪夜は見捨てられてる感が否めない。遅筆でごめんね。これはもう、泣いて謝ってけーねに食べてもらうしか。


>ギルの前にゆかりんの協力でフランを送ってみた。

 フラン「お兄さん、だぁれ?」
 ギル「なんだ娘……貴様、人ではないな。まぁいい、我の気分を害せぬうちに消えるがいい」


>本日4月1日はエイプリルフール。兎詐欺はきっと色々言うだろうなぁ(似たような考えの人、何人いるんだろう)

 てゐ「何言うかなー、私は嘘なんてつかないウサよ?」


>クールダンセン

 クールビズ。


>乳酸菌とってる~?

 ヤクルトは最近飲んでない。


>せっちゃん(srwz)可愛いよ♪気に入ったです、是非祐一とのラブを。www

 でも実際書くのは難しいよね。だからあれだ、気に入ったついでに君が書いてみry


>エイプリルフール…この日だけは世間とは逆に嘘をつかないと言い出す兎詐欺さんと黒い魔王。先に耐えきれなくなるのはどちらか?

 祐一「勝負も何も」
 てゐ「初めからなってないしねぇ」
 祐一「なんでかって?」
 てゐ「二人とも、世間に嘘をつかないっていうのが嘘だからウサ!」


本日の教訓。「エイプリルフール何もしなかった」

 エイプリルフールは萃香にとって嫌な日だろうね。だって鬼は嘘が嫌いだし。でも、嘘をつかないってわけではないようで。んじゃ、さらばー。

 19:50 追記 今週の土曜日はお仕事なのでチャットにおれません。日曜は出るかも。

神薙 祐樹

  • Author:神薙 祐樹
  • 1987年3月11日生まれ。
    うお座のAB型。
    現在は雇われ店長としてブラックな職場で日々働いて時間を失っています。

    RO現在休止中。Mimir鯖所属、主に影葱。ガンダムオンライン、ガンダムジオラマフロントにはまってます。

    SS書く時間がほしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。